クラリンドウの花

 クラリンドウの花を直に見るのは初めてです。友人宅の庭で出会いました。

 垂れさがった花茎に、藤のように集まって花を咲かせる姿が、白い蝶が舞い踊っているようで、とても優美です。バニラのような甘い香りがします。

 花言葉は、「大きな希望」。嫌なことばかりが続くこの頃ですが、胸に抱いている「大きな希望」を捨てず、あきらめず、たおやかに前に進んでいきたいと思います。

  挿し木でも増やせるというので、花が終わったら、一枝分けていただくことになっています。2~3年後にはわが庭でバニラの香りを漂わせているクラリンドウの花を想像して楽しんでいます。

2020年11月21日リンクURL

トックリキワタの花満開

 いまトックリキワタ(カポック)が満開の季節を迎えています。辺野古へ行くときはいつも、平和市民連絡会貸し切りの直行バスに乗るため、与儀公園のバス停まで25分ほど歩きます。途中、神原小中学校の前を通ります。隣り合わせで建つ二つの学校の間を小さな川が流れていて、中学校側の川べりにトックリキワタの並木があるのです。

 トックリキワタは、遠目には桜の花のようにも見えるため、「南洋桜」とも呼ばれていますが、花自体は直径が10cmから15センチにもなる大きな花です。

 南米原産の熱帯花木で、名が示すように幹が徳利(トックリ)型に膨らみ、綿毛がいっぱい詰まった大きなそら豆のような実のなかに種がはいっていて、綿はクッションなどの中綿に使われていたそうです。

 

 

 辺野古に向かう高速道路沿いにもトックリキワタが植えられていて、毎年開花の時期にはバスの中から花見を楽しんでいますが、今年は天候不順のせいか、あまり咲き具合がよくありません。

 ぼちぼち咲き始めてはいるものの、「トックリキワタ並木」の風情が出ていないのです。

 もしかしたら、これから満開を迎えるのかもしれませんが…。今年もきれいな花を見せてほしいものです。

 

 開南バス停のトックリキワタも有名です。最盛期は過ぎたようで、半分ほど新緑になっていますが、それでも見事です。

 

2020年11月20日リンクURL

スーパーブルームーンとハロウィン

 31日は、10月2度目の満月・ブルームーンでしたが、 ご覧になれましたか?

 沖縄は、日中お天気が良かったので「今日は、素晴らしい満月日和になるぞ!!」と思っていたら、夕方から雲が出始めて、満月タイム絶頂の23時以降はかなり雲が広がり、風があって流れが速かったので、シャッターを押すタイミングが難しかった。

 でも、薄雲がかかった朧月のブルームーンも、なかなか風情があってよかったですよ。

 ブルームーンとは、同じ月に満月が2回あり、その2度目の満月をブルームーンというそうです。しかもこの日はハロウィンでもありました。満月とハロウィンが重なるのは、実に46年ぶりなのだそうです。(お天気おじさんの森田正光さんが、テレビ番組で話していました)

 ハロウィンは、1000年の歴史があるケルトのサフィン祭が元になっており、古代ケルト民族の一年の終わりである10月31日に秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うために行う祭だそうです。その日は、日本のお盆のように、死者の霊が家族に会いに来ると信じられていたと言います。

 モノレールに乗ったら、車内はハロウィンの飾りつけでオレンジ色に染まっていました。

 

 

2020年11月2日リンクURL