添田充啓さんを偲ぶ会

高江・辺野古で抗議活動をしたとして、山城博治さん、稲葉博さんと共に、不当な逮捕拘束された添田充啓さんを偲ぶ会が、29日那覇市内の八汐荘で行われた。

共に裁判を闘った山城博治さんが実行委員長となり、長期にわたった拘留中に、面会や裁判所前での激励行動を続けてきた仲間たちが集まり、添田さんの冥福を祈った。

   <主催者を代表してあいさつする山城博治さん>

添田さんは、2013年、街頭で人種差別と対峙するカウンターに身を投じ、「男組」を結成。16年には高江のヘリパッド反対運動に加わり、公務執行妨害と傷害の罪で逮捕。今年3月14日に執行猶予付き有罪判決が確定した。その後病気療養中だったが去る4月に容体が急変し、亡くなった。(沖縄タイムス記事)

裁判を支えた担当弁護士や、男組の仲間、逮捕拘留中激励行動を行った沖縄の人たちが、「おちゃめで、気弱なところもあった」など、知られざる添田さんの一面を語り合い、在りし日を偲んだ。

<一緒に「沖縄平和運動弾圧裁判」を闘った稲葉博さんと仲間たち」

沖縄に来る前、不適切な行動があったことも明らかにしたうえで、共に沖縄の抵抗運動を闘った仲間として、連帯に感謝し、冥福を祈った。

 

 

2018年6月30日リンクURL