基地のない平和な世界を沖縄から!~ 2000人の怒りの拳5・15県民大会

47年目の5・15の昨日、普天間基地のある宜野湾市で県民大会が開かれた。私自身は仕事で参加できなかったが、会場の宜野湾海浜公園の野外ステージを、全国、海外から5・15平和行進に参加した人たちを含め2000人が集い、世界平和を求める思いを共有した。(沖縄タイムス20日朝刊より)

登壇した主催者(沖縄県平和運動センター)代表や国会議員らはそれぞれに

「沖縄が発する県民の想いを、この場を通して全国で共有し、平和な沖縄の未来を、日本の未来を共に作っていこう」実行委員長:山城博治さん。

「県民の命を守ることができない米軍が、なぜ日本の安全を守ることができるのか。連帯してあきらめることなく最後まで共に戦い抜く」平和フォーラム共同代表:藤本康成氏

「復帰47年のウチナーは、反憲法下の日常を強いられてきた。日本が憲法9条をかなぐり捨て戦争国へ暴走することに、力を合わせて抗っていかなければならない」照屋寛徳 衆議院議員

「日本では安全保障というと軍事ばかりが先行するが、安全保障とは、争いごとをなくし心配のない世の中をつくること。安全保障を再定義し、本当の意味での平和をつくる政治を目指したい」屋良朝博 衆議院議員

「安倍政権は、復帰のころに沖縄が目指した基地のない平和な日本からますます逆の方向に進んでいる。皆さんが一歩一歩踏みしめた行進は、平和をつくる大事な一歩だ」 糸数慶子 参議院議員

「5・15平和行進に参加したみなさんが、歩く中で見聞きしたこと、思い、この会場で確認したことを広げ、平和な沖縄 平和な日本を、みんなの力でつくっていこう」

 

2019年5月20日リンクURL

全国の地方議会で辺野古中止決議を! ~ 青年司法書士協が陳情

 以前に長野県の小さな市町村議会が、辺野古の中止決議を行ったことを、このブログで紹介したが、今度(5月11日)は、全国青年司法書士協議会が、沖縄で役員会を開き、辺野古の新基地建設の即時中止や、普天間基地の移転についての国民的世論を喚起しようと、全国1788の地方議会へ陳情書を提出することを決めたという。

 沖縄の民意を幾度も踏みにじり、辺野古の工事を強行し続けている国家権力の狂気ともいえる異常さを、国民はやっと気づき始めている。

<琉球新報 5月11日朝刊>

 

2019年5月14日リンクURL

本部 塩川港から搬出再開 ~ 辺野古埋め立て土砂

身体が震えるほどの怒りを覚える。

知事選はじめ、県民投票、そして先日の衆議院補欠選挙が示した県民の圧倒的民意をすべて無視して、国は、辺野古埋め立てを強行し続けている。

 

 新基地建設の中止を求めて、弁護士や作家、学者ら有志が声明を発表、全国に賛同を呼び掛けている。

 

 

2019年4月26日リンクURL