花言葉は小さな愛 ~ リュウキュウコスミレ

 私の大好きな野の花です。
渡嘉敷の実家の庭で咲いていました。

 フクギの木陰になっていてあまり増えませんが、それでも季節になるとしっかり芽吹き可憐な紫の花をつけてくれます。花一つひとつも眺めて飽きませんが、群生もまたいいです。

 リュウキュウコスミレは、屋久島以南の奄美を含む南西諸島の固有種だそうです。

 花言葉は、「小さな愛」「謙虚」。シロバナリュウキュウコスミレもあります。那覇の自宅の庭にも咲きますが、今年はまだ花をつけていません。

 

 

2020年2月11日リンクURL

ジュウルクニチー(十六日祭)で里帰り

 8日、9日はジュウルクニチーのため、ふるさと渡嘉敷島に里帰りしていました。

 「正月には帰らなくても、十六日(ジュウルクニチー)には故郷に帰る」と言われているのが沖縄の先祖供養の一つ十六日祭です。あの世のお正月ともいわれています。

 あの世のこととはいえ、お正月ですからごちそうをつくり、お供えします。今どきはスーパーやデパートなどで16日祭用のお重詰めを手軽に買えますが、我が家ではすべて自前で作ります。(と、言っても料理上手な妹たちがいるので、私はお手伝い程度ですが…)

 2種類のお餅と、9品の料理を詰め合わせたお重が定番です。沖縄の先祖供養は仏教ではないので、精進料理ではありません。お魚もお肉料理もあります。

 我が家ではまず、一族の始祖が眠っていると言われている「ウル墓」にお参りします。お墓とは言っても、それらしい建造物はなく、大きなテーブル珊瑚が2枚、重ねるように置かれているだけです(ウルとはサンゴ礁のこと)。香炉が3個あるのは、私たち以外にもここへお参りする一族があるということを示しています。

 かなり見事なテーブル珊瑚です。「もしかしたら、当時は風葬だったのかもしれない」と、想像してみたりしましたが、本当のところはわかりません。

 続いて、父や母、祖母の眠るお墓にお料理をもってお参りします。

 沖縄のお墓は、とても大きいことでつとに有名ですが、他府県のように家族単位ではなく、一族単位の門中墓、あるいは寄り合いで何軒かの家が合同で作るお模合墓だからなのです。近年は家族単位のお墓が多くなってきているようです。

 渡嘉敷島では、同じ時期にお墓をつくる必要がある人たちが合同で作る模合墓ほとんどのようです。我が家のお墓も当初は5~6軒が合同で作った模合墓だったそうですが、いまこのお墓を利用しているのは2軒だけになりました。

 かなり古く、石材のアワ石が風化したり木の根が石のつなぎ目に入り込んで、石積みが崩れかかっていたりして、改修が必要になってきています。

 アワ石はサンゴ礁を切り出した石材で、昔は城壁や石垣などに使われています。よく見ると珊瑚だった名残を見つけることができます。

 

 

 

 

 

 お墓の前には、紅葉し始めた大きなクワディサー(コバデイシ、モモタマナ)の木があります。沖縄では珍しく紅葉する植物の一つです。ただし秋ではなく、早春に紅葉します。

2020年2月10日リンクURL

桜 咲く

 真冬に夏日?昨日の沖縄地方最高気温が26度にもなったそうです。冬はどこにいってしまったのでしょうね。今日も昼間は夏日になりそう。そんな沖縄ですが、桜の季節です。

 「桜を見る会」騒ぎで、すっかりイメージを悪くしてしまった「さくら」、何の罪もない桜にとって、こんな迷惑な話はありませんよね。

 桜は桜でも、沖縄の桜はソメイヨシノではなくヒカンザクラ(寒緋桜ともいう)という種類です。青空に目が覚めるような緋色で心を緩め身体を温めて、悪いイメージを吹き飛ばしていただけたらと思います。

 ちょっと(いや!かなり)ピンボケですみません。でも、ソメイヨシノとは違う色の鮮やかさは感じていただけるでしょうか?

 日本列島の桜前線は南から次第に北上していきますが、南西諸島では北から咲き始め、南下していきます。(それは、一度寒さを感じないと開花しないためと言われています)沖縄本島北部のやんばるの八重岳や名護城では、すでに1月中旬から桜祭りが始まりました。

 辺野古までは行けても、名護城まで桜を見にはなかなかいけません。やきもきしていたら、やっと中部(沖縄市)でも桜が咲きはじめました。写真は一昨日(22日)沖縄市中央公民館庭の🌸です。

  ソメイヨシノ地域の皆さんには、御地より一足早い沖縄の桜で春を感じていただけたら幸いです。

やっとピントが合いました。良かった!

 

2020年1月24日リンクURL