完成不可能な工事はやめよ! ~ 12月25日の安和

 25日は、早朝7:00発のバスで安和に向かった。コロナ騒動が始まってから安和には行けていない私にとっては、7カ月ぶりの安和である。

 8:30に安和到着。すでに運搬船への土砂積み込み作業が始まっている。

 この日は波が高く、カヌーや抗議船の海上行動はなかったが、十数隻の監視船が、ただ波間に浮かんでいた。何たる税金の無駄遣い。 

 

 

 

 

 

 ダンプの出入口では、本部島ぐるみの人たちが、早朝から寒い中を監視活動を開始していた。

 入り口では、赤土を満載したダンプが長蛇の列。早速抗議行動に入る。

 抗議行動!と言っても、入ってくるダンプに対して、信号に従ってゲート前をゆっくり歩くだけだ。ただひたすら歩き続けるだけで、信号が変わるたびに港の中には一台しか入れない。順法闘争である。

 辺野古のゲート前のように一日3回の搬入で合間に休憩時間があるのとは大違い。幅10メートルほどのゲートの前をぐるぐる歩くだけとはいえ、結構疲れる。(夕方帰宅して万歩計を見ると、12,201歩をカウントしていた)。

 それぞれ各自の判断で適宜水分補給と10分ほどの休息をとる。午前中に1度だけ、那覇からの2台めのバスが到着したところで交代して、早朝組はバスで本部港のターミナルでトイレ休憩を行うことになった。

 

 

 

 

 

 本部港へ向かう途中、山肌を無残に削り取られた琉球セメント安和鉱山の姿が目に入ってくる。

 

 

 

 

 

 

 本来セメン製品の積出しかできないはずの安和桟橋を、目的外使用で違法に辺野古埋め立ての赤土を積出している琉球セメントに怒りを感じる。

 辺野古新基地建設は、絵にかいたような利権の塊である。琉球セメントのバックに隠れているのがこれらの大和企業。宇部=安倍、三菱=麻生。(2020年、琉球セメントの親会社である宇部興産と、麻生グループの三菱マテリアルのセメント事業が統合してできた新会社。正式には21年4月発足のようだが、沖縄ではすでに稼働しているのか?)

 

 

 

 

 その対極にあるのが自然の中で無心に咲く野の花々。

 そして、この青い海。宝の海・生命の森を、これ以上穢させてはならない。

 まだ、ダンプの土砂搬入は続いていたが、帰途1時間半以上かかる那覇からの参加者は、15:30安和を後にした。 

 辺野古の抗議行動、全体的には28日まで行われるが、平和市民連絡会の担当日(水・金)は、この日で今年の締めくくり。朝から一緒に参加していた山城博治さんの提案で、打ち上げの写真を撮りました。今年も一年間、お疲れ様でした。

 

 

 

2020年12月26日リンクURL

私からフェンスがなくなる日 ~ 辺野古テントの掲示板から

 フェンスとは、もちろん米軍基地を囲むフェンスである。沖縄中いたるところに張り巡らされているフェンスが全部なくなったら!と想像したことがあるだろうか?

 「自分が生きている間にはありえない」と、勝手に思い込んでいるから、「想像さえしなかった」というのが大方のうちなぁんちゅ(沖縄人)ではないだろうか!言われてみてはじめて思う。どんなに清々、すっきりするだろうか!と。それをアート(写真)で実現させた人たちがいる。

 その写真展のことを、沖縄タイムスの阿部岳記者が紹介した記事と、写真の一部が、辺野古ゲート前テントの掲示板に掲げられている。

 ちょっとわかりにくいが、大いに想像力を働かせて、あなたの中にある心のフェンスと一緒に、普天間基地の、嘉手納基地の、キャンプ・キンザーの、キャンプ・プシュワブ(辺野古基地)のフェンスを、消しゴムで消してみてみよう!

 

 阿部記者の紹介記事が、さらにあなたの想像力をかきき立ててくれるはず。

 この掲示板を見て思い出したことがある。1996年のSACO合意で、普天間基地の返還がいわれたとき、「還ってくる普天間基地を街にするのではなく、自然豊かな森に戻そう」という運動に関わったことがある。フェンスがなくなることに胸をワクワクさせて活動した。環境都市、自然豊かな北欧のスエーデン、ドイツまで仲間たちとともに学びにも行った。25年も前のことである。

 あの瑞々しい感性を、いつの間にか干乾びさせてしまった自分を反省する。

 まずは、自分の中のフェンスを取り除くことから始めたい。新しい年に向けて新たなユメを描こう。きっと辺野古で座り込む原動力となることだろう。

 

 

2020年12月24日リンクURL

サンタは戦車に乗ってやってくる! ~ 今日(12月23日)の辺野古

 辺野古の行動も、今年は今日を含めても余すところ後4日、水曜日は今日が最後となる。

 7時に那覇を出るときは、風もなく暖かだったが、辺野古は少しひんやりする。風も強い。

 明日からのクリスマス休暇に備えてか米軍は忙しそう。早朝から戦闘車両の出入りが激しい。

 空の方も騒がしい。2機のヘリが上空を何度も旋回している。日本政府のお偉方でも視察に来ているのか?それとも単なる訓練か?午前中飛び回っていた。

 

 朝は、30人ほどの少人数で座り込んだ。

 昨日は、ここで80代の女性が拘束された。立ち上がるときに、機動隊が腕をつかんだので「触らないで!」と振り払った拍子に、手に持っていたメッセージボードが、機動隊の肩に当たったという。それが「公妨(公務執行妨害)」とされたのだ。これが彼らの常套手段。拘束ありきの恣意的なやり口である。 

 一回目の座り込みが終わりテントに戻ってくると、いつもの差し入れが待っている。水曜日だけの楽しみ、である。 

 明日はクリスマス・イブ。米軍基地にもサンタさんはやってくる。ただし、乗ってくるのはトナカイが引くソリ🛷ではなく、戦闘車両に乗ってやってくる。(サンタさんの本意ではないだろうな)

 

 

 私は午後から別日程があり、2回目12:00の座り込みを前に、ゲート前を退出した。

 朝、那覇から一緒にバスで来た他のメンバーは、終了後に、先日拘束された女性が拘留されている沖縄署前で、仲間への激励と警察への抗議を行うことになっている。

 

 

 

2020年12月23日リンクURL