今日の辺野古(10月8日)

早くも台風19号の影響が出て
今日の海上抗議行動は中止となった辺野古浜。

CIMG0550

それでもカヌー隊は訓練のため沖へ出ていく。

CIMG0553

テントの中もいつもより人数も少ない。

CIMG0546

CIMG0548
すわ座り込みの日数を表す看板の数字だけが
増えていく。

CIMG0544

辺野古基地(キャンプシュワーブ)のゲート前では
基地へ出入りする工事車両に抗議が続く。
今日はいつになくおびただしい数のコンクリートミキサーが
出入りしていた。基地の中で何が行われているのか!

DVC00026.JPG

DVC00018.JPG

ゲート前の座り込みには今日も多彩な人々が参加。

DVC00033.JPG

デモや拳を突き上げるだけでなく
歌や踊り、スピーチとこれまた抵抗のスタイルも多彩。

にわかコーラス隊はユーモアたっぷりの抵抗の歌(替え歌)を披露。

DVC00029.JPG

オーストラリアから来たという親娘は
「18年もあきらめずに抵抗を続けている沖縄の人たちの姿に感動した。
応援したい」と語った。

DVC00037.JPG

三味線に合わせてカチャーシー(踊り)も飛び出す。

DVC00027.JPG

2014年10月8日リンクURL

ジャンボ・オクラ

 ジャンボオクラという種類の「オクラ」があるわけではありません。
一週間ほど留守をしている間に
育ちすぎてジャンボになってしまった実家の庭のオクラたちのことです。

左端の小さいのが普通サイズのオクラ

左端の小さいのが普通サイズのオクラ

私の手のひらの二倍はある

私の手のひらの二倍はある

 

 

 

 

 

 

 

 

この中で大きいのは23センチ。
中でも大きいのを持って帰った妹によれば、
一番大きいのは26センチもあったそうな。

「食べれた?固くなかった?」と聞くと
「なんだか怖くて、料理する気にならない」とのこと。
それでは私が!と、今日収穫した中から1~2本試食してみました。

大丈夫!確かに少々筋が感じられるがまだ種も柔らかく
充分に美味しい。

半畳ほどのオクラ畑

半畳ほどのオクラ畑

「庭のオクラ」というと、なんだかかっこいいのですが、実は母が住んでいたマンションの部屋が一階にあり10坪ほど専用で使える庭が付いていて、
ゴーヤー、パパイヤ、グアバなどの他、ニガナ、ヨモギ、ニラ、ネギ、サクナ、アロエ、ハンダマ(スイゼンジナ)、サクナ(長命草)など、20種以上の食せる植物の恩恵を受けています。

オクラの花

オクラの花

 

 

 

 

 オクラは母が入院してから植えたので
実ったオクラを食べることなく母は逝ってしまいました。
間もなく母の百か日の法要。
「ちょっと育ちすぎだけど…」と言い訳しつつ、
テンプラにして仏前にお供えしようと妹たちと話しています。

<追記>
オクラたちの名誉のために言っておきますが
育ちすぎたのは「オクラ」が悪いわけではありません。
タイミングよく収穫するのを怠った私たち人間のせいです。

2014年9月23日リンクURL

止めよう新基地建設!6.20県民大行動

今朝の新聞(琉球新報)

CIMG0452

辺野古の浜を埋め尽くした5.500人の熱い想いが

台風の雨も押し返したかのような晴天の下、集会は開かれた。

CIMG0427

CIMG0429

CIMG0442

CIMG0444

CIMG0445

CIMG0453

前回の8・23集会に関して

メディアから感想を問われた管官房長官は、

3.500人が目に入らなかったらしく

「空からは確認できなかった」と答えていたが

さて、今回の5500人には何と答えるのだろうか。

辺野古浜の「砂粒かと思った」とでも

言うだろうか?

2014年9月21日リンクURL