12・18 デニー知事を支える県民集会開催 ~ オール沖縄会議

 辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議は、今日(12月18日)県庁前の県民広場で、土砂搬入から2年!美ら海守れ!「辺野古設計変更は認めない」デニー知事を支える県民集会を開催、小雨の中、250人が結集した。

 

 主催者あいさつで稲嶺進共同代表(前名護市長)は、辺野古埋め立ての設計変更について、たった3行の意見書を提出しようとした名護市の渡具知市長に対し「県は、渡具知市長個人の意見を求めたのではない。市民の代表としての意見を求めているのだ」と、強く批判した。

 

 沖縄.県選出国会議員団を代表して照屋寛徳衆議員は「辺野古・大浦湾は、私たちうちなぁんちゅの魂。私たちは四方を海に囲まれて生かされてきた。その命の海に、海兵隊がイクサをするためだけの新基地を造らせてはいけない。県民みんなでデニー知事を支えて一緒に頑張りましょう!」.とあいさつ。

<勢ぞろいした国会議員団>

 県議会与党の各会派代表がそれぞれ挨拶、デニー知事を支えて闘い抜く決意を表明した。

 平和市民連絡会の北上田毅さんが、名護市議会の様子を報告し、渡具知市長の意見書、設計変更申請の問題点を解説、「渡具知市長は、何が市民のためになるのか、県民のためになるのかを、真摯に考えた行政を行うべき」と、指摘した。

 集会には、市民をはじめ、昼休み中の県庁職員や、那覇市役所の職員など250人余が参加した。

 

 

 集会の最後に「私たちは、生物多様性を誇る豊かな辺野古・大浦湾の美ら海に新たな基地を造らせない。世界一危険な普天間飛行場の現状放置は許されません!一日も早く閉鎖・撤去すべきです!玉城デニー知事を最後まで支え、沖縄県民の強固な民意を示し続けていきましょう!ぐすーよー! まきてーないびらんどー! ちばらなやーさい!」との集会アピールを採択した。

 採択されたアピールは、激励を込めてその日のうちに玉城デニー知事に手渡された

 

2020年12月18日リンクURL

美ら海を守るのは未来への責任 ~ 渡具知名護市長に抗議 12月16日の辺野古

 雪国の皆さんには笑われそうだが、寒い!この冬初めて最高気温が20度を割り18度、最低気温は15度との予報。そのうえ朝から小雨ながら降ったりやんだりのぐずついた空模様が一日中続いた。

 今日は、一回目の座り込みの後、那覇から2台のバスで参加の平和市民連絡会のメンバーは、正午過ぎから行われる名護市長への抗議集会へ参加の予定。 
 いつものように9:00の資材搬入に備えて30人ほどで座り込み開始。

 一回目の搬入が終わると早々に昼食を済ませ、正午の2回目の搬入に備え、20人ほどを残して2台のバスに分乗して名護市役所へ向かった。

 名護市では開会中の市議会に、渡具知市長は沖縄県から提出(諮問)を求められていた「辺野古埋め立て設計変更に対する意見書」を議案として提出したが、それが「設計変更に異議はありません」というたった三行の内容だったという。


 

 「辺野古ゲート前」と「安和桟橋前」からも駆け付け、朝から議会を傍聴していた名護市民も加えて、120人近くが集まった。昼食時間中の名護市議会野党議員の皆さん全員も参加しての抗議集会となった。

 オール沖縄会議現場部会長の山城博治さん司会し、野党議員団から挨拶、報告があった後、14日月曜日からずっと名護市議会を傍聴してきた平和市民連絡会の北上田毅さんが、状況を報告した。

「県を挙げて、国の暴挙に抵抗しているような大きな問題に、名護市の意見がたった三行で扱われるというのは、名護市民を冒涜している。しかも、しっかり議論すべきこんな大切な問題を、県は意見書の締め切りを3月26日としているにも関わらず、わずか今日一日で片付けようとする魂胆に怒りが収まらない。野党市議団が頑張って渡具知市長を追い詰めている。」と山城さん。

 北上田さんも14日から議会を傍聴。「渡具知市長は、これまで辺野古埋め立て対する賛否を明らかにぜずごまかして来たが、これで辺野古推進であることがはっきりした。しかも、意見書の議会提出の前に、国土交通省に”これでいいか?”とお伺いを立てていた。国のやっていることへの意見書に、国に助言を求めるとは何事か!

 たった三行の名護市の意見書は、埋め立て全体に対するものではなく、”資材置き場として使用する名護漁港周辺の埋め立を取りやめるという部分的な設計変更のみに限定し”意義はない”と意図的に矮小化した。

 今回、国が設計変更を出した大きな原因となった軟弱地盤の問題や、活断層の存在、設計変更によって生じる環境問題など、本質には全く触れられていない。

 野党議員団の追及に、渡具知市長が答弁に窮する場面が何度もあり、あまりのお粗末さに、与党議員からさえ、”今回は議案を取り下げ、2月の議会で改めてしっかり議論してはどうか”と提案されるほどだった」と報告した。

 県内全国をはじめ世界から寄せられた設計変更に対する2万通余りの意見書のうち、名護市民からの意見書は600通近くあり、そのほとんどが、埋め立て反対だったという。

 山城さんは「辺野古の新基地問題は、名護市民、県民のこれからの200年先までの未来に関わる死活問題である。名護市から県に提出する意見書は、多くの市民の意見を反映するものでなければならない」と集会を締めくくった

 

 名護市役所での抗議集会を終え、私たちはまた辺野古ゲート前の座り込みに戻った。 

 多くの市民の抗議を受けて名護市議会は、この問題を2月議会で改めて審議し直すことになったという。

 名護市には官邸直属の官僚が二人派遣され、渡具知市長を裏から操っている。それは、普天間基地を抱える宜野湾市、嘉手納基地を抱える沖縄市も同じ状況。他の市町村でもあるかもしれない。沖縄を思い通りに動かし、国防の捨て石にしたい国の思惑が、今回の問題を引き起こした。許し方。それも氷山の一角に過ぎないことを、心しなければならない。

 

 

 

 

2020年12月17日リンクURL

土砂投入から2年 海上集会 ~  12月14日の辺野古

 2018年12月14日、辺野古の海に土砂投入が始まって2年目のこの日、海上抗議集会が行われた。私は参加できなかったが、沖本裕司さんが写真を提供して下さったので、共有します。

 

 

 カヌー27艇、抗議船6隻、ボート1艇、総勢50人の参加で、海上での「辺野古NO」のアピール行動が行われた。

 

 高速で走りまわる海保のゴムボートに追いかけまわされながら、プラカードやバナーを掲げ必死に、新基地反対を訴える一人乗りの小さなカヌー。カヌーが転覆するのも構わず、ゴムボートからカヌーに飛び移る海保。無謀、危険極まりない。

 

 

 抗議船からは、いつもゲート前で「辺野古抵抗の歌」を歌いみんなを元気づける私たちの仲間が、抗議の歌声を響かせた。

 抗議船に乗り、はじめて埋め立ての現場を目の当たりにした二人。「これだけ土砂が投入され、しかも数日雨続きで透明度が落ちているはずなのに、こんなにも青く澄んだ辺野古の青い海。この美ら海を、どんなことがあっても守らなければならないと、改めて思った」と、感想を語った。

 

 

 

2020年12月16日リンクURL