恩師の旅立ちに 思う

 70代になって、バスやモノレールの中で、席を譲られることが多くなり、いやでも自分の年齢を意識せざるを得ないこの頃であるが、

 自らが老いるだけでなく、人生上り坂のころに、理想、あるいは目標にして背中を追いかけてきた各分野の大先輩たち(親も含め)が、次々と視界から見えなくなり、寂しさや切なさに身をつまされ、自らの老いを実感することが多くなってきた。70代とは、そういう時期でもあるようだ。

 先日も、仕事上で40年近くお世話になってきた恩人ともいえる大先輩が亡くなられた。

 14日、たまたま所用で東京に出ていたため、15日に埼玉県の川越市で行われた告別式に駆け付けることができ、長年かけていただいたご厚情に、感謝とお礼を申し上げることができた。

 若いころに自らが身体を壊したために、「食の過ち」に気づかれ、「千坂式」という玄米正食の食養生のメソッドを確立された方である。いまでこそ巷でよく聞かれるようになった数々の健康食品や健康法を、今から35年~40年前にすでに提唱されていた。

 例えば食物酵素、ミネラル、シリカの大切さ、氣やソマチッドの存在、フウチ、Oリングテスト、食の陰陽、酸アルカリのバランスの重要性、腸内の微生物(フローラ)、腸造血説など、数え上げればきりがないほど。

 自分自身が健康を取り戻すために手作りしていた玄米酵素などの食品を、同じ病で苦しんでいる友人知人に分け与えていたところ、請われて商品化するようになり、健康食品のメーカーを立ち上げた。

 今でも厳選された食材で、手作りに近い製造方法をしているため大量生産ができず、決して大手メーカーのような流通はしていないが、知る人ぞ知る「千坂メソッド」である。 

 私は、千坂先生が出演するラジオ番組のディレクターとして、35年間ほどお手伝いをしてきた。3年前にラジオ番組も、会社も二代目に引き継がれたため、2年ほどお会いしていなかったが、棺の中の先生のお顔は、シミや皺一つなく、生前と変わらない穏やかな優しい笑顔のままだった。きっと人生の目的を果たされ、満足して旅立たれたのだと思う。

 私が人一倍健康の問題に関心があり、70代になるまで歯医者以外病院のお世話にならずに来れたのも、先生の影響が大きいと感謝している。心からご冥福を祈りします。

 

2019年11月18日リンクURL

今年はリセットの年?    

  亥年生まれの私、生まれ年の今年はいろいろとあるだろうと予感はしていましたが、ど うやら大リセットの年のようです。

 平成が終わり、令和の始まりとなった世替わりは、個人的には何も関係はないものの、すべての出来事はつながっていると言われているので、無関心ではいられません。そして、今回の首里城の焼失は、終わりではなく、何かのスタートではないかと感じています。

 個人的なことに話を戻しますと、10月から12月にかけて3つの引っ越しをすることになりました。
 10月には40数年通った琉球舞踊の稽古場が移転。今月の下旬には30年以上住んだ自宅マンション、12月中旬は、30年近く女性問題や平和運動の活動の拠点としてきた事務所が移転することを余儀なくされました。いまそれらの片付けに忙殺されています。

 10年前の定年のときに職場から持ち帰った仕事関係の資料の数々が、まだ段ボール箱に詰め込まれたまま自宅に積まれているものもかなりあって、これらを思い切って断捨離する潮時なのだろうと思っています。

 奇しくも、転居する自宅の部屋番号が「111」号室、ははじまり・スタートを意味する数字。40年近くこの身にくっつけてきた余分なものをそぎ落してリセット、すっきりと再スタートしたいと願っています。

※  辺野古の行動もしばらく毎週行くことは無理だったり、ブログの更新も滞るかと思います。また、遠方の友人たちにはブログの更新が安否確認にもなっていますが、元気ですので、どうぞご心配なきよう!

※  写真は、先日、名護市大浦の集落で出会ったシーサーたちです。(記事の内容とは関係ありません)家々の塀や石垣に飾られていました。「集落の子どもたちの手作りかなぁ」と思いましたが、確認することができませんでした。

2019年11月4日リンクURL

決して差し込んだのではありません~自然の力

カラーコーンの先から勢いよく伸びているツユクサの生命力に感心して、思わずカメラを向けてしまいました。ツユクサの名誉のためにも言っておきますが、決して奇をてらって誰かが差し込んだのではありません。

道端の小さな空き地に、なぜか一個のカラーコーンが放置されていて、てっぺんからいかにも活けたかのように形よくツユクサが顔を出しているのです。

たぶん、カラーコーンでふさがれた土の中から芽を出したツユクサが、先っちょに開いた小さな穴からわずかに差し込む光を目指して必死に伸びて来て、やっと大空のもとに抜けだし、体いっぱいに太陽を浴びて喜んでいる、そんな感じです。

その空き地はいま、雑草が刈り取られきれいに整地され、カラーコーンだけがぽつんと置かれています。

私は、どちらかといえばツユクサの生えた空き地のほうが、ずっと好きですが…。

こちらは、草ではなくが、金属製のポールの中から生えています。元は駐車場のチェーンを留める鉄柱のようですが、筒状になった空洞の中に種が落ちて芽を出したのでしょうか。植物の生命力ってすごい!って、改めて思います。

人が、花や野菜の種をまき、肥料や水を与えて一生懸命手をかけても、なかなか思うようには育ってくれないのに、道端に自然に生えた草や木は、なんでこんなに元気なのでしょうか?

人は、これを雑草と呼びますが、ハーブ愛好家のわが妹は「雑草という名の植物はない。人間が勝手に言っているだけ」と、怒ります。

「人間の勝手」確かに!私たちは花や野菜、木など植物を育てるのなら、もっとちゃんと植物の声に耳を、というか心を傾ける必要がありそうです。

子どもに良かれと思って勉強(高学歴)を強要する親、みたいなもんですかね。

最近つくづく思うことです。

 

2018年9月12日リンクURL