沖縄 二度目のコロナ緊急事態宣言 ~ 今日(8月1日)から15日まで

 米軍基地内のクラスター発生と、県民の感染者急増(31日は71人が新たに感染)が止まらない沖縄。玉城デニー知事は、ついに今日から「不要不急の外出自粛」を呼び掛ける独自の緊急事態宣言を発令した。(記者会見の報道を見ていると、就任以来難題続きの玉城デニー知事の頭に白髪が急に増えた気がして、胸が痛い)

 今回の感染拡大は、米軍基地からの派生と、観光など県外からの移動が増える中での「感染拡大」で、まさに「基地の島沖縄」と「観光地沖縄」の挟み撃ちに会った形となった。

 三密が避けられない辺野古ゲート前での座り込み抗議行動も中止すべきかどうか、検討を余儀なくされている。

 オール沖縄会議より、「結論が出るまで、とりあえず8月3日(月)、4日(火)のゲート前行動は中止する。5日(水)以降については、4日までに通知する」との緊急連絡が、各関連団体、グループなどにあった。

 

2020年8月1日リンクURL

やっと届いたアベノマスク ~ でも変! 不公平!

 やっと届いたアベノマスク。緊急事態宣言もすべて解除された 6月11日だった。

 しかも私には3つ(6枚) + 一つ(2枚)。 んんッ!なんで?

その①は、 もちろん「自宅」

その②は、 12月に引っ越してきたため、今は空き家の「旧自宅」

その③は、 6年前に母が亡くなり、今は誰も誰も住んでいない「実家」

そして、+α のもう一つは「事務所」、ここは共同スペースなので、私の占有ではないが…。

一方、私の甥夫婦は子供が4人の6人家族で一組2枚、妹のところは二世帯住宅だが郵便受けが一つなので5人で一組2枚という。なんというアンバランス!

 推測するにアベノマスクは、コロナ特別給付金10万円のように世帯主の住所に送られてくるのではなく、広告チラシなどのように、郵便受けがあるところには、人が住んでいようがいまいが、とにかく放り込む、つまりポスティングだ。

 その結果一人暮らしのわたしが3組6枚+αなのに対し、私の甥一家は6人で2枚という変なことに。なんという不公平! 

 当然、私の周りだけでなく、全国で同じような状況が起こっているであろうことは容易に想像できる。空き家、空き部屋の郵便受けで眠っているマスクも多いことだろう。なんという無駄だ!

     

                                       それに、私はもうマスクは十分に間に合っている。友人、知人、妹たちがつくってくれた愛情のこもった手作り布マスクが10枚近く。その日の服装に合わせてとっかえひっかえ、選り取り見取りだ。

安倍総理は成果を急ぎすぎるあまり、必要な時に間に合わず、必要な人に届かず、このようなとんちんかんでアンバランス、不公平が生じてしまった。他にもっと的確なマスク不足対策がいくらでもあったのではないだろうか。何よりもっと国民を信頼すべきだったと思う。

さて、私には不要なこのアベノマスクをどうしたらいいか?

①子どもが4人の甥夫婦にあげる。

②子どもの福祉施設に寄贈する。(同じように不要な人たちからも集めて)

③総理官邸に送り返す。(送料がもったいないという声も)

 あなたなら、どうする?

 

 

2020年6月13日リンクURL

辺野古ヤギの夏子ちゃんに三つ子誕生

 稲葉博さんが運営する辺野古の民宿「クッション]で飼われているヤギの夏子ちやんに、10日未明、三つ子の赤ちゃんが生まれた。

 ヤギの出産は、双子でも珍しいのに三つ子とは!夏子ちゃん本当におめでとう!!よく頑張ったね!

 私たちは、たまたま10日水曜日辺野古担当で、その日生まれたばかりの子ヤギたちに会う幸運にを得た。かわいいことこのうえない。

 

 母親の夏子ちゃんは、3頭それぞれ均等に顔を寄せて、子ヤギの様子を確認する良き母親ぶりを発揮、子ヤギも「メェ~」とかわいい声で応えていた。

ただ、ちょっと気になったのは、生まれて数時間も経っているのに、3匹ともまだ自力でしっかり立てていないこと。とくに一番小さい(でも声は一番元気!)ちびちゃんは、ずっとうずくまっていた。

 三つ子なので、十分育ちきれないうちに早産で未熟児になってしまったかもしれない。元気に育ってほしい!!

 

 

 

2020年6月12日リンクURL