がってぃん ならん!

 

がってぃんは<合点>
合点できない、納得できないの意
それだけではなく、そこには、「絶対に許せない」という強い気持ちが込められている。

政府が開催した「4・28主権回復の日記念式典」に抗議して
沖縄県民が開いた集会の合い言葉である。

がってぃんならん 4・28大会

ゴールデンウィークにもかかわらず1万人以上の人々が詰めかけた。
会場に入りきらない人々が、周辺の広場や木立の影で暑さをさけながら、会場からもれてくるマイクの声に耳を傾け、拍手を送っていた。

DVC00233.JPG

 

 

壇上に顔をそろえた発言者たちから

次々に、語られる「日本」の「沖縄」に対する理不尽な仕打ち。

辺野古を抱える名護市の稲嶺市長は

「”ならんしぇならん(ならぬことはならぬ!)と声を上げよう。DVC00238.JPG

黙っていることは、認めることなる」

 

女性代表の伊志嶺雅子さんは

「4・28で切り捨てられた沖縄で、

米兵に辱めを受け、傷つけられ、殺された女性・子どもは多数にのぼる。DVC00241.JPG

しかし、米軍の占領下では、加害者の米兵は処罰されることはほとんどなかった。

許せないのは、この情況が今でもほとんど変わらないことだ

 

父親が集団自決の生き残りという座間味村の村議会議長の中村秀克さんは

「復帰後、同級生の母親が米兵の車にひかれて死亡したがDVC00235.JPG

加害者の米兵は無罪になった。

今も差別的な安保条約・地位協定が残っている以上、

日本は主権国家ではない。

 

戦時中、学徒動員され看護隊として日本軍傷病兵の手当に従事した

白梅学徒隊の中山きくさんはDVC00243.JPG

「この同じ時間に政府の式典が行われていることに

不条理と無念さを感じている。

61年間の沖縄の苦悩を全く顧みない歴史認識を欠いた

心ない行為だ。これ以上の沖縄差別は許されない

 

若者代表、中部地区青年団協議会の若者たちは

4・28を知らなかった若者たちも壇上に

4・28を知らなかった若者たちも壇上に

「正直に言うと、4・28が屈辱の日と呼ばれるようになったいきさつを

知らなかった自分たちがいることにショックを受けた。

これを機会に、自分たちのような若者たちに

少しでもこの事実を知って貰いたいと、この壇上に上がることを決めた。

これからみんなで沖縄、日本の未来を考えるきっかけにしたい」

 

大会の模様を地元紙は、以下のように伝えた。(琉球新報)

DVC00234.JPG

地元紙の記事
(29日 琉球新報)

 

 

地元紙の記事 (29日 琉球新報)

地元紙の記事
(29日 琉球新報)

 

 

 

 

 

 

 

2013年4月30日リンクURL

シーミー(清明祭)

 

シーミー(清明祭)沖縄のご先祖を大切にする風習のひとつ。
太陰暦の季節区分・二十四節季のひとつ「清明の節」期間中に、
親族がうち揃い、重箱に詰めたご馳走を持って集まりご先祖のお墓参りをします。

DVC00202.JPG

お祈りが済んだら、お供えしたご馳走のお下がりを、お墓の中庭でひろげ、皆でいただきます。

 
芸達者な人が居る場合には、歌や踊りも飛び出し、さしずめ満開のさくらの下で繰り広げられるお花見会かピクニック、
という感じでしょうか!

 

 

ご先祖を一にするこの親族の一団を門中(むんちゅう)といい、大きな門中になると何百人なんていうのもあります。

これだけの親族が一堂に会するなんてそうはありませんから、

お重の中味

お重の中味

この機会にと、この一年間に結婚した人、生まれた赤ちゃん、高校や大学へ進学した若者の紹介、その他の近況報告など、門中の総会のようなことを行う一門もあります。

 

今年の清明の節は4月12日から15日間で
本来ならこの期間にお墓参りをしなければならないのですが、今どきは一同が集まりやすいよう清明節前後の週末土・日や
GWの連休に行うところも少なくありません。

シーミー ①

 

清明祭の風習は同じ沖縄の中でも地域によって違いがあり、神々の島と言われる久高島では、お墓参りはなく、お家のお仏壇の前で行うそうです。

ちなみに私の故郷・渡嘉敷島では「清明祭(シーミー)」は行いません。

2013年4月27日リンクURL

沖縄は日本ではないのか!

「4・28 主権回復の日を祝う式典」が開催されるという。

この国は、「なんという国だ!」と、またまた思う。

戦後、米軍に土地を強制接収され作られた「普天間基地」

戦後、米軍に土地を強制接収され作られた「普天間基地」

 

「サンフランシスコ講和条約」と言われても多くの日本国民はなんのことだかわからないだろう。

第二次世界大戦が終わり、米軍の占領下に置かれた日本がこの条約の締結により、沖縄・奄美、小笠原を切り離し米軍に引き渡すことを条件に、
日本本土は独立・主権回復した日(講和条約が発効した日)が、
1952年4月28日である。

 

今年になってどんな思惑があってか
この日を「日本の主権回復の日」として祝賀式典を開催すると、政府が言い出した。

「4・28」は、沖縄にとっては、日本人としての主権を失った「屈辱の日」として
毎年、抗議集会が開催されて来たのだ。

基地に反対する県民大会

基地に反対する県民大会

かの4・28以来
住む家・土地は基地に奪われ続け、未だに故郷に帰れず、
人権は無きに等しく(米軍車両にひき殺されても、米兵に女性や子どもが強姦されても犯人は無罪放免)
危険な基地を沖縄に押しつけながら、日本の安全保障という欺瞞、傲慢。

あなたの裏庭に基地があったら、どう思いますか?

あなたの裏庭に基地があったら、どう思いますか?

いまなおオスプレイ、PAC3、新基地建設と軍事化が強行され続ける沖縄を尻目に
沖縄を切り捨てた日を「日本が完全に主権を回復した日」として祝うという。

それは「沖縄は日本ではない」という宣言に他ならない。

そういう人々に限って「尖閣諸島は日本固有の領土」などという。矛盾もいいところだ。

何でも米国のいいなり(対米追従)、安全保障も、TPPも、核開発(原発)も、外交も、
そんな日本が果たして独立国と言えるのか。

「主権回復の日を祝う式典」に沖縄県知事(自民党だけど)は出席しない。
全国47都道府県で、知事が出席するのは19都道府県(4割)のみ。
それでも強行する意図はどこにあるのか?
同じ日の同じ時間、沖縄では抗議集会が開かれる。

2013年4月26日リンクURL