風蘭(富貴蘭)咲く

スミレの花と並んで私が大好きな花の一つです。

 蘭といえば花の女王、大きくて華やか、ゴージャスなイメージがしますが、風蘭は、素朴で小さな白い花を咲かせる東洋ランの一種です。姿も何とも言えずいいですが、その名前がまたいいですよね。フウラン、風の蘭ですからね。

 この一株は2年前、高江に通っていたころに、名護の道の駅で見つけて買ったものです。隣のもう一つの株もつぼみをつけているので、二株が同時に咲きそろうとさらに見ごたえがあり、薫り高くなることでしょう。開花が楽しみです。(9月9日撮影)

 また風蘭(フウラン)は、富貴蘭とも呼ばれ、花の香りがよいことから、日本では古くから栽培されており、江戸時代に園芸種がたくさん生まれたそうです。

 富貴蘭は、日本から中国あたりにまで分布する着生蘭の一つで、日本では、関東より南の海岸沿いに自生しています。

 本来は野生種や原種を「風蘭」、その園芸品種を「富貴蘭」と呼びます。現在野生に自生しているものは絶滅の危機にあります。

 一方、富貴蘭と呼ばれる園芸品種は、江戸時代に観賞園芸植物として盛んに作り出され、今では100種を超えるとされています。

花言葉は、『恋の成就』『はかなげ』『成熟した魅力』『優雅な女性』

富貴蘭は、花の甘い香りに誘われて飛んできた蛾が、花粉を運んで結実します。「恋の成就」という花言葉はそこに由来しています。

二株目も開花(9月17日)しました。

2018年10月3日リンクURL

「シバサシ」と「シーサー」と「ニトベカズラの花」と

先日(9月19日)、所用があって渡嘉敷島へ里帰りしました。家々の門や角にサンが差し込まれているのに気が付きました。「シバサシ」です。

沖縄の風習の一つで、旧暦8月10日に行われる魔除けの行事です。ススキを束ねて「サン」と呼ばれる魔除けを造り、これに桑の枝を加えると「シバサシ」になります。家族の健康と無病息災を祈る古い習慣が、島では今でもしっかり息づいているのを知り、うれしくなりました。

こちらは門柱の上ですが、「シバサシ」の後ろに小さなシーサーがいるのがわかりますか?赤い花は「ニトベカズラ」です。シバサシシーサーニトベカズラのスリーショット。こんなシャッターチャンスは、そうそうめぐって来るものではありません。

塀の一面を覆うように見事に咲いたニトベカズラ。花に誘われてカメラを向けたら「シバサシ」に気が付きました。そしてそこに「シーサー」までいたというわけです。なんとラッキーな!

こんなに見事に咲きそろうニトベカズラもめったに見られません。

 

2018年9月21日リンクURL

辺野古に燃える ホウオウボク(鳳凰木)

今年は、ホウオウボクの花が格別美しい。各地で燃えるように咲いています。

 辺野古座り込みテントのはす向かい、キャンプ・シュワブ金網沿いの街路樹もホウオウボクです。

金網の向こう側はシュワブ基地。ネットで目隠しして新基地建設に伴う地下トンネル道路の改修工事が行われています。いったいどんな工事が行われているのでしょうね。

ホウオウボクは原産がマダガスカル島で、主に熱帯地方で街路樹として植えられているようです。
樹高が10-15mにもなる大木で、カエンボク、ジャカランダと並んで世界三大花木とされています。

樹冠が傘状に広がり、日差しの強い沖縄では道路に木陰を作ってくれる貴重な存在でもあります。鮮やかな花の色が、青い空にはよく映えて、遠くからでも目につきます。

 

2018年6月1日リンクURL