健康、おいしさ、美しさ ~ 創作ベジ料理店「 リューネス」

 友人に、 本格ヴィーガン料理のお店でごちそうしてもらいました。 

 数あるメニューの中から、私がいただいたのは、お寿司。一見普通のお寿司に目ますが、ヴィーガンですからもちろん動物性の魚は使っていません。

  魚のお刺身に見えるのはアロエベラにハーブなどで彩色・味付けしたもの。貝柱にはエリンギ、卵焼きは豆腐等々。黙って出されたら、そうとは気づきません。それほど見事に出来ています。味もあっさりしていて、生の魚が食べられない人にも楽しんで食べてもらえそうです。野菜のスープも美味しかったです。

 友人は海鮮丼を注文していました。チーズを使っていないチーズケーキやタルトなど、スイーツもあります。

  お店は、那覇市久茂地3丁目4−10 久茂地YAKAビル 3階 ゆかるひ内にあります。

 店内には外国人の姿もあり、ヨーロッパ系の人が多いそうです。

 

<創作ベジ料理店 リューネス による説明>

 ”本格派シェフと心理セラピストがコラボしたプラントベース料理店です。食べれるハーブやお花で彩る食のアートのような虹の皿で、心と体と地球が喜ぶナチュラルレストランを目指しています 。

 《特徴やこだわり》

 プラントベース(植物性由来)、グルテンフリー(小麦不使用)、Vegan(動物性不使用)、五葷抜き(全素・純素)、無添加調味料使用、酵素塩使用、菜種油使用、ミネラル、オーガニックや自然栽培野菜優先、電子レンジ不使用、薬草・野草・ハーブ、ロースイーツ(非加熱調理ケーキ)

 

2024年6月8日リンクURL

「戦争は次の戦争を生み、平和は実現しない ! 」~ 6月5日の辺野古

梅雨の晴れ間の快晴、秋のような薄雲が空の青に映える朝、いつものように辺野古へ向かう。

 那覇発7:00平和市民連絡会のバスは、いつもの常連さんに、県外からの参加者が加わりほぼ満席。今日も暑い、熱い一日が予想される。

 辺野古メインゲートのテントに到着すると、先日東京での集会で使われた色とりどりのバナーが出迎えてくれた。

 9:30 一回目の座り込み。

 6・23に向けて、やんばるから糸満の摩文仁まで平和行進を続けている宗教者の方々が参加。韓国からのメンバーが、祈りと平和のメッセージを読み上げた。

 

 

 

 

 

 20分ほどで全員が機動隊に排除され、たくさんのミキサー車や埋め立て資材を積んだダンプが入る。

 正午前、2回目の座り込み。

 県外から毎月のようにやってきて座り込みに参加する弁護士さん。前日新聞報道で明らかになった、沖縄戦の日本軍最高司令官・牛島中将の辞世の句が、自衛隊ホームページに掲載されていることについて「これまで自衛隊は旧日本軍との繋がりをイメージさせるような事柄は避けてきたが、いまはもうそれさえ気にしなくなった。沖縄だけでなく、靖国神社への公務参拝も平気でやるなど、戦争政策を隠さない。戦争は次の戦争を生み、決して平和にはつながらない」と批判した。

 午後3時過ぎ、三回目も40人近くが座り込んだ。

 空は、朝のうろこ雲から、生まれたての入道雲のような、夏らしい雲に変わっていた。

 

 

2024年6月6日リンクURL

やはり自衛隊は「日本軍」だったか! ~ 自衛隊ホームページに牛島中将辞世掲載

<6月3日 琉球新報>

 

 「軍民一体となって、最後の一兵となるまで闘え」と命令を残し、自らは無責任にも自決して果てた沖縄戦の日本軍最高司令官・牛島満中将。その辞世の句が自衛隊の公式ホームページに掲載されていることが明らかとなり、「旧日本軍と繋がる」として、識者などから批判の声があっている。

 本人は、軍人としての誇りを守ったつもりかもしれないが、そのために多くの兵士と沖縄の人々(民間人)が犠牲になった。自決ではなく白旗をあげていれば、地獄さながらの苦しみの中で失うこともなった命だ。

 湧き上がる批判にもかかわらず、削除はしないという。これまで旧日本軍のイメージにつながるようなことは、必死になって避けてきた自衛隊が、いまや堂々と「軍隊の顔」を見せるようになった。時勢はもうここまで来ているのかと驚愕する。

 

 

2024年6月6日リンクURL