基地は何のためにあるのか ~ 今日(1月29日)の辺野古

 前々日までの夏日はどこへやら、一転肌寒い一日だった。午前中は傘マークの予報だったが、最後まで雨が降らなかったのは幸いだった。

 第一回目の9:00の搬入には50人、2日目の12:00には60人、3回目は45人が工事用ゲートに座り込んだ。報告によると、この日は工事車両計184台が入り、その半数の90台が生コンミキサー車だったということである。(これらの生コンは、護岸の岸壁を強化するためのテトラポットをつくっているとのこと)

 9:00、一回目の座り込み。およそ50人が座り込んだ。

 

  12:00、二回目の座り込みは60名に増えた。

 

 ダンプの運転手に、「海を壊さないで。未来の子供たちに誇れる仕事をしてください」と、優しい口調で訴えている女性。

 三回目の座り込みは45名

 工事車両の搬入のが途切れる合間にテントに戻って休憩をとりながら、県外からの参加者を中心に紹介や報告が行われる。

 イギリス在住の男性(邦人)は、イギリスで沖縄の新聞も含め、8社の新聞を購読しているという。「嘘で固めた安倍政権の欺瞞を、しっかり批判できているメディアはほとんどなく、一紙だけ読んでいては、日本の本当の姿はわからない。

 イギリスにも日本人がたくさん住んでおり、いろいろな勉強会などで、沖縄・辺野古のことを話しているが、多くの日本人は沖縄のことを知らない。『基地があることでたくさんの補助金をもらっているんだろう?』などとよく言われるが、沖縄が侵略、差別されてきた歴史をたどり、沖縄戦、戦後の米軍支配など詳しく話すと、わかってくれる人も少なくない。今回は2年ぶりで辺野古にやってきた。皆さんとの直接触れ合うことで、新たな情報と元気をもらって、今後もイギリスで沖縄を伝えていきたい」と語った。

 元県庁職員のこの男性は「今国会冒頭の施政方針演説で、総理は辺野古のことに一切触れなかった。辺野古新基地の実現が怪しくなってきたから言及できなかったのだ。安倍政権の崩壊は目の前に迫っている」と。

 また、横田基地の近くに住んでいるという男性は、地元で基地問題に取り組んでいる仲間5人と一緒に参加した。「沖縄と同じで、米軍による爆音・騒音や事件事故に苦しんでいる。基地というものが私たち(国民)にとって何のためにあるのか?武器によらない平和があるということを、政治家はよく考えてほしい」と訴えた。

 県外からは、労働組合や平和団体などのグループで辺野古へ来ることが多いが、最近の特徴は、一人で、あるいは友人同士、家族でと、全く個人的に参加する人たちが増えていることである。辺野古の闘いの広がりを感じてうれしい。

 

 ゲート前には毎日のようにいろいろな差し入れが届く。

 仕事などで行動にはなかなか参加できないが、せめて差し入れを!という人たちや、自分にできることを!と料理の得意な人は料理を、農業をしている人は農産物を、という具合だ。

 一回めの座り込みの後には、毎日、手作りのお菓子や、山芋、魚などのてんぷらが待っている。毎週水曜日にはバナナやパンが配られる。寒い日には温かいぜんざいや沖縄そばが、今日は無農薬の見事に育ったからし菜がドッサリ届いた。(茎まで生で食べられるほど柔らかく、瑞々しくておいしい”からし菜”でした。クァッチーサビタン!ご馳走様でした)

 

2020年1月30日リンクURL

桜 咲く

 真冬に夏日?昨日の沖縄地方最高気温が26度にもなったそうです。冬はどこにいってしまったのでしょうね。今日も昼間は夏日になりそう。そんな沖縄ですが、桜の季節です。

 「桜を見る会」騒ぎで、すっかりイメージを悪くしてしまった「さくら」、何の罪もない桜にとって、こんな迷惑な話はありませんよね。

 桜は桜でも、沖縄の桜はソメイヨシノではなくヒカンザクラ(寒緋桜ともいう)という種類です。青空に目が覚めるような緋色で心を緩め身体を温めて、悪いイメージを吹き飛ばしていただけたらと思います。

 ちょっと(いや!かなり)ピンボケですみません。でも、ソメイヨシノとは違う色の鮮やかさは感じていただけるでしょうか?

 日本列島の桜前線は南から次第に北上していきますが、南西諸島では北から咲き始め、南下していきます。(それは、一度寒さを感じないと開花しないためと言われています)沖縄本島北部のやんばるの八重岳や名護城では、すでに1月中旬から桜祭りが始まりました。

 辺野古までは行けても、名護城まで桜を見にはなかなかいけません。やきもきしていたら、やっと中部(沖縄市)でも桜が咲きはじめました。写真は一昨日(22日)沖縄市中央公民館庭の🌸です。

  ソメイヨシノ地域の皆さんには、御地より一足早い沖縄の桜で春を感じていただけたら幸いです。

やっとピントが合いました。良かった!

 

2020年1月24日リンクURL