オールド映画ファンにはたまらないファンタスティックなレストラン

 昨日(15日)は、仕事がらみではありますが、恩納村まで出かけました。取材会場となったレストランがとてもユニークなんです。まずは外観がこれです。

 特に映画好きではなくても、よく知っている国内外の映画のポスターがズラリ。私たち世代(あえて何時とは言いません)の青春時代の思い出を彩った映画の名場面が、頭の中のスクリーンによみがえってきます。

 店内ももぎっしりポスターやチラシが貼り巡らされています。

 窓の外にはステキな白い砂浜が広がっており、遠望も素晴らしい。この日は、あいにくの曇り空で空の色、海の色はちょっと冴えなかったですが、天気の良い日は一日中眺めていても飽きないくらいです。

 窓の下は砂浜で、すぐに降りることができます。10分ほどの散策で、きれいな貝殻をいっぱい拾ってきました。ほとんどがタカラガイで他の貝殻はあまり見つかりませんでしたが…。

 

 砂浜から遠く名護湾に目を向けると、沿岸にズラリと高級リゾートホテルが建ち並んでいます。

 オーナー肝入りの庭も素敵です。(写真をクリックすると拡大します)

 

 

 

 

 

 このレストランのメニューがこれまたユニークなのです。

 レストランの名前は「マリブハウス」。かつては沖縄の人なら知らない人はいないというほど、超有名なステーキハウスでした。

 ところが、今から10年ちょっと前、オーナーシェフが、体中の軟骨がすべて硬い骨になってしまうという不治の病に侵され、厨房に立つこともできなくなりました。医者から不治宣告を受けて車に戻って泣き崩れていたときに、たまたまカーラジオから流れてきたラジオ番組の「病は食の過ちから」というパーソナリティのことばが心に響いたそうです。

 それがきっかけでラジオ番組が勧める食事療法と、自ら編み出した手技による施術で、不治を宣告された病を克服します。

 しかし、「食の過ちを正し、自分が元気になったのにお客さんにステーキを提供するのは不誠実だ」と考え、大繁盛していたステーキのメニューをきっぱいとやめました。すごい決断です。

 現在の看板メニューはこれです。

 基本は玄米食。カレー、シチューの他に玄米を使った和洋中華の麺料理、ケーキ、味噌・醤油などの調味料類もあります。

 オーナーは、病に苦しむ人に食事法を指導し、希望する人には病気が治るまで毎週一回無料で、彼が開発した「手技(マッサージ)」を施術しています。

 この10年間で500人以上の人たちを健康に導いてきたそうです。その中にはいま Jリーグで活躍する沖縄出身のプロサッカー選手もいます。ただし、彼が指導する食事療法はグルメ志向の方には、かなり厳しい療法です。

 きのうマリブハウスを訪れたのは、毎年行われている、オーナーの指導で健康を回復した人たちの「体験発表会」を取材するためでした。

 体験談の中で、あの喜納昌吉さんが、最近久々に店を訪れ、メニューにびっくりして「ステーキ食べに来たのに…」と怒っていた、というエピソードが話されていました。でもカレーを「美味しい!」と食べて帰ったそうです。

 

 

2020年11月16日リンクURL

沖縄産シークヮーサーに認知症の予防と改善効果

 南国沖縄で採れる野菜や果物は健康効果が高いとよく言われますが、またまた朗報です。
沖縄やんばるの特産品・シークヮサーに含まれるある成分が、認知症の予防と改善に効果ががあると証明されました。

 <6月30日 琉球新報 ↑>

 超高齢化社会の日本、65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は推計15%、2012年時点で約462万人に上ることが厚生労働省研究班の調査で明らかになっています。 そして、その数が2025年には730万人へ増加し、65歳以上の5人に1人が認知症を発症すると推計されていますから、少しでもその歯止めになれば素晴らしいですね。

 このところ富に老人力がついてきた私にとってもうれしいニュースです。これまでも愛用してきましたが、売り切れないうちにと早速シークヮーサージュース買ってきました。

2020年7月5日リンクURL

癒しのエネルギーワーク~キャパシター

”キャパシター”とは、スペイン語で「命を引き出す」という意味だそうです。

1988年、内戦終結後のニカラグアで傷ついた人々が、貧困、依存、トラウマ的ストレスに対処する中で、簡単なマッサージや体操によって、こころとからだの健康を、自分自身で保つことができるような方法を分かち合ったことから始まった技法だということです。

 

以来、世界各地の戦争や災害、性暴力などで苦しむ人々に、自らを癒す方法を伝えるワークショップを、世界44か国で行ってきたとのこと。

今日、午前10から午後3時まで、沖縄で初めて行われたキャパシターのワークショップに参加してきました。講師はキャパシターの創設者であり、心理学者で生命科学士のパトリシア・ケインさん。

内容は、ヨガや気功、指圧、太極拳など東洋医学の知恵と、タッピングなど西洋の医学理論を組み合わせ、トラウマからの解放やからだの痛みにの解消にとても効果的な技法として確立されています。簡単で分かりやすく、特に日本人にはなじみやすい健康法だと思います。

昼食を挟んで5時間のワークでしたが、あっという間に時間が過ぎていました。

<↑キャパシターの創設者・パトリシア・ケインさん。70歳とは思えないつやつやピカピカのお肌が印象的でした。先週ニカラグアから帰ったばかりで、沖縄でのワークの後は来週アフガンに行かれるそうで、元気に世界中を飛び回っている。>

キャパシターの特徴は、「上の者が下の者へ教えるのではなく、対等な立場で伝える。だから私は先生ではない。上下の関係で癒してもらうと、そこに依存が生じてしまう。自らを癒し、他の人も癒せることが大事」と、パトリシアさん。

昨日は辺野古、高江に行ってきたとのこと。「アメリカが世界中で戦争起こし、各地の紛争に加担していることが恥ずかしいと思い、自分にできることとしてキャパシターを始めたというパトリシアさん。

「米軍基地があることで、苦しみを受けている沖縄で、ぜひこのキャパシターが役に立ってほしい。広めてもらいたいと願っている」と、参加者に呼びかけていました。

2017年11月14日リンクURL