ムーチー つくりました!

 ちょっと掲載のタイミングがずれてしまいましたが、正月2日は、旧12月8日にあたり、ムーチーの日でした。

 ムーチーとは、サンニン(月桃)の葉にお餅を包んで蒸したカーサムチをつくり食することで、子どもたちの健やかな成長を願うという、沖縄の伝統行事の一つです。

 特に、子どもが生まれて初めて迎える「初ムーチー」には、盛大につくって、親せきやご近所もふるまいます。私の実家(渡嘉敷島)でも、妹のところに昨年秋に4人目の孫が生まれたので、今年は初ムーチーでした。

 <写真で見るムーチーづくりドキュメント(ちょっと大げさかな?)

 

 まずは、モチを包む月桃(ゲットウ)の葉をゲット(!?)するところから始まります。島は豊かな里山に恵まれていますので、いくらでも立派な自生のムーチーガーサが手に入ります。

 月桃の葉にお餅を包んみます。かつてはモチ米を石うすで挽き、捏ねて造ったのでしょうが、今どきは、餅粉に水を加えてこねるだけで簡単にできます。(最近ではムーチーミックスなる便利なものもあります)お餅には黒糖や、紅芋などを加え好みの味付けをします。ちなみに我が家のは黒糖味です。(私自身は、何の味付けもしない素朴な白餅が好きですが…) 

 カーサがほぐれないように真ん中をひもで結んでから、蒸し器に並べて15分ほど蒸すと出来上がりです。

 実は「ムーチーつくりました!」と大きな声で言いましたが、正直に言いますと、私がつくったのではなく、初ムーチーを迎える子どものおばぁちゃんである我が妹がつくりました。私は、黄色いひもを結んだだけです。すみません。

ずいぶんたくさん作りました!!

 「アタチの初ムーチーでしゅ!」

 女の子なので、赤いムーチーも作りました。

 今回は食紅で赤い色を付けましたが、ものの本によりますと、古くはモチ米ではなく、高キビ(中国名コーリャン)で作っていたそうですから、コーリャンと言えば赤い雑穀ですので、ムーチーの本来の色は、この写真に近かったのではないかと想像します。

 今年は、お正月にムーチーが重なったので、めでたさも2倍になりました。お正月に気をとられて、ムーチーの日だということを失念してしまった!というお宅も少なくなかったようです。私の友人も慌ててスーパーに買いに行ったそうです。

ムーチーの由来については、鬼モチ伝説などありますが、それはまた次の機会に!

2020年1月5日リンクURL

渡嘉敷島から「いい正月でーびる」~ ふるさとの海に向かいていうことなし

 正月2日午前7時25分頃の日の出です。雲が厚くなかな太陽が顔を見せません。

7時30分、雲の合間から太陽が顔を見せてくれた瞬間です。その間わずか30~40秒ほどだったでしょうか。どんどん上昇して、すぐまた雲に隠れてしまいました。初日ではありませんが、いつにも増してありがたく感じました。

元日の昨日は辺野古で初日の光を浴び、今日2日は渡嘉敷で朝日を拝むことができて、二度お正月を迎えたようで、なんだか得した気分です。

 例年大晦日から正月3日までは、ふるさと渡嘉敷島の実家で過ごしていますが、今年は大みそかに海が荒れて船が出せず里帰りできませんでした。でもそのおかげで、元旦は辺野古のハチウクシーに参加することができました。そして、海も静まり船が出るというので、急いで辺野古から戻り、夕方の高速艇で渡嘉敷に渡りました。すべてが結果オーライで、今年もいろいろありながらも前進し、その先に何か大きないいことが待っているような、そんな気持ちになりました。

 

2020年1月2日リンクURL

私の大切な人をレイプしないで! ~ フラワーデモ in おきなわ 12月

 「性暴力のない社会を目指して声をあげよう」と、毎月11日に全国各地で行われているフラワーデモ。沖縄では5日目となる集会が、さる11日(水)満月の月の光に包まれて、県庁前県民ひろばで開催された。花を片手におよそ130人が集った。男性の姿も少なくなかった。

 今年4月、性犯罪の加害者が、裁判で無罪になるということが相次いだため、日本の刑法や裁判の在り方にも問題があるとして、東京で始まったフラワーデモは、この12月で29都道府県31都市で開催されるようになった。

 この日は、呼びかけ人の一人である北原みのりさんも沖縄の集会に東京から駆けつけた。

 沖縄のフラワーデモにぜひ参加したかったという北原さん。「”女性たちが、やっと声を上げ始めた”とメディアなどで言われるが、そんなことはない。沖縄の女性たちは以前からずっと大きな声を上げつつけている。そんな沖縄の集会に参加できてうれしい。これまで被害者が受けてきた痛みや苦しみを受け止め、絶対に繰り返さないと声を上げ続ければ、きっと社会を変えることができる。一緒に未来を変えていこう」と呼びかけた。

 

集会は、被害体験者や支援者がリレートークで話をつなぐ形式で行われ、5人の女性がマイクを握った。

 親しい友人が被害に会い、心を病んでしまったという女性は「私の大切な人をレイプしないでください!私の大切な人をレイプしないでください!死にたくなるほどつらい気持ちなるかもしれないけど、どうか死なないでください!死なないでください!」と何度も叫び、「みんな、どの人も誰かの大切な人です!」と訴えた。

 たまたま出張で沖縄に来ていた女性は「いつも東京のフラワーデモに参加している。今月は参加できなくて残念と思っていたが、沖縄でも行われていることを知って駆け付けた。私も被害体験がある。加害者が身近な親族だったため、被害を唯一打ち明けた母親にさえ、受け止めてもらえなかった。長い間心を閉ざしてきたが、フラワーデモに参加して、こんなにもたくさんちゃんと受け止めてくれる人がいるとわかり、心を許し安心して語ることで救われた」と、被害体験を語った。

 最後に再びマイクを渡された北原みのりさんは「これほどに性暴力がはびこる背景には、根底に女性を軽く見るこの国の根強い性差別がある。各地のフラワーデモで、”声を上げれなかったことでなかったことにしたくない!”という女性たちの思いがたくさん語られた。声を上げれば変わるのです!」と、集会を締めくくった。

 フラワーデモは、刑法の改定が検討される予定の来年3月まで継続して行われる。

 <フラワーデモが行われた県庁前県民ひろば>

 

 

 

2019年12月13日リンクURL