「10・21県民大会」あれから25年 ~ 今日(10月・21日)の辺野古

 明日で「2300日」を迎えるのか!と思うと新たな感慨が湧いてくる今日の辺野古。

 今日は、県外からの参加者が目立った。

8:20辺野古に到着すると、テント前はすでに、にぎやかな挨拶の声が響いていた。

 

 今日ゲート前での第一声は、「あれから25年!」ではじまった。1995年の10月21日、8万5千の県民が結集して県民大会が開かれた。小学生12歳の少女が3人の海兵隊員に襲われるという集団強かん事件に対する抗議の県民大会だ。

 戦後ずっと起こり続けてきた基地あるが故の事件事故に対して、県民の堪忍袋の緒が切れた怒りの県民大会だった。日米同盟の危機を感じた日米両政府は、普天間基地の返還を発表して、県民の怒りをおさめようとした。SACO(沖縄に関する特別行動委員会)を設置して、沖縄の基地負担を減らすと、いくつもの解決策を提示してきたが、25年たって、それはことごとく県民の期待を裏切ってきた。普天間基地返還が辺野古への新基地建設にすり替えられたように…。そして、米軍人による女性への性暴力事件も相変わらず起り続けている。

 座り込む人々に負けじとばかり、生コン車の車列も、いつもよりかなり多い。そのうえ、上空をうるさく一機のヘリが飛び回っている。菅政権になって就任したばかりの新防衛大臣が、今日から沖縄視察に来ている。それではないか!と言う。辺野古の工事が進んでいることを示したくて、沖縄防衛局は、工事車両の行列を増やしたのではないか!とのこと。有り得る!工事車両の前に抗議で座り込む人々が、こんなに多くいることも見えているだろうか!

 

 県外参加の一団は、「郵政シルバーユニオン」の皆さん。毎年、年に数回全国から「沖縄辺野古応援団」としてやってくる。今回は第19次の13名。「沖縄の闘いに元気をもらって、自らの労働運動のエネルギーにしている」とあいさつ。

 こちらは、東京足立区の区議会議員の方々。足立区と言えばいま「LGBTや同性愛者が法的に認められると、足立区が消滅する」と一人の区議が発言して非難を浴びているその区議会のメンバー。もちろんこの方々は、その発言に抗議するする側の議員さんたち。

 福島原発事故の被災地からの参加。被災者4千人が国と東電を訴えた裁判の勝利を報告。高裁がはっきりと国と東電の責任を認めた。(が、国と東電は最高裁に上告)裁判の弁護団のお一人と、原発事故から沖縄に避難してきて原告として裁判に参加した方。

 弁護士の男性は、「原発と沖縄の基地問題は共通性がある。国策の負の部分を押し付けられている」と。原告の女性は「沖縄に避難してきてはじめて、戦後何十年も、知らずに沖縄に基地の犠牲を押し付けてきたことに気づかされた」と、涙をぬぐいながら語った。

 午後3時の今日3度目の座り込みには、県外から参加の皆さんのほとんどが帰って人数もかなり減ったが、ゲート前は歌や踊りで大盛り上がり。リードするのは女性たちだ。平和市民連絡会が担当する毎週水曜日はまるで女性デー。

 そんな女性たちを、塀の上から芙蓉の花たちが、優しく見守っていた。

 

いまやんばる路は芙蓉の花の季節。メインゲート前の塀の上、基地のフェンスを隠すように酔芙蓉が咲き誇っている。

 

 

 

2020年10月22日リンクURL

若者たちへ託す思い ~ 10月14日の辺野古

 辺野古へ行く日は、朝夕の過ごしやすさが救いになる。沖縄もやっと日中の気温が30度を割るようになった。いつものように7:00那覇発、8:20辺野古着。

 テント前では、すでにボランティアスタッフが、のぼりを立て、イスやプラカードを準備するなど、抗議行動の準備が整っていた。いつもながら、ありがたいことである。

  

 9:00の第一回の搬入には、25人が座り込み。水曜日の現場指揮担当は平和市民連絡会で、ゲート前で唯一女性がリーダーを務める。

 コロナ禍後再開された今月3日の県民大行動でも、女性の発言者がたった一人だったことで「偏っている!」と批判された。「ゲート前の座り込みは女性が7~8割を占めているのに!」と。ことあるごとに批判されるが、一向に是正されない。もっと女性の声が反映される集会の在り方を工夫するよう、女性たちから主催者のオール沖縄会議へ苦言が呈された。

 

