平和学習ツアーの案内で渡嘉敷島へ

 19日は、5・15平和行進で沖縄を訪れた高知県平和運動センターの一行(14名)を渡嘉敷島に案内した。高知県の皆さんとはコロナ禍で休止の4年間を挟んで、20年近いお付き合いがある。

 渡嘉敷島には「琉球・沖縄史の縮図がある」と、地元の研究者はいう。同じく沖縄戦の実相が濃縮した形で表出しており、ツアーの資料集は、まるで平和学習の参考書のようだ。地上戦、強制連行、特攻艇(日本軍の秘密作戦)「集団自決」、「慰安所」、「米軍基地による環境・経済・生活破壊」etc…。

 無残な戦争の話ばかりでは辛いので、皆さんには、海や山、植物など渡嘉敷の自然も楽しんでもらうことにしている。 

 この日は、快晴とまではいかなかったが、そこそこお天気がよくて海の色が冴えていた。

 真っ白い砂浜に打ち寄せる透明な波

 ノボタン、月桃、ハマヒルガオ、アダンの実、蘇鉄の雄花。草むらは足を下ろすのをたまらうほど、小さい可愛いらしい花がいっぱい!

 帰りの船を待つ港のターミナルで、目についたのは鯨のオブジェ。アートかと思いきや、こんな説明版がついていた。

 クジラの身体にくっついて取れなかったり、体内から出てきた様々なプラスチック製品。私たちが何気なく捨てたものだ。

 

 ホエールウオッチングのメッカでもある慶良間諸島。くじらにも健康で平和に生きる権利がある。

 海の生物たちにも平和を!

 

 

 

2024年5月21日リンクURL

基地のない沖縄、平和な日本、戦争のない世界をめざす ~ 復帰52年目の5・15平和行進と県民大会

  今日(18日)は、宜野湾市民グラウンドで開催された「5・15平和とくらしを守る県民大会」に参加した。

 午前9時、宜野湾市役所を南北コースの二手に分かれて出発。およそ2千人が約3時間かけて宜野湾市の真ん中にある普天間基地の円周を歩き、真志喜にある市民グラウンドで合流、県民大会に臨んだ。

 2300人が参加して開催された県民大会には、デニー知事も来賓として出席。基地の本土並みをめざした復帰から52年経っても変わらぬ沖縄の現実に「平和あってこそ明るい将来が展望できる。沖縄戦で得た教訓を正しく次世代に伝え、平和を希求する沖縄の心「ちむぐくる」を世界に発信していく。

 世界の人たちが立場や違いを認め合い、支え合い、信頼し合うことが世界に平和をもたらすと信じる。国境を越えて、あらゆる場面で繋がっていくことが重要だ。ぐすーよー、まきてぇないびらんどー!まじゅーんちばらなやーさい!(共に頑張りましょう)」とあいさつした。

 国会議員代表、県議会代表の他第三次普天間爆音訴訟団も挨拶。県外から参加した行進団の代表は「半周しただけで3時間、これが普天間基地の大きさを示していると、改めて認識した」と感想を語った。

  国外からは、韓国基地ネットワークのメンバーが参加。

  最後に「大会宣言」を採択、参加者全員で「月桃」を合唱して大会を締めくくった。

 

 

 

 

2024年5月18日リンクURL

52年前のその日、あなたは? ~ 5・15復帰の日の辺野古

 「明け方近くまで雨、午前中曇り、午後から晴れ」が、今日の天気予報だった。しかし、朝からいいお天気。

「52年前は土砂降りの雨だったなあ」と思いつつ辺野古へ。五月晴れの空に鳳凰?龍?(雲)が舞う。

 5・15平和行進が今日から始まり、午後からは那覇高裁で辺野古住民訴訟の二審判決もあるので、辺野古は参加者が減るのではとの懸念もあったが、ほぼ何時も通りの人数が座り込んだ。

 話題はやはり、「復帰とは何だったのか!」という思い。52年前と少しもかわらぬ、いや!ますますひどくなる一方の沖縄の現状に、誰の口からも悔しさと怒りの声があがる。

 

 

 

 

 

 久しぶりに浜のテントに寄ってみた。8年と7332日の抵抗の日々。気が遠くなるような数字に胸が痛くなる。

 この間にどれだけの人たちが、無念のうちに天に召されていっただろうか!あの顔、この顔、あの人の後ろ姿を思い起こす。

今日もテントを守っている人たちと、しばし懐かしい話に花を咲かせた。

 メインゲート前のテントに戻って、2回目の座り込みまでの間の時間を参加者同士「それぞれの5・15」について語り合った。皆さん昨日のことのように鮮明に覚えている。

 大抵の方が、当時大学生か20代はじめの年齢。沖縄人なら誰にとっても人生の大きな節目だったであろう。円・ドル交換の話、激しい雨の中、十数万人の抗議集会に参加して、ずぶぬれになりながらのデモ行進、悲願の基地の本土並みは幻となり、日の丸への違和感・抵抗…。話は尽きなかったが時間切れとなった。

 今日2回目の座り込み、さらに人数は増えて50名余りになった。

 梅雨を前に、やんばる路は花の季節。白は「いじゅの花」、赤は八重咲の「ブッソウゲ」。

 花々はしばし人間社会の醜さを癒してくれる。

 今日三回目の座り込み。途中朗報が入る。辺野古住民訴訟高裁判決は、訴えた住民側の「原告適性を認めた」とのこと。拍手が沸き上がった。

 この裁判は、2019年に国土交通相が県の埋め立て承認撤回を取り消した裁決は違法だとして、辺野古区や大浦湾周辺の住民4人が裁決の取り消しを求めたもので、福岡高裁那覇支部は、原告4人の原告適格を認め、一審那覇地裁判決を破棄して地裁に差し戻すと言い渡した。

 22年4月の一審では、住民には原告適格がない、つまり訴える資格がないとして門前払い、住民が控訴していたもの。今日の判決は、新基地が完成すると米軍機の騒音被害などが予想される地域住民に「法律上保護すべき利益」があると認めたもの。これは「辺野古は安全とする国の普天間移設の根拠を揺るがすことになる。久々の朗報である。

 

 

 

 

 

 「6月の県議選対策かも」との声もあるので、是が非でも今回の県議選はデニーさんを支える側が勝たねばならない。

 いずれにしても、国がこれで引っ込むはずもなく、選挙が終われば、差し戻し審や最高裁で、またひっくり返すことは充分有り得る。が、原告適格を認めたことで、門前払いでなく、実質審議に入ることが出来るだけでも住民の側の大きな勝利であることは間違いない。

 ゲート前の座り込みも7月には満10年を迎える。

 

2024年5月15日リンクURL