必勝 ヤラさん! ~ 4月17日の安和桟橋②

 現場での抵抗運動も大事、同時に安倍政権と直接対決する政治の場も大事。そういう意味では、21日の衆議院沖縄3区補欠選挙は、絶対に負けられない選挙である。

相手候補は、沖縄にとって最悪の人物。辺野古反対を訴えて当選しながら安倍政権に寝返っただけでなく、国会で「辺野古で座り込む込む人たちは、違法行為。取り締まりを強化せよ」と、政府を煽り立て、ゲート前で座り込む私たちを犯罪者扱いした。

 安和でも、トラックの阻止行動をしながら、オール沖縄候補、玉城デニー知事の後継者である屋良さんのアピール行動も合わせて行われた。

 ヤラさんは、元新聞記者。それも米軍基地担当の軍事専門家。当選すれば、辺野古のたたかいに最強の後ろ盾となる。経済問題にも強い!

 ただ、相手候補が沖縄担当大臣まで務めた高い知名度に比べて、ほとんど無名の候補である。いつもの選挙の何倍も頑張らなければならない。

 この日、私たち選挙区外の那覇メンバーは、午後1時で安和を引き上げ、うるま市で、ヤラ候補のチラシ配りを手伝だった。

 

 

2019年4月18日リンクURL

輝く青い海、青い空に誓う 「勝つまで あきらめない!」 ~ 今日(4月17日)安和行動 ①

毎週水曜日は、安和集中行動日。

 午後からは、衆議院補欠選挙真っ只中の沖縄第3選挙区の、ヤラともひろさんの応援で、うるま市でビラ配りを手伝うことになっているため、バスの出発時間が、いつもの6:30ではなく、8:00に変更になった。

9:30、安和に到着してバスから降りると、まずは機動隊のお出迎え。交通整理と称して、停車する車にいちいち何やら指図する。脅しか?

いつもより1時間半以上遅れての到着だったので、沖では、ベルトコンベアーで、運搬船へ土砂の積み込みが、すでに始まっていた。

今日も、空も海も青く澄んで、泣きたくなるほど美しい。浜では、カヌーチームが出廷の準備を整えていた

早速、抗議行動の輪の中へ。今日も、県外から参加の方々が多い。

 沖縄と同じく米軍基地を抱える岩国から13人が参加。今日から4日間、安和、辺野古、高江の現場へ行くとのこと。もともとは原発反対の運動をしている仲間たち(50年前の大学の仲間たち)が、沖縄に連帯しようと3年前から毎週土曜日にビラ配りや、デモなど継続して行動を起こしているのだという。この他、山口、京都、神奈川からも参加していた。

 抗議行動はつらいことばかりではない。笑いや喜び、感動の場面も多い。毎週水曜日、辺野古・安和・高江の現場にバナナの差し入れを届けてくださるのは、元衆議院議員の古堅実吉さん(89歳)。いつも静かな笑顔で手を振り、人々を励ましては黙って去っていく。

 

休憩時間に、差し入れのバナナをみんなでいただく。

 同じく毎週水曜日、辺野古テントの稲葉博さんは、安和へホットな沖縄ぜんざいを届けてくださる。特に寒い季節は、身体があったまって、とてもありがたかった。

全国からのカンパをはじめ、こうした人々の熱い支えがあって沖縄のたたかいは維持されている。感動、感謝に堪えない。

11:30、お昼時間にまだ早いのに、トラックの搬入が止まった。確認したら、トラックの出口での抗議行動で、港の中に入ったトラックが道路に出られず、港の中で土砂を積んだまま、30数台が立ち往生しているという。

港の中で渋滞するトラックの行列。入り口近くまで2列で数珠繋ぎになっていた。

 ここは安和桟橋の本来の出入り口ではなく、辺野古土砂用ダンプトラックの出口として臨時に開けられたため、道路に出るための出る信号機がなく、直進の車が途絶えたときしかダンプが出られない。また舗道は通る人が優先である。この日は交通量が多く、抗議行動の参加者も多かったため、なかなかダンプが出られなかったのだ。

 この港内での渋滞を利用して、いつもより早い昼食時間に入った。

 昼食後、早朝、那覇から来たメンバーは午後から選挙応援のため、運搬船の離岸阻止行動に出廷していくカヌーチームを見送りながら安和を後にした。

 見上げると、空はモクモクの入道雲を浮かべて、すっかり夏の顔をしていた。雲の向こうには辺野古ブルーに澄み渡る青い空が見える。初夏を通り越して一気に夏に向かう気配である。

 

 

2019年4月18日リンクURL