 10:30、テントに戻って休息に入ったタイミングで、東京から和光学園高等部の2年生27人がやってきた。

 引率の先生によると、修学旅行や平和学習ではなく、「基地問題研究会」という活動があり、もっぱら米軍と自衛隊基地を訪ねる三泊四日の旅だという。

 高校生らは、まず、島袋文子さん(91歳)から、沖縄戦の体験、なぜ不自由な身体で毎日のようにゲート前に座り込みに来るのか、話を聞いた。


 文子さんは司会者に促されてマイクを握った。『沖縄戦のとき15歳だった。兄3人が兵隊にとられ、目の不住な母親と、まだ10歳だった幼い弟を抱えて南部の戦場を何日も逃げまどった。

 やっと見つけて入った防空壕は日本軍に追い出され、砲弾が雨あられと降る中を逃げる途中、2、3歩前を歩いていた人が艦砲に吹き飛ばされるような場面に何度もあった。自分たちもいつ死んでもおかしくなかった。

 ある日、赤ん坊を背に負い、幼い子の手を引いて歩いている若い母親がいた。背中の赤ん坊は頭がなかった。そのことに気づいていない母親に、「あなたの赤ちゃんは頭がないですよ」と教えてあげた。母親は背中の赤ん坊を道端に下ろし、上の子の手を引いて立ち去った。埋葬どころか、死んだ子のために涙を流す余裕すらなかった。立ち止まれば砲弾の餌食となるからだ。

 飲まず食わずの何日か目の夜に、弟が「お腹が空いた。水が飲みたいというので、暗闇の中、艦砲で大きな穴ができ水が溜まっているところを見つけて、木の葉で水をすくい、何度も通って弟と母親に、そして自分も飲んで水で腹を満たした。翌朝、明るくなってその水たまりを見ると死体が浮いていて、真っ赤な血の水を飲んだということを知った。そのことは、戦後母にも弟にも、二人が亡くなるまで、ついに語ることができなかった。

 私は、人の血で染まった水を飲んで沖縄戦を生き延びた。私が辺野古の基地に反対するのは、基地は戦争の道具であり、あの沖縄戦の苦しみ、みじめさを、子どもや孫の世代には絶対にさせたくないからだ。今度戦争が起こったら、戦場に行くのはあなたたちだ。

 いまの若者や、政治家もそうだけど、本当の戦争の醜さ、苦しみを知らない。体験した私は、それを伝えるために生かされていると思って、辺野古に通っている』

 若者たちは、島袋文子さんの壮絶な戦争体験を、身じろぎもせず、目を大きく見開いて聞いていた。

 高校生らは、他の人たちにも「なぜ辺野古に来ているのか」など、熱心に聞き取りをした。

 高校生らは、11時過ぎ、いったん引き上げて、浜のテントに向かったが、再びゲート前に戻ってきて、正午の第二回搬入に向けて座り込む人たちと機動隊の様子を、直にその目で見た。

 彼ら、彼女らはここから何を学び、持ち帰って、どんな考えを自分の中に構築するのだろうか!

 「米軍基地だから反対するのですか?」という高校生の質問に、文子さんが答えた言葉が印象的だった。「私は、米軍の火炎放射器に焼かれて一度は死んだ。しかし、米軍の野戦病院で治療を受けて生き返った。

 私が今も思うことは、もしあの戦争で日本が勝っていたら、私は死んでいただろう。日本軍は自分らが生き残るために、沖縄の住民を壕から追い出し、艦砲射撃の元にさらした。大けがをした私など、手当てもしてくれなかっただろう。軍隊は住民(国民)を守らない!それが軍隊の本質、だから、戦争の道具である基地や軍隊は世界のどこにもあってはならない。米軍だけでなく、自衛隊基地にも反対する」と。

 

2020年10月15日リンクURL

<緊急>賛同募集 ベルリン平和の少女像撤去問題

 

日本軍『慰安婦』問題解決全国行動から、ベルリン平和の少女像撤去問題で
以下のような賛同募集が呼びかけられています。

〆切りは、明日12日(月)23時です。
賛同・拡散をよろしくお願いします。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■□■ <緊急>賛同募集 ベルリン平和の少女像撤去問題 ■□■

 ドイツのベルリンに設置された「平和の少女像」に対し、日本政府が撤去を要請、ベルリン市ミッテ区が設置団体に対して撤去命令を出すという事態になっています。
 14日までの撤去を求められており、何としてもこれを阻止すべく、日本からも多くの声をミッテ区に送りたいと思います。

■ベルリン市ミッテ区長への要請文と

■日本政府への抗議文に、

緊急賛同をお願いします。


 14日に間に合わせなければならないため、〆切りは12日午後11時です。
団体および個人の賛同を募ります。
以下から文面をご確認いただき、賛同フォームから賛同をお願いします。
また、できるだけ多くの拡散をお願いします。

http://www.restoringhonor1000.info/2020/10/blog-post_11.html

 

 

 

2020年10月11日リンクURL