沖縄で人権と平和を考える学習ツアー IN 渡嘉敷

昨日(30日)、韓国からの「沖縄で人権と平和を考える学習ツアー」の一行15名を、渡嘉敷島に案内した。

「NO! BASE!「武器では平和をつくれない」」と日本語で

ソウルの教会関係者(牧師さんなど)で、済州4・3事件や、韓国海軍基地に反対して闘い続けるカンジョン村とも関りが深いというみなさん。済州島から帰ったばかりの私にとってうれしい出会い。意気投合し、案内にも力が入った。

午前中は島で起こった「集団自決」を通して、沖縄戦を学び、

お昼時間は、とかしくビーチで渡嘉敷島の美しい自然を味わっていただいた。台風の影響で風が強く、海は少々荒れ気味だったが、雨が降らなかったので、海の色はけっこう澄んできれいだった。

ビーチでは、国立青少年交流の家の研修生たちがボート、水泳などの海洋研修を受けていた。

 

 

 

 

 

 

 

サンゴ礁の白い砂浜で、貝殻やサンゴのかけらを拾い、ドカリと遊ぶひととき。身も心も緩む。思わず笑みがこぼれた。これが本当の「平和の姿」なのかもしれない。

午後は、一行が渡嘉敷島へ来た一番の目的である「慰安婦」の足跡をたどった。

日本軍に強制的に接収され「慰安所」にされた民家。当時は赤瓦で新築の大きな家だったという。ここで朝鮮半島から連れてこられた7人の女性たちが、数百人もの日本軍の性の相手をさせられた。

「アリランの碑」では、鎮魂のセレモニーを行い讃美歌と祈りをささげた。

 

2018年10月31日リンクURL