米軍基地でクラスター発生 ~ 61人コロナ感染

 11日、玉城デニー知事は「在沖米軍基地でのコロナ感染が61人に上り、クラスターが発生した」と発表した。(追記:12日には62名、13日には94人、14日には99人になった)

 <7月11日 琉球新報 ↑ ↓>

 世界で最大の感染者地域であるアメリカ合衆国から移動してきた米兵が大勢いる中で、アメリカ独立記念日の7月4日前後、米軍関係者が数百人規模で、バーベキューやビーチパーティーなどのイベントを、基地の内外複数個所で行っていたということが分かっており、それがクラスターの原因になった可能性もある、とみられている。

 

<追記>~米軍関係者のコロナ感染者94人に

沖縄県の大城玲子保健医療部長は13日午後、県内で新たに普天間飛行場で32人が新型コロナウイルスに感染したと米軍から報告を受けたことを明らかにした。7日からの1週間で、米軍施設4カ所で、計94人が感染したことになる。2日のキャンプ・マクトリアスの1人を加えると、今月に入って在沖海兵隊関係者で95人目(13日現在)。  

2020年7月12日リンクURL