沖縄で人権と平和を考える学習ツアー IN 渡嘉敷

昨日(30日)、韓国からの「沖縄で人権と平和を考える学習ツアー」の一行15名を、渡嘉敷島に案内した。

「NO! BASE!「武器では平和をつくれない」」と日本語で

ソウルの教会関係者(牧師さんなど)で、済州4・3事件や、韓国海軍基地に反対して闘い続けるカンジョン村とも関りが深いというみなさん。済州島から帰ったばかりの私にとってうれしい出会い。意気投合し、案内にも力が入った。

午前中は島で起こった「集団自決」を通して、沖縄戦を学び、

お昼時間は、とかしくビーチで渡嘉敷島の美しい自然を味わっていただいた。台風の影響で風が強く、海は少々荒れ気味だったが、雨が降らなかったので、海の色はけっこう澄んできれいだった。

ビーチでは、国立青少年交流の家の研修生たちがボート、水泳などの海洋研修を受けていた。

 

 

 

 

 

 

 

サンゴ礁の白い砂浜で、貝殻やサンゴのかけらを拾い、ドカリと遊ぶひととき。身も心も緩む。思わず笑みがこぼれた。これが本当の「平和の姿」なのかもしれない。

午後は、一行が渡嘉敷島へ来た一番の目的である「慰安婦」の足跡をたどった。

日本軍に強制的に接収され「慰安所」にされた民家。当時は赤瓦で新築の大きな家だったという。ここで朝鮮半島から連れてこられた7人の女性たちが、数百人もの日本軍の性の相手をさせられた。

「アリランの碑」では、鎮魂のセレモニーを行い讃美歌と祈りをささげた。

 

2018年10月31日リンクURL

「撤回」執行停止 ~ いつまで沖縄をいけにえに!

全身の血液が泡立つような、なんとも表現のしようがない怒りがわいてくる。このひと月間だけでも3度も沖縄は圧倒的な民意を表明した。それでも足りないというのか!県民投票で新たな「辺野古NO」を突き付けられる前に少しでも工事を進め、既成事実を重ねて、沖縄県民を抑え込もうという国の思惑は見え見えだ。

日本国にとって人口わずか1%にも満たない沖縄なんぞ、切り捨てても痛くも痒くもないのだろうが、「一寸の虫にも五分魂」がある。いつまで沖縄を生贄扱いするのか!

 

2018年10月31日リンクURL

国の「辺野古」撤回執行停止申し立て「いくら何でもひどい!」 ~ 行政法研究者110人声明

全国の行政法研究者有志110人が26日、連名で沖縄防衛局が国土交通相に対し行政不服審査法に基づく審査請求と執行停止を申し立てたことについて「国民のための権利救済制度を乱用し、法治国家にもとる」と批判し、国交相に却下を求める声明を発表した。

 

<↑ 沖縄タイムス 10月27日朝刊>

15年に翁長雄志前知事が埋め立て承認を取り消し、防衛局が行政不服審査法に基づく審査請求と執行停止を国交相に申し立てた際にも同様の声明が発表されている。

<声明文全文>

               <10月27日 琉球新報朝刊>

2018年10月29日リンクURL