ウチナァー、クルサッテーナイビランドー(沖縄 殺されてはいけませんよ! ~ 今日(3月3日)の辺野古

 県独自の緊急事態宣言の解除に伴い、辺野古の組織的抗議行動が再開されたので、今日は久しぶりにバスで辺野古へ向かう。

 

 

 

 

 

 途中、伊芸サービスエリアの植栽に、満開になったツツジが色鮮やかで目に痛いほど。この花たちのように、今日一日が清々しく穏やかでありますようにと願う。

 

 9:00前、第一回目の座り込み。今日は、安和桟橋と塩川港の抗議行動が、海のしけで中止になったため、糸満島ぐるみ、北部地区労など、安和・塩川に行く予定の皆さんも辺野古に合流。一回目から40人余が座り込んだ。

 県民よ 立ち上がろう。二度と血の雨を降らさせない!島袋文子さんの車いすに立てられているのぼり。

 抗議行動の人数が多いと見込んだのか、今日は機動隊の数もやたらと多い。

 今日の機動隊は、どうも気が短いようだ。出てくるなりすぐには排除を始めた。ゆっくり移動していると、「早く!」と背中を押して急かす。指揮官はスピーカーの声を張り上げ、命令口調で怒鳴り続けている。

 コロナ感染対策のため、「自主的に立ち上がって移動するので、身体に触れる強制排除はしないで!」と機動隊にも申し入れ、これまではお互いの立場を尊重しつつ、節度を持って対応してきたはずだった。今日は指揮官はじめ機動隊員が、威圧的で強権的だ。 

 搬入の工事車両が途切れ、私たちがゲート前をデモ行進する間も、民間警備員と挟み撃ちのように威圧的な規制をした。

 緊急事態宣言中は、 マイクを使っての発言を控え、休憩時間の集会も自粛していたが、今日から参加者同士の近況報告、活動報告なども再開した。

 今日は県外からの参加も2~3人あり、「コロナ禍で2回、3回予定を変更せざるを得ず、やっと来れました!」という。

 糸満島ぐるみのメンバーからは、いま問題になっている南部地域からの遺骨交じりの土砂採集への取り組みが報告された。

 戦没者の遺骨収集は国の責任と謳った”沖縄遺骨収集推進法”が制定されたのはわずか数年前の2016年、それまでは具志堅さんたち民間ボランティアが行ってきた。今回の戦跡地での土砂採集は、その法律の精神に反する。国内唯一の”戦跡国定公園”の破壊にもつながる。

 また、一帯は沖縄平和祈念公園公園で、当時の太田昌秀知事が、北部の山に決まっていた全国植樹祭を、戦争で丸裸になった南部の戦跡地にすべきと変更誘致し、そこがみどり豊かな平和公園になったもの。植樹祭の精神にも反する。農業用地まで手続きもなしで開発しようとしていた。

 魂魄の塔近くの熊野鉱山は、その名の示す通り和歌山県にある企業。辺野古利権にあやかろうとする県外企業だ。沖縄は再び殺されてはならない。辺野古の海を埋める土砂のすべてを宮古、八重山を含めて沖縄全土から調達、その60%を南部地域から採掘するという。沖縄の山野の地形を変えるほどに破壊してまで、辺野古基地を造らないといけないのか!沖縄は、また、殺される!うちなぁ、殺さってーないびらんどー!

 <触らないで!!>

 2回目、3回目の座り込みに機動隊はさらに強権的になり、小さなことにもいちいち目くじらを立てた。市民の側も普段は発言もなくおとなしい人たちまでが、口々に抗議の声をあげたため機動隊の指揮官と双方で言い合う形となり、現場は騒然となった。市民側のリーダーが「中隊長!話し合いましょう」と言っても聞く耳を持たない。興奮する指揮官に、別の機動隊員が制止しようとする場面もあり、あきれて市民の側からその場を引き揚げてきた。この混乱おかげでいつもより帰るのが30分も遅れてしまった。

   

 

 

 

 

 テントに戻る途中のメインゲートに戦闘服の米兵が3人、ゲートの両脇で機関銃を構え警戒していた。基地の中で何かあったのだろうか?

