沖縄の魔除け「サン」~ 8年目の3・11の日に

沖縄では、食べものを外に持ち出すとき、その食べ物に邪気が取りつかないよう、ススキの葉を結んでで魔よけとします。

それは「サン」と呼ばれ、遠足、運動会などのお弁当に祖母や母が、お守りとしていつも添えてくれたものです。

「邪気なんて迷信だ」と言ってしまえばそれまでですが、昔の人たちは見えないものへの畏怖と尊敬を身体で感じて、祈りで対応していたのではないでしょうか。

私もそのタイプの人間で、先月16日祭で渡嘉敷島へ里帰りした折、お墓にお供えの重箱にはしっかり「サン」を添えました。

先日、名護の道の駅・許田で「サン」をモチーフにしたストラップ ↓を見つけました。食べ物だけでなく、携帯やスマホに付ければ、お守りの役目をはたしてくれそうです。

今日は3・11。タイミングを逸して掲載していなかったこれらの写真 ↑ を、今日はなぜかアップする気持ちになりました。

 

3年前の五月、福島とと岩手県の石巻市を訪れました。

辺野古には、自らはまだ避難所暮らしをしながら、「安倍政権の新基地建設許せない」と、ゲート前の座り込みに被災地の方々が来られます。それなのに「私はまだ被災地に行っていない」という思いに駆られてのことでした。

ここ数日震災のニュースが多くなり、3年前の5月に尋ねた被災地・石巻市の大川小学校のことがしきりに思い出されて…。津波の犠牲になった児童らの魂安かれと、祈らずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16日祭のころの渡嘉敷島は、ちょうど深紅のケラマつつじが花盛りで、咲き始めたテッポウゆりの白とのコントラストが見ごろでした。

毎年、中学の卒業式、終業式に野でつんだ白いユリの花束を、島を離れる先生方に贈ったのを思い出します。今どきは、たぶん那覇の花屋さんで買った色とりどりの豪華な花束が好まれるのでしょうけど。

 

2019年3月11日リンクURL

2019年渡嘉敷島の正月風景

檻に入ったイノシシではかわいそうと、妹たちが、年女の私のために用意してくれたおせちの中の一品です。しっかり、しかもかわいらしく「亥」模様を…。持つべきはきょうだいたちです。

大好きな泡盛といっしょにいただきました。

いつもながらの港から見える「ぐすく」の風景。

漁船も、正月飾りをまとって。パワフルな雲が浮かんでいます。

北山(ニシヤマ)展望台から眺める慶良間海峡。お天気は悪かったですが,慶良間ブルーに輝いていました。今年はきっといいことがあると思います。

お昼過ぎには兄弟姉妹そろって産土の神社に初もうで。何年ぶりでしょうか!健康に過ごさせていただいていることに感謝しました。

国立青年交流の家の敷地内でニガナ(ホソバワダン)の花が芝生を彩っていました。

ツリガネニンジン(釣り鐘人参)もあちこちで見られました。小さな花たちに寒さも和らぎます。

 

 

 

 

 

 

ヤギさんんも、こちらの「おめでとう!」に笑顔で「メェ~」と、応えてくれました。

センスのいい民宿の看板。泊まってみたくなりますね。

渡嘉敷島のお正月風景、いかがでしたでしょうか?

2019年1月4日リンクURL

みるく(弥勒)世に向(ん)かて ~ 辺野古&渡嘉敷島から

   <2019年 元旦 渡嘉敷島>

今年はお天気が悪く、渡嘉敷島では初日の出は拝めませんでしたが、辺野古浜で行われているハチウクシー(初起し)に思いをはせながら、東の空に祈りを捧げました。

<2019年元旦 辺野古浜の初日の出:平和市民連絡会メーリングリポートより>

 友人が辺野古浜の様子を知らせてくれました。

明けましておめでとうございます。
今日のハチウクシーは400人近くが参加、心配していた雨も降らず、初日も顔をのぞかせて、元気をいただきました。
デニー知事がメッセージを寄せ、稲嶺進さん、4月衆院補選に出馬を決意した屋良朝博さんにも挨拶していただきました。

 

2019年1月4日リンクURL