県議選 3日攻防へ突入 

 7日投開票の沖縄県議選、今日から3日攻防に突入した。選挙戦最終版の3日間で状況が逆転することもあることから、3日戦争とも呼ばれる。

 コロナ禍の影響で異例づくめの選挙戦で、支持者をお詰めての集会なども開けず、選挙のプロと呼ばれる人たちも、なかなか票の行方が読めないという。

 辺野古基地新基地の建設に反対する県政与党の過半数維持をかけて、玉城デニー知事も全県をかけめぐっている

 3日は午後1時から那覇・島尻離島区の比嘉京子候補と、那覇市内の3ポイントで支持を訴えた

 「コロナの感染が怖いから投票には行かない」という人も多いことから投票率も懸念されている。沖縄の将来がかかる大事な選挙となっている、ぜひ投票にいこう!!

2020年6月4日リンクURL

文子おばぁ 大いに怒る! ~ 今日(6月3日)の辺野古

 今日は、梅雨が明けたかのようなよい天気。青い空に白い筋雲が映える。

 辺野古へ向かう高速道路の沿道では、梅雨の花「いじゅ」が散り始めていた。それでもまだまだ十分美しく、見ごたえがある。

 今週もまだ工事は再開されていない。工事用ゲートは閉ざされたまま、両端に民間の警備員が二人ずつ立っているだけだった。

 私たちが辺野古に到着して間もなく、金網沿いをひとりジョギングしていた米兵が、急に立ち止まって帽子をとり、基地に向かって直立不動の姿勢をとった。

 難聴の私の耳には聞こえなかったが、基地の中からアメリカの国歌「星条旗」が流れている、とのこと。丁度8:00だったので(ここからは見えなかったが)基地の中のどこかで始業を告げる国旗掲揚が行われているらしい。

 それにしても、米国民は日常生活の中で、国歌が聞こえてきたら、何を差し置いても直立不動になるのだろうか、それとも彼が軍人だからだろうか。

 日本の国民はどうか?日本の軍隊・自衛隊員も基地の外で、もし国家が聞こえてきたら、直立不動の敬礼をするのだろうか?

 久しぶりに、名護市議の大城敬人さんがおいでになり、3月15日に辺野古住民「ティダの会」が行った防衛局への申し入れの様子を報告してくださった。防衛局がコロナ渦中に設計変更の許可申請を出したことに対する抗議の席上、文子おばぁが大いに怒ったという。

文子さん「もう一回訊く、県民の命が大切か、沖縄県民の命を踏みにじって新基地を造るのが大切か、今すぐ答えなさい!今!許さないよ!絶対に」

防衛局長「(小さい声で)命が大切だと思っています。(敬人議員が配った資料より抜粋)

 

 

 人間たちの活動自粛で、自然の中では小さな生き物たちがよみがえったように生き生きと活動を広げている。

左は、あいにく名前は知らないが昔よく見かけたトンボのような昆虫。

右下は、草むらで小さいのでわかりにくいが、筋蜘蛛が巣を張っている。キラキラと光って綺麗だ。

 

 

 

 帰り道、金武町伊芸のサービスエリアから眺める中城湾は、青空を反映して色鮮やかに輝いていた。

 その一方で、キャンプハンセンから恩納岳に打ち込まれる実弾演習の音が耳をつんざき、一瞬足元に実弾が飛んできたかと度肝を抜かれた。この付近に住む人々は、毎日この音を聞かされていいるのかと思うと言葉を失う。

 毎日、米軍の実弾演習で砲弾が撃ち込まれ、山火事も頻繁に起こすので木々ははぎとられ、赤土をさらす恩納岳。

※毎日監視を続けているテントスタッフによると、県議会選挙が終わる来週月曜日から、工事再開の可能性が大きいという。また、闘いの日々が始まる。

 

2020年6月3日リンクURL

県議会議員選挙告示 ~ デニー知事を支える与党が過半数維持できるかが焦点

 沖縄県議会議員選挙が、今日告示された。

 6月7日投開票の県議選には28日時点で64人が立候補を表明している。内訳は、現職38人、前職1人、元職3人、新人22人。与党系が35人、野党系が23人、中立系が6人。

 政党別では自民は推薦を含む21人、社民5人、共産7人、公明2人、社大3人、立民1人、無所属が25人(自民推薦除く)となっている。現在の県議会構成は与党26人、野党14人、中立が6人で、辺野古新基地建設に反対する与党が引き続き過半数を維持できるかどうかが大きな焦点となっている。

 私の住む那覇市と周辺離島の選挙区は、大票田だけに翁長知事、玉城デニー知事と続くオール沖縄の勢いにあやかろうと、若い新人が3人も立候補し、デニー知事支持側が乱立気味で共倒れも懸念され、従来のオール沖縄の枠組みを揺らしかねない状況になっている。

 私は、女性候補で今回5期目を目指す「ひが京子」さんを応援している。ここ2か月間、土・日と辺野古へ行く日を除く毎朝7時半から1時間余、ひが京子候補とともに街頭で手ぶりのスタンディングを行ってきた。

 コロナ渦で支持者を集めての集会など事前の選挙活動がほとんどできず、異例の選挙戦となっている。選挙戦初日の出発式も支持者を集めることを避け、わずかな事務所スタッフと身内だけのささやかな選挙戦のスタートとなった。

 <事務所スタッフと家族に見送られて、選挙カーで出発する「ひが京子」さん>

 沖縄の選挙でかかせない縁起物「フチャギ」、いわゆる「おはぎ」だが、沖縄のおはぎは甘いあんこではなく、塩味の効いた茹小豆が丸ごと白餅の表面にくっついている。この小豆一粒一粒を「票」に見立てて、たくさんの「票」がくっついてきますようにとの縁起担ぎである。

 塩味の小豆が、味のたんぱくなお餅にとてもよく合う。特に今日の「フチャギ」はいつにも増して美味しかった。当選間違いなし!と確信した。

友人たちから激励の花束を受ける「ひが京子」さん。

 

2020年5月29日リンクURL