沖縄産シークヮーサーに認知症の予防と改善効果

 南国沖縄で採れる野菜や果物は健康効果が高いとよく言われますが、またまた朗報です。
沖縄やんばるの特産品・シークヮサーに含まれるある成分が、認知症の予防と改善に効果ががあると証明されました。

 <6月30日 琉球新報 ↑>

 超高齢化社会の日本、65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は推計15%、2012年時点で約462万人に上ることが厚生労働省研究班の調査で明らかになっています。 そして、その数が2025年には730万人へ増加し、65歳以上の5人に1人が認知症を発症すると推計されていますから、少しでもその歯止めになれば素晴らしいですね。

 このところ富に老人力がついてきた私にとってもうれしいニュースです。これまでも愛用してきましたが、売り切れないうちにと早速シークヮーサージュース買ってきました。

2020年7月5日リンクURL

癒しのエネルギーワーク~キャパシター

”キャパシター”とは、スペイン語で「命を引き出す」という意味だそうです。

1988年、内戦終結後のニカラグアで傷ついた人々が、貧困、依存、トラウマ的ストレスに対処する中で、簡単なマッサージや体操によって、こころとからだの健康を、自分自身で保つことができるような方法を分かち合ったことから始まった技法だということです。

 

以来、世界各地の戦争や災害、性暴力などで苦しむ人々に、自らを癒す方法を伝えるワークショップを、世界44か国で行ってきたとのこと。

今日、午前10から午後3時まで、沖縄で初めて行われたキャパシターのワークショップに参加してきました。講師はキャパシターの創設者であり、心理学者で生命科学士のパトリシア・ケインさん。

内容は、ヨガや気功、指圧、太極拳など東洋医学の知恵と、タッピングなど西洋の医学理論を組み合わせ、トラウマからの解放やからだの痛みにの解消にとても効果的な技法として確立されています。簡単で分かりやすく、特に日本人にはなじみやすい健康法だと思います。

昼食を挟んで5時間のワークでしたが、あっという間に時間が過ぎていました。

<↑キャパシターの創設者・パトリシア・ケインさん。70歳とは思えないつやつやピカピカのお肌が印象的でした。先週ニカラグアから帰ったばかりで、沖縄でのワークの後は来週アフガンに行かれるそうで、元気に世界中を飛び回っている。>

キャパシターの特徴は、「上の者が下の者へ教えるのではなく、対等な立場で伝える。だから私は先生ではない。上下の関係で癒してもらうと、そこに依存が生じてしまう。自らを癒し、他の人も癒せることが大事」と、パトリシアさん。

昨日は辺野古、高江に行ってきたとのこと。「アメリカが世界中で戦争起こし、各地の紛争に加担していることが恥ずかしいと思い、自分にできることとしてキャパシターを始めたというパトリシアさん。

「米軍基地があることで、苦しみを受けている沖縄で、ぜひこのキャパシターが役に立ってほしい。広めてもらいたいと願っている」と、参加者に呼びかけていました。

2017年11月14日リンクURL

「ひとさじの はちみつ」 前田京子著

こんなにワクワクしながら先を急いで本を読んだのは、本当に久しぶりでした。
「ひとさじのはちみつ~自然がくれた家庭医薬品の知恵」。著者は前田京子さんという2014年に発刊された「はっか油の愉しみ」で話題になった人です。(残念ながら私は読んでいませんが…)

ひとさじのはちみつ 

「砂糖は健康に悪い」ということから、砂糖に並んで甘さの代表格である「はちみつ」を、砂糖とは違うと思いつつも、無意識にどこか敬遠しているところがありました。どうしても甘さが必要な時に、次善の策として「はちみつ」を使う、という感じです。

ところが、なんと「はちみつ」は、世界的にメディカル・ハニィー(医療用はちみつ)の分野が確立しつつあるすばらしい食品らしいのです。
この本の帯にはこう書いてあります。
「風の予防薬、咳止め、喉のイガイガ解消に。花粉症の症状緩和、胃腸薬、歯磨き、目薬、スキンケア、入浴剤にも。いろいろな不調に効き目!はちみつの薬効」

そう言われて思い出しました。子どもの頃、冬になると唇が荒れ、血がにじむほどガサガサになることがよくあった。そんなときはいつも母が「はちみつ」を塗ってくれて、一晩眠って目が覚めると、すっかりつるんとして気持ちのよい唇に戻っていたことを。
大人になってからも、始終「胃が痛い」と口癖のように言う私に「寝る前にはちみつをなめなさい」と、母はよく言っていたなぁ。

 はちみつを摂りなさい……                                                           容姿を美しくし、頭脳を明晰にし、身体を強くするために。                                                      —————– ヴェーダ(紀元前千年頃のインド最古の聖典)

ちなみにこの本の目次を一部紹介すると、

*寝覚めのはちみつは脳に効く

*はちみつは虫歯菌を退治する

*はちみつが特に効く傷・やけど

*はちみつが、しみ、そばかすに効き、肌を白くすると言われてきたわけは?

*白内障、角膜炎、結膜炎の治療報告、

*はちみつ水とデトックス蜂 イラスト 白黒

これは目次のごく一部です。ピロリ菌の治療報告もあります。

わたしがこの本に惹かれたのは、薬ではなくたべものに薬効があること。どこの家の台所にもあって、決して高価すぎるものではないこと。民間療法として長い伝統があること。現代医学でも検証が進んでいること、などです。副作用はありませんので、試してみる価値はありそうです。

ただし、基本的な条件があります。それは本物のはちみつであること。増量剤的に水あめを混ぜているものや、熱処理がしてあるものが出回っています。それにはほぼ薬効は望めないそうです。

そして、やはりカロリーは高いですから食べすぎは禁物。特に体重を気にする人や、肥満が影響をあたえる疾患(糖尿病など)を抱えている方などは要注意と言うことです。だから「ひとさじのはちみつ」なんですね。

はちみつの種類や選び方、毎日の生活の中での具体的な活用法など詳しく書かれています。興味のある方はどうぞ。私はこの著者や出版社の回し者ではありません。念のため(笑)

2016年8月28日リンクURL