 基地のそばではいつも、戦争を彷彿とさせるきな臭い場面に出会う。朝の花々への祈り・願いは叶わなかった。

 

 

 

 

 

2021年3月4日リンクURL

人間のやることではない ~ 南部土砂採集の中止を訴えるハンスト

 遺骨収集ボランティア・ガマフヤーの具志堅高松さんの呼びかけで、南部地域からの辺野古埋め立て土砂採集に抗議するハンガーストライキが、始まった。(3月1日~6日、県庁前県民広場)

 

 


 期間中毎日12時15分から集会が行われるが、具志堅さんは集会を始める前に、「デニーさん!聞こえていると思います」と、県庁舎に向かってマイクを握り、「玉城デニーさん!お願いします。止められるのはあなたしかありません。助けてください。助けてください!」と何度も繰り返して声をあげた。

 「戦没者の遺骨、血、涙が滲みこんだ南部の土砂を、戦争のための基地建設に使うことは、戦争犠牲者に対してこれ以上の冒涜はありません。遺族にとっては耐えがたいことです。法律の問題である前に人道の問題です。これは、沖縄県民だけの問題ではなく、全国の問題です。いまだ沖縄戦で亡くなっ家族の遺骨が戻らない遺族は全国にいます」と、開発中止の権限を持つ知事に対して強く訴えた。

 

 集会には、議会開会中の県議団をはじめ、多くの県民が参加。土砂採集の当該地域となる糸満しまぐるみの皆さんが、歌サンシンと詩の朗読で具志堅さんを激励した。 

 辺野古から島袋文子さんも駆け付け「糸満の出身なので、居ても立っても居られなくて来ました」とあいさつ。当時まだ15歳の文子さんが、眼の不自由な母親と幼い弟を引き連れて、砲弾が雨あられと降る戦場をさまよい、死者の血で染まった泥水をすすって生き延びた自らからの熾烈な戦争体験を語り、「戦死した兄や叔父の遺骨もまだ拾うことができない。具志堅さんたちが頑張っていることに感謝します」と、熱く語った。

 

 ハンガーストライキは毎日終夜行われ、リレー形式での参加する人も含め、初日は5人がハンストに入った。

 具志堅さんのハンストに連帯して、東京、京都でも取り組みが行われ、ニューヨークはじめ世界のうちなぁんちゅの間で、ネット署名が始まった。

 私もハンストに合わせて、自宅にて65時間の予定で断食決行中

 

 

2021年3月1日リンクURL

一年ぶりの渡嘉敷島

 昨日(27日)は16日祭で渡嘉敷島に行ってきました。実に1年ぶりの故郷です。

  70余年の人生、高校進学のため島を離れてからでも60年近くなりますが、故郷に1年間も帰れなかったということは、たぶん初めてのことです。

 昨年は、16日祭で里帰りをした後、お盆は台風で帰れず、今年の正月はコロナのせいで帰省できませんでした。その他に例年だと、法事や祝い事をはじめ、年に3~4回は平和学習の案内で渡嘉敷へ行っていましたから…。

 天気が悪く、いつもの慶良間ブルーはお届けできないのが残念。波も高く当日朝まで船が出るのかどうかもわからない状態でした。

 コロナ緊急事態宣言中で、ほとんど観光客もなく船はガラガラ、集落の中を歩いても、知り合いにさえ誰一人出会いません。

 

 (はがれてしまった港の案内板が、久しぶりに帰省した身にはちょっと悲しいなぁ)

 ひっそりと静まり返った村の中を歩いていると、なんだか寂しくなってしまった。でも、自然は正直で季節を違うことなく、山は新緑が萌え出し、道端には花々が咲き乱れていました。収穫し忘れたのか、大根畑が「お花畑」になっています。

 シャリンバイの花 ↓ も満開です。

 村の花である「慶良間ツツジ」も咲きそろっているはずですが、残念ながら集落内では見つけられませんでした。日帰りだったので用事を済ませるだけで精一杯、時間がなくて野生の慶良間ツツジを探しに山へ入ることはできませんでした。

 幼いころから見慣れた港の風景にホッとして、身も心も緩みます。ふるさとは偉大です。

 午後5時,、渡嘉敷港発の高速艇「マリンライナーとかしき」に乗って那覇へ戻りました。気象情報では3~4メートルと波が高いということでしたが、ほとんど揺れを感じることもなく、泊港まで35分の快適な船旅でした。

 コロナ緊急事態宣言も今日(28日)で解除されます。あなたも渡嘉敷島へメンソーレー!青い海で癒されてください。自信をもっておすすめします。

 

 

2021年2月28日リンクURL