土砂等投入から4年! 海上大行動 ~ 12月14日の辺野古

 4年前の、あの表現のしようもない悲痛の思いがよみがえり胸を締め付ける。
 2018年12月14日。国は、県民の願いをせせら笑うかのように、辺野古の海に赤土の投入を開始した。
 海で、辺野古基地のゲート前で、自らの身体が引き裂かれるような痛みが走った。忘れるはずがない。


 あれからまる4年、昨日(14日)は、会場で「STOP!!土砂投入海上大行動が予定されていた。しかし、海が荒れ、抗議船が出せないため、急遽、松田の浜での抗議集会に切り替えられた。 

 

 

 

 

 日々海の上で厳しい抗議行動を展開している辺野古ブルーはじめ海上行動チームの皆さんが一人ひとり思いと決意を語り、基地建設を止めるまであきらめず頑張ると決意を新たにした。集会には160人が参加(主催者発表)した。

 平和市民連絡会は、水曜日のゲート前行動の担当だったため、海上行動には一部の人が参加、私たちはゲート前でいつものように座り込みをする予定だったが、どういうわけかゲート前からの資材搬入はなく、私たちも、10時から行われた浜での抗議集会に参加することが出来た。 

 念のためゲート前でも9:00の座り込みを行い、9:40まで50人近くが参加して集会。その後浜にかけつけた。

 

 

 

 

 

 

 浜での座り込み抗議行動は8年(2639日)+6914日を越した。

 それでも、辺野古の浜辺に打ち寄せる海の鼓動は変わらない。人々の胸の鼓動と呼応して、地球に恵みを届けようとしている。これ以上、海を壊し、穢してはいけない。

 

2022年12月15日リンクURL

また沖縄が戦場になるって、本当ですか ❕ ~ 「命どぅ宝の会 」学習会のご案内  

  毎日がきな臭い話ばかりで、朝新聞をひらくのがイヤになるこの頃である。コロナ禍で職も家も失い、今晩のご飯も食べられないような国民の貧困を置き去りにして、「軍事費倍増」「復興税を軍事費増強に」「敵地攻撃能力」「自衛隊が、民間空港をいつでも自由に使えるようにする」等々、少し前なら政権が倒れるような大騒ぎになったであろう発言を、政治家が平気で口にできる国になってしまった日本。

 サッカーの試合に浮かれている場合ではない!

 

 

2022年12月13日リンクURL

高退教作品展 ~ 五十年 平和の島の実魂まで

  今日(12日)は、友人に誘われて、南風原文化センターで開催されている高校退職教師の方々の作品展(12月9日~13日)を鑑賞してきました。


 絵画をはじめ工芸、書道、オブジェ、水墨画、写真、文芸、生け花、手芸、盆栽、音楽と多彩な作品は見ごたえがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 平和への思いが込められた作品が多いのも時節柄というか、やはり沖縄だからでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

オブジェ:「50年目のキーストン」

 すべて廃棄物でつくられたオブジェ。

                        

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口では、一対のシーサーが見守ってくれています

 

 

2022年12月12日リンクURL