南部土砂開発中止措置見送り ~ 知事記者会見 

 内容については、みなさすでに新聞やネットでご存知の通りである。

 県民広場での緊急集会の後、1時半から県庁ロビーで玉城知事の記者会見があるというのでみんなで移動した。

 県庁ロビーは広いため、メティアだけでなく、県民も記者会見に立会うことができる。多くの県民に直節伝えたいという玉城知事の誠意の表れだと、少し期待した人が多かった。

 しかし、行ってみると記者会見場は6階会議室に変更され、一般市民は10数人しか入れないことがわかった。期待は暗雲に代わった。

 取り残された多くの市民は、ロビーに設置されたテレビ画面を通して知事の話を聞くことになった。

 分かりにくい説明だったが、市民の間からはため息が漏れた。

 要約すると、「いくつかの留意すべき点を申し渡し(措置命令)、それに対する弁明の機会を与える。その期限は4月30日。業者の弁明を聞いたうえで、県は5月14日までに最終判断する」というもの。

 記者からの質問に答えて知事は、「県からの留意事項をクリアーすれば、業者の開発を行為を中止させることはできない」と認めた。 

 記者会見後、県民広場に戻った具志堅さんは「残念を通り越して、怒りが湧いてくる。このような県の判断を見せつけられると、無力感に襲われるが、でも私はまだあきらめていない。それは、私たちは絶対に間違っていないから。国のやっていることは間違っている。これからも声をあげ続け、戦没者の尊厳を守る」と声を落とした。

 

 署名活動をした大学生も若者として声をあげてきたが、認められなくて、悔しい。このようなことが若者の政治不信を招く。

 でもまだ若者としてできることがあると思うので、頑張っていく」と決意を述べた。

 

 具志堅さんは、遺骨収集現場の写真を示し、遺骨との判別がいかに難しいかを説明した。赤線で囲まれたものが遺骨。他はサンゴ礁のかけら。

<資料>

 

 

2021年4月17日リンクURL

毅然とした決断を! ~ 「知事に県民の声を再度届けたい 」急集会

 魂魄の塔横で鉱山開発の許可申請を行っている採掘業者に対する処置命令の期限を迎えた今日(16日)、玉城知事に「開発を認めないよう、県民の声を再度届けたい」訴える緊急集会が県庁前で行われた。

 ガマフヤー・具志堅さんは、「県は、戦没者とその遺族に寄り添ってくれると思っていた。ここに至って、見捨てられるのではないかと、恐怖を感じている。法的根拠がないと言っているようだが、そもそも戦没者の遺骨を尊重するという、そんな法律はない。今回の問題は何が問われているか?国の計画自体が間違っている。

 戦争は国家の犯罪、国のために死んだ、いや殺された人々を二度も殺し、冒涜する行為だ。玉城知事には判断を誤らないでほしい。小さな視野で結論を出すと、未来に禍根を残す」と訴えた。

 沖縄の大学生の呼びかけに、全国で若者たちも声をあげた。「私がこの問題に関心を持ったのは、具志堅さんの断食による抗議。黙っていると、これから自分たちが生きていく社会が生きづらい社会になっていくと思い、声をあげた。国が本来やるべき国民の安心、安全を守ることをしないのであれば、自分たちで守っていかなければならない。これからも声をあげ続けていく」。さらに、大阪の大学生からのメッセージとして「沖縄の人々を分断させている大和人のひとりとしてまず謝罪をしたい。沖縄の若者たちとともに声をあげ続け、この声を広げていくと伝えてほしい」と。

 広島の人から「自分にできることはないかと考え、紺色のリボンをつくり、それをつけることで具志堅さんはじめ沖縄の人たちへの賛同の気持ちを表明する」として、送られきた紺色のリボンが配られた。 

 

 

 

 また、山形県の人が製作したTシャツも紹介され、この問題が全国、世界へと広がっていることが伝えられた。

 この他、集会では具志堅さんとともに断食を決行した仏教、キリスト教などの宗教者の方々、戦没者遺族、戦争体験者も発言、玉城知事に「県民がついている。勇気ある決断を!」と訴えた。

 この後1時半から玉城知事の記者会見が行われる県庁ロビーへと移動し記者会見を見守ることになった。

 

2021年4月16日リンクURL

県、鉱山開発禁止せず ~ 南部土砂問題

 県議会が「遺骨の混じる土砂を埋め立てに使わないよう」意見書を全会一致で可決するも、沖縄県は「採掘業者の開発は禁止しない」方針という。

 この問題に取り組むガマフヤーの具志堅さんはじめ、宗教者の会など市民グループは、今日(16日)正午から県民広場で、玉城デニー知事に開発を認めないよう訴える緊急集会を行う。

 <16日 琉球新報 ↑↓>

<県議会意見書全文>

 

 

 

 

2021年4月16日リンクURL