女性が頑張ってる住民運動は必ず勝つ!~今日(8月8日)の辺野古

県民大会を前に設定された2週連続集中行動3日目。早朝から300名近くが座り込んだが、先週土曜日から工事車両は全く入っていない。

翁長知事の「撤回」表明を受けてゲート前の座り込みも元気いっぱい。「聴聞」をめぐって沖縄防衛局や、国道事務所へも分散して抗議や要請に行った。横柄な態度で市民の要請行動に対応した防衛局に「徹夜も辞さない!」と、強気の抗議の姿勢を示したのは女性たちだったという。「女性が頑張る住民運動は必ず勝つ!」と、この日のゲート前担当リーダーは、頑張る女性たちを持ち上げ、金武湾闘争など、過去の沖縄の市民運動の例を紹介した。

2週連続集中行動の8日間は、弁護団も張り付いている。

 

工事車両の搬入はないと見定め、座り込みはメインゲート前のテント下に移動して続けられた。


 

機動隊との対峙、ごぼう抜きがなければ、人々は笑顔にあふれ、歌・三線あり、踊りあり、感動のスピーチありで、辺野古ほど楽しいところはない。

全国の平和フォーラムをはじめ、県外からの参加者も多かった。

「ローザ・パークス」とは、人種差別と闘った、アメリカ人なら誰もが知る「公民権運動の母」。市民不服従とは、公権力の不当な扱いに抗議する行為。

来週には1500日を迎える不屈の座り込み。浜のテントでは8000日になろうとしている。沖縄の近現代でこれほど長期にわたった住民運動はない

                         

 

2018年8月9日リンクURL

県、国の「聴聞」延期要請を拒否

 沖縄県が、辺野古埋め立ての承認撤回に伴う「聴聞」を8月9日としたことに対し、沖縄防衛局は、準備が間に合わないので9月3日に延期してほしいと要請していたが、沖縄県はそれを拒否した。

 国の「聴聞」延期要求は、撤回の前に土砂投入を行い、県民に「もう埋め立てが始まり、後戻りできないというあきらめを誘い、この後に次々行われる選挙に利用しようとするものだ」として、新基地建設に反対する多くの県民の反発をかい、「延期を認めないよう」県に対し強く要請していいた。

2018年8月7日リンクURL

沖縄の夏を彩る ~ 一万人のエイサー踊り隊

那覇の夏祭り「一万人のエイサー踊り隊」が5日午後、国際通りで行われた。

 

24回目を迎えた今年は「伝統VS創作」をテーマに、各地の青年会やエイサーグループなど62団体およそ4千人が勇壮、優雅な演舞を披露したとのこと。

残念ながら仕事を終えて帰宅途中、最後のチームの演舞を、わずか数分垣間見ることができただけだけど、一応カメラに収めたので…。

昔ながらの伝統的なエイサーと、ポップな曲に乗せて斬新な振り付けのエイサーの競演で、国内外の観客を魅了したという。

道化役のチョンダラーの扮装が、外国からの観光客に受けて、あっちこちで写真をせがまれていた。

2018年8月7日リンクURL