桜咲く~旧正月

 大寒の東京に積雪のニュースが流れる中、
旧正月を迎えた沖縄は、
南の八重山からは田植え、北のやんばるからは、の便り(三分咲き)が届きます。

寒緋桜

  

 

 昨日は旧歴のお正月の元日。
私が子どもの頃(昭和20年代)まで、沖縄では旧正月が一般的でした。

 

 しかし、日本復帰のあとの時代の流れと

丁度この季節は、

沖縄の基幹産業であるサトウキビの収穫期と重なり、
農繁期に当たるため、

次第に新暦のお正月へと移行して行きました。

 

 

いま、わずかに漁業の盛んな地域で旧正月の風景が残っています。

漁業の町で知られる「糸満漁港」の大漁旗

 

新聞記事は 

「漁港に停泊する漁船には

色とりどりの大漁旗が掲げられ、

 

海の神をまつる白銀堂では、

地元の女性らが家内安全や

一家の健康などを祈った」と、地域の話題を伝えています。

2012年1月24日リンクURL

迎春~弥勒世果報

お正月は

ふるさと・渡嘉敷島で迎えました。  

 
 

慶良間海峡~渡嘉志久から

 

門松はとても質素です。

山から、松の枝を一本切り出して飾るだけ。

ずーっと昔からのそうでした。

我が家の門松

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

鉢植えのクロトンが彩を添えます

  

 

 

 

 今年も

どうぞよろしくお願いいたします。

 

2012年1月3日リンクURL