今度は抗議行動の現場で死亡事故 ~ 警備員が死亡、抗議行動中の女性が大けが

 何ということだろうか!

 辺野古への土砂を搬出する安和桟橋で、土砂を運ぶダンプに轢かれて警備員の男性が死亡。牛歩戦術で抗議行動をしていた女性が、巻き込まれて骨盤骨折の大怪我をしたという。

 毎週水曜日、一緒に辺野古へ通う私たちの大切な活動仲間である。ゲート前の座り込みで歌のリード役をつとめ、歌のお姉さんと慕われるステキな人だ。手作りのパンやケーキをふるまい、みんなを笑顔にする達人でもある。毎週金曜日には安和にも抗議行動に行っていた。なんということだ!大きな声で泣き叫びたい衝動に駆られる。

 安和桟橋前での抗議行動の様子。土砂を運ぶダンプの前を、牛歩戦術で時間をかけて歩き搬入を遅らせる。ときどき牛歩にいらだち、警備員の制止を無視して突っ込んでくるダンプがある。起こるべくして起こった事故の感がする。

 この事故を口実にして、今後、安和だけでなく辺野古ゲート前や塩川港などでの抗議行動に、規制がかけられるのではないかとの懸念が、広がっている。

 

2024年6月28日リンクURL

他にも米兵の強姦事件 ~ 1月から5月に4件も

 もう発する言葉も見つからない。

 昨日、女性たちが怒りの記者会見をしたばかりだが、今朝の琉球新報一面トップ記事に絶句した。今年1月から5月にかけて、他にも米兵の強姦事件が4件もあったというのだ。県警は、報道発表はせず、姑息にもしれっと犯罪統計に記載されていた。発表しなかったことについて県警は「被害者保護」を理由にしているが、もし12月の事件が公になっていれば、1月以降の事件は起きなかったのではないかと、悔やまれる。

                     <琉球新報 6月28日>

2024年6月28日リンクURL

誰が、なぜ、何のために隠蔽したのか! ~ 「少女レイプ事件」 女性たちが怒りの記者会見

 事件は、昨年12月24日、多くの子どもたちが家族や友人たちと楽しく過ごすクリスマスイブの日に起こっていた。屈強な米兵に突然襲われた16歳の少女が、どれほどの恐怖と絶望、屈辱感、心身の痛みに陥れられたことか、同じ女性として、想像するだけでも胸がえぐられる思いがする。そんな少女の勇気ある訴えを、半年もの間握りつぶしていたのは、誰か?なぜ?何のために? 

 「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」の呼びかけで、今日午前中10から県庁記者クラブで、県内の主なる女性団体の代表らが、抗議の記者会見を行った。

 糸数慶子共同代表が抗議と要請文を読み上げ、高里鈴代共同代表がこれまで起こってきたこれまでの事件を通して、米軍にやりたい放題をを許している不平等な日米地位協定の問題や、軍隊の構造的暴力について強調するとともに、「加害者の米兵はすでに保釈され、嘉手納基地で拘束れているとのことだが、過去には保釈中に本国へ逃げ帰った例が何度もある。メディアの皆さんも、加害者が基地内でどのように過ごしているか、しっかり調べて報道するとともに、なぜ公表が遅れたのか、米軍、外務省、県警を追及して明らかにして下さい」と、メディアの在り方にも注文を付けた。

 他のメンバーからも、今回事件の公表が遅れたのは、県議選、辺野古基地の問題など、政治的な理由から意図的に隠ぺいされた可能性があるとして、次々抗議の声があがった。

 今回の事件に関して、各方面から抗議の声があがっているが、今後女性たちは、女性が呼びかける抗議集会はじめ、大規模な県民大会、県外の女性たちにも呼びかけ、直接国への抗議行動を展開することなどとを検討している。

 

 

2024年6月27日リンクURL