今年はリセットの年?    

  亥年生まれの私、生まれ年の今年はいろいろとあるだろうと予感はしていましたが、ど うやら大リセットの年のようです。

 平成が終わり、令和の始まりとなった世替わりは、個人的には何も関係はないものの、すべての出来事はつながっていると言われているので、無関心ではいられません。そして、今回の首里城の焼失は、終わりではなく、何かのスタートではないかと感じています。

 個人的なことに話を戻しますと、10月から12月にかけて3つの引っ越しをすることになりました。
 10月には40数年通った琉球舞踊の稽古場が移転。今月の下旬には30年以上住んだ自宅マンション、12月中旬は、30年近く女性問題や平和運動の活動の拠点としてきた事務所が移転することを余儀なくされました。いまそれらの片付けに忙殺されています。

 10年前の定年のときに職場から持ち帰った仕事関係の資料の数々が、まだ段ボール箱に詰め込まれたまま自宅に積まれているものもかなりあって、これらを思い切って断捨離する潮時なのだろうと思っています。

 奇しくも、転居する自宅の部屋番号が「111」号室、ははじまり・スタートを意味する数字。40年近くこの身にくっつけてきた余分なものをそぎ落してリセット、すっきりと再スタートしたいと願っています。

※  辺野古の行動もしばらく毎週行くことは無理だったり、ブログの更新も滞るかと思います。また、遠方の友人たちにはブログの更新が安否確認にもなっていますが、元気ですので、どうぞご心配なきよう!

※  写真は、先日、名護市大浦の集落で出会ったシーサーたちです。(記事の内容とは関係ありません)家々の塀や石垣に飾られていました。「集落の子どもたちの手作りかなぁ」と思いましたが、確認することができませんでした。

2019年11月4日リンクURL

GWの沖縄 ~ 那覇市場・壺屋 Myシーサーコレクション№15

10連休となった今年のゴールデンウィーク。那覇市内の繁華街はどこも人の波の洪水状態です。

<10連休2日目の那覇公設市場前>

 那覇公設市場の中で食堂を経営している友人に用があって、久しぶりに那覇市場に出かけました。途中、国際通りはまるで、お祭りの後のような人だかり。那覇の公設市場も、暮らしの場ではなく、すっかり観光地になってしまいました。

早々に用事を済ませて、壺屋に向け市場通りを抜け出そうしたところで、笑顔のシーサーさんを見つけ、ちょっとほっとしました。

壺屋通りも外国人も含め結構な人たちが散策しています。

 しばらくご無沙汰しているうちに、ちょっといい感じの新しいカフェができていたりして、いつの間にか私も観光客気分に。

満開の月桃の花も香っています。

 でも、やっぱり壺屋はシーサーですよね。私がカメラを向けていると、店主が出てきて解説してくれました。かなり著名な陶芸家の作品で、観光土産用大量生産の型抜きではなく、手びねりのシーサーとのこと。この一対で5~6万はするらしい。

 「シーサーは大好きだけど、とても買えないし、置く場所もないので、写真でシーサーコレクションしています」というと、苦笑いしていました。解説ありがとうございました!

 外国客だけでなく、国内客にも人気のようですね。今年のGW行く先ランキング、北海道に次いで堂々の第2位です。

ところで、2019年4月までの1年間に沖縄を訪れた観光客が999万9千人に達したということです。県は新年度1030万人を目指しており、観光客1000万人時代に突入です。

2019年5月1日リンクURL

あなたは誰を選ぶ?~辺野古のシーサー総選挙 ~ Myシーサーコレクション№14

以前(3月)にも紹介したこの愉快なシーサーさん。辺野古集落のあるお宅の庭で発見?しました。実は、彼・彼女らには他にもユニークなお仲間がいたのですが、スペースの関係で一緒に紹介することができなくて、とても心残りがしていました。

今週いっぱいゲート前行動が旧盆休みということになりましたので、ちょっと気を抜いた話題もいいかなと、再登場してもらうことにしました。

そのお宅はまるでシーサー館のよう。手入れの行き届いた庭にシーサーたちが集い、楽しそうに遊んでいるかのようでした。

お家の中を覗いて、何やらうわさ話でもしているしているのかな?

 

「のぞき見するな!」って、怒られそう。

見事な這い松の盆栽の陰にも狛犬風のかわいらしいシーサーがかくれんぼしていますが、わかるかな?玄関の横には、しっかり本来のお役目(魔除け)を担うシーサーさんがいます。

さて、個性豊かな5組のシーサーさんたちですが、あなたはどのカップルがお好き?

知事選、那覇市長選、宜野湾市長選、各地の議会議員選挙も目白押しですが、それらとは、全く関係ありませんので、どうぞよろしく。紛らわしくてスミマセン。

2018年8月20日リンクURL