この本を読むとあなたは水道水が飲めなくなるかもしれない! ~ 永遠の化学物質 PFAS汚染

 80年前に発明されて以来、有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)は、私たちの暮らしのあらゆる側面で使われている。焦げつかないフライパン、電気炊飯器の内ガマ、脂っこい食べ物を包む包装紙、撥水加工の傘や衣類、化粧品、携帯やパソコンのタッチスクリーン、軍民問わずすべての空港で使われている泡消火剤etc…。

 そして、これらが使われ、廃棄されることで、土壌、河川、海、空気が汚染され、農作物、魚など海産物、水道水を通して私たちの身体に入ってくる。

 本書によれば、 いったん人体に入ってしまうと排出が難しく、胎盤を通して胎児に、母乳から赤ちゃんへとどんどん蓄積、濃縮されていく性質を持ち、癌をはじめ様々な健康被害をもたらす。特に発達途上にある子どもの身体への影響が著しい。自然界での半減期は1000年といわれ、完全に分解されるには数千年を要する、それが永遠の化学物質と言われゆえんである。

 米国をはじめ諸外国では、その毒性がよく知られ、米では公文書に「有毒で、どこにでもあり、永遠に亡くならない」と記されている。2000年にアメリカで明るみに出た大規模な被害をきっかけに、国際条約で一部が製造、取引禁止になった。だが日本では一般国民にはほとんど知らされることなく、いまも暮らしの様々な場面で使われている。

 多摩川、淀川をはじめ全国の河川・地下水が汚染され、日本は母乳からの検出は世界的に突出している特に米軍基地が集中する沖縄は、全国一の汚染地域になっている。

<米軍普天間飛行場から流れ出した泡消火剤で汚染された民間地域の河川 20年4月>

 <泡消火剤の基地外流出で、住宅地に飛び散る泡。20年4月)>

 普天間基地や嘉手納基地からの泡消火剤の流出は火災消火だけでなく訓練や火災警報器の誤作動による流出、意図的な廃棄などにおける流出が何度も起っており、そのたびに基地周辺の河川の汚染され、国基準の40倍以上の数値が検出されている。16年には那覇、中部7市町村45万人に水を供給している北谷浄水場の汚染が明らかになった。

 命にかかわる問題なのに、国や国民の関心は薄い。2016年の流出事故をきっかけに沖縄県知事からの度重なる要請で、国はやっと水道水に含まれるPFAS、PFOAの基準値を設定したが、世界水準が0.1~1ppmであるのに対し、日本は50ppmと高く、「それでは国民の健康は守れない」と専門家は口をそろえて警告している。

 日本政府の重い腰を上げさせるためにも、多くの国民に有機フッ素化合物PFOS、PFASの恐ろしさを知ってもらう必要がある。

 今年4月の普天間基地からの泡消火剤の大量流出事故(コロナ自粛中の米兵が、格納庫内でバーベキューを行い、火災警報器が誤作動、泡消火剤が噴出した。しかし、米兵らは誰も警報器を止める方法を知らず、消火剤が全部なくなるまで流出し続けた)の後、緊急出版された本書は、3人の研究者が執筆、PFASに代表される有機フッ素化合物のおそろしさと汚染の実態を知る最もわかりやすい手引書となるでしょう。

岩波ブックレット№.1030 「永遠の化学物質  水のPFAS汚染」定価620円+税 

 

 

2020年9月21日リンクURL

もう黙ることはしない ~ マスコミ・セクハラ白書

「胸触ってもいい?」「抱きしめてもいい?」
財務省幹部から、テレビ朝日の
女性記者が言われたことばだ。

この記者と、自分を重ね合わせた女性たちがいた。
他人のセクハラを取材してきた
「私たち」こそが、当事者だった!
もう黙ることはしない―。

決意の白書、社会時評、
そして主要メディアのセクハラ対策調査を、
これからペンを持とうとする女性たちへ送りたい。

この本「マスコミ・セクハラ白書」:WⅰMN編著 の表紙裏に記された言葉である。

 伊藤詩織さんの例が特別なものではなく、いまだに少数派であるメディアで働く女性たちが、取材先で出会う性暴力、性差別、パワハラがいかに日常的なものかが、この本によって改めて浮き彫りになった。

 身体を触られる、セクハラ発言、差別扱い、パワハラは日常茶飯事、取材で会った政治家や、県庁幹部、警察幹部からレイプされた女性記者たちの証言。同じ女性として憤りなしには読めない。さらに、被害を告発、抗議をすることで、取材ができなくなったり、味方であるはずの職場で担当を外されたり、二重、三重の被害を受ける理不尽に身体が震える。

 社会的権力を持つ側の、さらに「男」というだけで身に着けるもう一つの権力のあまりのおぞましさに吐き気を催し、胸が苦しくなったり、お腹が痛くなったりして、何度も読むのを中断しながら、やっと読み終えた。40年近く放送局で働いてきた私も、自分の身に重ね合わせた一人である。

 この本は最後にこう呼びかけている。「読者のみなさまへ。もし今、あなたが辛い立場にあるとしても、あなたは一人ではありません。それが本書に込めた私たちのメッセージです」

 女性たちの証言だけでなく、コラム(社会時評)や、アンケートによるマスコミ各社のセクハラ防止対策なども掲載されている。これからメディアで働きたいと思っている若い人たちにも、ぜひ読んでもらいたい一冊である。

 WⅰMN (うぃめん)」メディアで働く女性ネットワークは、テレビ局の女性記者に対する財務省幹部のセクシャルハラスメント事件をきっかけに、メディアで働く女性たちの職能集団として2018年春に発足。会員100人超(2019年末現在)。新聞、通信、放送、出版、ネットメディアなどで活動する(フリーランスを含む)女性たちで構成。北海道から沖縄まで、海外在住者も。

ホームページ:http://wimnjapan.net

 

2020年3月31日リンクURL

お金の流れで世界を見抜け! ~ 堤 未果著「政府はもう嘘をつけない」

 今日(10月28日)の朝刊に関西電力の経営者らが原発のある自治体の政治家らから多額のお金を、長年にわたって私的に受け取っていたことが報じられた。
先日の福島の原発事故の責任を問う裁判で、東京電力の元幹部らが全員無罪になったことに続いて、はらわたが煮えくり返るような怒りを感じる。

 そんなときに、たまたま、読んでいたのが、国際ジャーナリスト・堤 未果氏の著書「政府はもう嘘をつけない」、サブタイトルが~お金の流れで世界を見抜け!~だった。

 

 小泉改革の郵政民営化は、「郵便貯金をアメリカの金融資本に差し出すためのものだった」とか、「儲かりすぎてやめられない”テロ戦争”」とか、「TTPの真の目的」とか ,「保育に介護に医療に教育、農業も『特区』で(外国に)たたき売り」とか、「水道法の改正で、日本の水源地が外国資本に買い取られている」等々、目からうろこの驚愕の真実が満載の本である。

 まさに、辺野古の新基地建もたどっていくと、すべてのお金の流れが、地元の中小企業を隠れ蓑に、本土の大手ゼネコン→安倍政権の幹部らの親族やお友だち→最終的にはアメリカのグローバル企業(武器産業など)の方向に流れ着くという話がある。(注:この本の内容ではない)

 豊かな自然を壊し、ここに住んでいる人々を戦争という危険にさらすだけでなく、沖縄を食い物にして私腹を肥やす人々がいるという、あまりのおぞましに背筋が寒くなる。

2019年9月28日リンクURL