安和桟橋にカヌー66艇結集 ~ 土砂搬出一年 安和海上大行動&連帯集会

 琉球セメント安和桟橋から土砂の搬出が始まってから1年目の今日(12月3日)、安和桟橋で抗議の海上大行動が取り組まれ、午前11時から連帯する集会が行われた。(安和桟橋は目的外使用、赤土防止条例違反などいくつもの違反、違法を重ね、沖縄県の改善命令をも無視して搬出が強行されている) 

 那覇を午前8時に出発、9時35分安和に到着すると、すでにカヌーが次々と結集していた。集会までにはまだ間があるので、ゲート前での抗議行動に参加。いつもは桟橋構内で控えている機動隊が、今日は前面にでて、規制を始めていた。

 

 それでも、抗議の人たちがゲート前をゆっくり歩くことで、赤土を満載したダンプは、信号が変わるごとに一台しか中に入れない。順法闘争・牛歩戦術が搬入を遅らせる効果を上げている。

 11時、海上大行動&連帯集会開催。次々海に繰り出してゆくカラフルなカヌーが、青い海に映えて美しい。 

 海上にはカヌー66艇、ゴムボート3隻、抗議船一隻の乗員メンバー総勢88名が、

 海上行動に呼応して、岸壁には150人が結集した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 主催者であるヘリ基地反対協の安次富浩さんと、オール沖縄会議の稲嶺進さんがそれぞれ挨拶。いくつもある抗議行動の現場の中でも、一番厳しい行動を強いられるカヌーチームの力強い働きを称えた。

海上からは、カヌーチームの代表二人が、激励に応えてあいさつした。

 この日、大規模な海上行動を警戒して、運搬船への土砂の積み込みはなく、桟橋には他の大型船が接岸していた。

 海上での船による搬出はなくても、構内に赤土を搬入するダンプが絶え間なく出入りし、道路反対側からも赤土の山が見えるほどに積み上げられていった。

 集会は約1時間で終了したが、那覇からバスで参加した私たちは午後もゲート前で行動を続け、午後3時に帰途に就いた。

 

2019年12月3日リンクURL

忙中閑あり ~ 沖縄市生涯学習フェスティバルに参加

 昨日の日曜日は、沖縄市の「生涯学習フェスティバル」に「琉球舞踊サークル」として参加してきました。

 実は、辺野古で踊っていることがご縁で、昨年一月から沖縄市で琉球舞踊のサークルを指導しています。元々は退職教師の方々で組織する共済会のサークル活動の一環ですが、沖縄市の中央公民館を稽古場として利用させて頂いているため、今回の「生涯学習フェスティバル」への参加となりました。

 

 まだ発足2年足らずのサークルですが、これまでに5回も発表の舞台を踏んでいます。今回踊っている演目は浜千鳥(チジュヤー)という琉球古典舞踊・雑踊りの一つです。

 

 皆さん退職教師の方々ですから平均年齢は70歳を超えていますが(登録24人中、この日は10名参加、この中の最高齢は85歳)、元気はつらつ、楽しいサークルです。 黒一点は、元中学の校長先生です。

 ところで、沖縄市の生涯学習フェス、とても賑やかでした。午前9時から午後4時まで、屋内、屋外2つのステージで、50演目(グループ)の舞台発表の他、体験型の様々なワークショップがあり、たくさんの市民が参加して、活気にあふれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民舞、太極拳、器楽演奏(さんしん)、棒術、屋外ステージでの子どもたちのエイサー、フラダンスなど演目も多彩で、舞台横ではミニFMによる実況中継も。

飲食コーナーではコーヒーや沖縄そば、カレーなどの提供もあり、たくさんの家族連れが楽しんでいる様子に、しっかりした地域コミュニティーの息遣いが感じられて、うれしくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月2日リンクURL

辺野古ピースキャンドル16年 ~ ある一家族の平和への 思い

 辺野古・キャンプ・シュワブのゲート前で、16年間 毎週土曜日の夕方、キャンドルを灯して、道行く車や米軍兵士たちに、新基地建設反対を訴え続ける家族がいる。

 平和への思いをどう表現するかは、人それぞれ。新基地建設への抵抗は、ゲート前へ座り込む人たちだけでない。週に一回とはいえ、暑い日も、寒い日も、雨の日も、風の強い日も、16年間休むことなく辺野古のゲート前で平和の灯をともし続ける人たちの姿に、こちらも胸が熱くなってくる。基地のゲートを出入りする米兵や、車で通りがかる人たちにも、その思いが伝わらないはずはない。

2019年12月2日リンクURL