春爛漫 ~ 辺野古の花たち

晩春の野山を彩る花たち。今日は辺野古周辺で見かけた花々を紹介します。

 辺野古キャンプ・シュワブの金網の中に咲くソウシジュ。ひめゆりの乙女たちが愛した花です。

 座り込みテント前の植栽の陰に群生するシロツメグサ。花をアップで撮ると…。ピンクと白のグラデーションが、何とも言えない優しさを醸しています。胸がいっぱいになり、涙が出そうになりました。いつまでも眺めていたい気持ちになります。

 座り込みテント横の花壇で花をつけたアマリリスの薄紅も優しい気持ちにしてくれます。ピンクという色の持つ波動なのでしょうか。

 

 浜のテント2の畑では、薬草・うっちん(ウコン)が花をつけていました。これもピンクですね。

 座り込みテント横の花壇で、ほぼ周年咲いている草花ですが、名前は分かりません。調査中です。ニオイバンマツリにも似ていますが、肝心のにおいがしないのです。ご存知の方があったら教えて下さい。

 辺野古集落の入り口で門番よろしく咲き誇っている県花「デイゴ」。鮮やかな赤は、沖縄の情熱の赤です。いや、怒りの炎の”赤”でしょうか!

 白いテッポウユリも満開、イジュの花も咲き始めていますが、シャッターチャンスを逃してしまいました。来週紹介出来たらいいなぁと思っています。

 

2021年4月24日リンクURL

シロツメクサ とロストボール

 辺野古行くときは、いつも県庁前発のバスに与儀公園前から乗り込みます。与儀公園周辺の樹木や花々の、季節の移ろいを見るのが楽しみです。
 いまはシロツメクサが、運動場一面に白い花をつけています。

  

 この中から、四葉のクローバーを見つけるのが、また楽しみの一つですが、辺野古へ行くときの早朝は、いつもギリギリの時間で滑り込みセーフの状態なので、まだ見つけられていません。

 

 野球をしていた子どもたちが、花に紛れて探せなかったのでしょうか、ロストボールが寂しそうにぽつんと放置されていました。

 でも、なんだか絵になっていますよね。

 次に来たとき子どもたちはきっと見つけてくれると思うので、拾わずにそっとしておくことにしました。

 

 

2021年4月3日リンクURL

アボカドの花 咲けど …。

 実家の庭に結構大きなアボカドの木があります。苗を植えてからもう十数年にはなるでしょうか。後ろのフェンスが180cmほどありますので、その倍の樹高はあると思います。

 そのアボカドが2カ月ほど前から花をつけ始めました。下の写真は咲き始めからひと月半くらいのたったものです。

 いまはもう、満開を過ぎて散り始めています。しかし、花は咲けど実がつかないのです。数年前にも一度花が咲き、アボカド大好きな我が家族は大喜びしたのですが、やはり実がつきませんでした。

 

 調べてみると、アボカドは一本の木に雌雄の花が咲くようですが、同じ木なのに雌花と雄花の開花時期が違うのだそうです。それで、雄しべと雌しべの出会うチャンスがずれてしまうため、結実しにくいのだとか。解決策としては木が複数本あれば、雌雄の開花時期が重なるチャンスが増え、実がつきやすくなるそうです。

 マンションについている小さな庭なので、これほど大きくなる木を何本も植えるスペースは、残念ながらありません。今年もまだあきらめたわけではありませんが、もしダメなら、「なるまで待とうアボカドさん!」と、気長に待つしかないようです。

 とは言っても、私を含め家族は後2~5年もすればみんな後期高齢者、「私たちが元気なうちに、実ってくれよな!」祈るような気持ちで、今日もアボカドの花を見つめています。

 

 

2021年3月19日リンクURL