ブログを移転しました

都合により閉鎖中だったブログをこちらへ移転しました。

 

前ブログの過去記事も 一部引き継ぎ見られるようにしました。

 

新ブログは、沖縄から平和のメッセージを中心に

うちなぁ的つれづれをつづって参ります。

引き続きご愛読よろしくお願いいたします。

 

よろしくネ!

 

 

 

 

2012年10月24日リンクURL

沖縄の新聞から~米軍、沖縄で枯れ葉剤使用(ベトナム戦争時)~

今朝の沖縄タイムスの記事です。

北部には、県民の水がめ(ダム)あるのに!!!

記事より

「米軍がベトナム戦争での実践を前に、

1960年から約2年間にわたり、国頭村と東村の米軍北部訓練場内と周辺一帯で

猛毒のダイオキシンを含む枯れ葉剤「オレンジ剤」の試験散布をしていたことが分かった。

当時の枯れ葉剤散布作戦の立案に関わった米陸軍の元高官が、

沖縄タイムスの取材に対して明らかにした」

 

 つまり、米軍はベトナムでの実践を前に、沖縄県民をモルモットにして

枯れ葉剤の効果を試していた、ということです。

 

 ベトナム戦争では、枯れ葉剤の影響で

たくさんの奇形児が生まれたことはよく知られています。

その典型的な例が結合双生児「ベトちゃん・ドクちゃん」です。

ベトナムでは、第二、第三のベトちゃん・ドクちゃんが

いまも生まれ続けています。

 

それだけではありません。

当時ベトナム戦争に従軍した米軍兵士が、退役後

たくさんガンなどの病気で命を落としています。

 

 

その枯れ葉剤が沖縄でも散布されていたことは

以前から言われていましたが、

公式な記録がないため、米軍も日本政府もずっと否定し続けていました。

 

 しかし、枯れ葉を詰めたドラム缶を

捨て場に困って、北谷町の基地に埋めたという元米兵の証言が

先月(8月14日)の新聞で報じられ、

沖縄県民は、改めて衝撃を受けました。 

 
 
 
 

 

8月14日の記事

 

 これが、米軍・日米安保の実態です。

人間の命を損なうことを何とも思わない。

しかし、それは当然と言えば当然のこと。

戦争とは、殺し殺されることだから…。

 

 戦争に正義などないことを

武器で、平和など創れないことを

私たちは、改めて認識しなければなりません。

 

  

 

 

 戦後66年間も、外国の軍隊が駐留し続ける沖縄では

日常茶飯事でこのような理不尽なできごとが起こっています。

しかし、沖縄のマスコミ以外の中央メディアは、

ほとんど報じることはありません。

 

 ささやかなブログではありますが、

地元の新聞記事を通して、県外の皆さんに

沖縄の出来事を伝えていけたらと思っています。

 

 

2011年9月6日リンクURL

抵抗の風船揚げ

  

 青空に映える色とりどりの風船。

でも、風船揚げを楽しんでいるわけではありません。

ここは普天間基地近くの公園。

 

普天間基地は

「世界一危険な基地」とアメリカ政府も認めたほど

日本の法律にも、アメリカの法律にも違反した

本来なら「あり得ないヘリ基地」なのです。だからアメリカはこの基地を「返還する」と宣言しました。

しかし、それは条件付きでした。

「代わりの新しい基地をつくって提供しろ」という条件でした。それが「辺野古新基地問題」です。

 

 

その辺野古への移転が、県民の反対で

15年も着工できないまま今日を迎える中

業を煮やした日・米政府は

まるで脅しのように、世界一危険な普天間基地を

固定化・強化することを示唆。

何度も事故を起こし

欠陥機としておそれられている

垂直離着陸大型ヘリ・オスプレーの配備を

このほど正式に発表。

(米軍はかなり前から明らかにしていたが、

住民の反発をかうとして、

日本政府は隠し続けていた)

普天間基地の近くに住む住民たちが

起こり続ける基地の騒音、事件・事故に抗議して揚げた風船です。

風船を揚げることで、ヘリが通常通りに

飛ぶことができず、演習や飛行航路の変更が余儀なくされます。

女性たちが考え出した「非暴力の抵抗」です。

空から見た普天間基地

 普天間基地がなぜ危険かは、この写真を見れば、一目瞭然でしょう。

町のど真ん中、フェンス1枚を隔てて、住宅や学校がたくさんあります。

 こんなところに基地はもちろん、飛行場があってはいけないのです。

現に、普天間基地は、法律的に「空港」として認められていません。

だから、住民が罰せられることなく、

その近くで天高く風船を揚げることが出来るのです。

 昨日は、普天間基地の周辺5カ所で70個の風船が、青空を彩りました。

 

 

2011年8月11日リンクURL