両手に杖は突いても ~ 今日(2月10日)の辺野古

 6:50那覇を出るときは「暖かい!」と思ったが、午後少し過ぎるころから、陽が陰って風が冷たい今日の辺野古だった。

 当初2月7日までとしていた県独自の緊急事態宣言が2月いっぱいまで延期となり、辺野古の抗議行動も休止が続く。今日も水曜日担当の責任者を中心に、十数人から20人余で一日3回、少人数で座り込んだ。

 

 

 年に数回、東京から辺野古へ通うこの方は、両手に杖を突いても、みんなと一緒にゲート前を歩き続ける。

 今日も列をなしてやってくる生コン車、埋め立て資材を運ぶダンプの様子が少し変わった。先週から先導してくる県警のパトカーの姿が見えなくなったのだ。県民の批判が多かったのでやめたのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、先導はやめたが、相変わらず2台のパトカーが一日中基地内に待機している。一台に2名ずつの警官を詰めて。

 

 

 こんな鉄の資材が、あの青い海の埋立てに投入されているのだと思うと、涙が出そうになる。90㍍にも及ぶ軟弱地盤で、完成は不可能だと言われる難工事。もし中止!となったときに、このようなものを掘り起こして取り出し原状回復はできるのか、いったい誰が責任をとるというのだろうか!!

 帰り際に辺野古ヤギの夏子ちゃんたちに会いに行った。三つ子のうち2匹は、高江の農家にもらわれていったそうで、残った一匹と夏子ちゃん親子が仲良く迎えてくれた。

 

 

 

 

2021年2月10日リンクURL

戦没者の遺骨が眠る南部の土砂を辺野古の埋立てに使わせてはならない! ~ 宗教者大行動

 いまだ多くの戦没者の遺骨が眠る南部の山野が引きはがされ、新基地建設の埋立て土砂として辺野古へ運ばれようとしている。

 「戦没者の遺骨が混じった南部の土を、戦争の道具である基地建設に使うなんて、戦争の犠牲になって亡くなった人たちを二度殺すことになる」と、宗教者の方々が、各宗教の壁を越えてつながり声をあげている。

 今日(8日)、県庁前の県民広場で、「平和を求める宗教者の会」主催の緊急集会が行われた。11:00~15:00までの間、トークやビラ配り、歌など、リレー形式で道行く人たちに訴えた。

 

 <魂魄の塔近くの土砂採掘現場 20年11月>

 

 

 

 

2021年2月8日リンクURL

コロナ 早く収束してほシーサー! 

 すっかりシャッター通りと化してしまった那覇のメインストリート国際通り。久茂地側の入り口に鎮座するシーサーさんも、ちょっと変わったマスクで感染予防をアピールしながら、コロナの一日も早い収束を願っています。

 かつての国際通りは、那覇市場とともに沖縄中から買い物客が集まるショッピングのメッカでした。コロナ禍が始まる前の外国人観光客でごった返す国際通りしか知らない者にとっては「へぇー!」かもしれませんね。

 二つのデパートをはじめ、各種専門店、おしゃれな喫茶店、3つの映画館、和洋中華のレストランなど、地方から出てくる人たちにとっては憧れの国際通りだったのです。

 いまや観光お土産品通りになってしまって、県民は移動の途中通るくらいで誰も行きません。あまりにも観光客に頼りすぎた結果が、コロナ禍によるシャッター通り化です。

 観光の在り方、都市計画など、地元の人が暮らすことを中心とした本来の街づくりに向けて考え直すいいチャンスかもしれないと、私などは思います。

 

 

2021年2月8日リンクURL