玉城デニー候補 街頭で最後の訴え

沖縄は今日(28日)午後6時過ぎ暴風圏内に入った。直前の5時45分から、デニー候補は、那覇市の真嘉比十字路で街頭演説。明日は、一日中暴風雨が予想されるため、事実上街頭での選挙活動はこれが最後となりそうだ。(明日夕方おもろまちのメインプレス前で6千人規模で行われる予定だった打ち上げ集会も中止の予定)

 

呉屋守将カネヒデ会長「一心同体で選挙戦を闘ってきた」

 

富川、謝花両副知事も顔をそろえた。

 

 

情熱的に沖縄の未来を語るデニー候補

2018年9月28日リンクURL

必勝のVロード作戦 ~ 58号線を「デニー」で埋め尽くす

58号線の久茂地交差点から泊交差点までを、デニー色で埋め尽くす「Vロード作戦」が、今日午後5時半から展開された。久茂地から泊までは、奇跡の一マイルと言われた国際通りとほぼ同じなかさ1・6キロある。すごい!

スタートには各国会議員や謝花副知事も挨拶。

台風接近で、ときどき立っていられないほどの強風と雨の中、58号線の両側を、翁長知事のシンボルカラー緑と、デニーカラーのオレンジで埋めた。


それぞれに工夫を凝らしてアピール

若松交差点付近

車から手を振って応えてくれる人も少なくなかった。

泊交差点付近

2018年9月27日リンクURL

翁長知事をしのぶ会 ~ 島ぐるみ宗教者の会

翁長知事の四十九日にあたる昨日(25日)、沖縄の宗教者が、宗教、宗派を超えて共に祈り、個人の遺志を継ぐ決意を新たにしようと、「翁長知事をしのぶ会」が開かれた。

会場となった那覇市安里のカトリック教会に、キリスト者をはじめ、仏教、沖縄の神人(かみんちゅ)など300人が集った。

黙とうのあと、オペラ歌手の石垣真秀さんが歌う「千の風になって」が、まるで翁長知事のメッセージのように集まった人々を包んだ。「私のお墓の前で泣かないでください。私はそこにいません。眠ってなんかいません。千の風となって、あの広い大空を吹きわたっています!」

 

四十九日なので、まずは宗派を超えた仏教の方々が読経、お題目を唱え、祈った。

 

続いて、キリスト者の方々が、聖書のことばと讃美歌で祈りをささげた。

最後は、沖縄の神人(平安座島の神職)が、月桃の花、喜瀬武原、ザン(ジュゴン)の海など平和の歌をささげ「翁長さんの遺志を継ぎ、竜宮神・ジュゴンの住む辺野古の海を守り抜きます」と、誓った。

つどいを終わって人々が帰りかけたとき、やっと玉城でにーさんが予定よりかなり遅れて到着。

「今日、翁長知事のお宅を訪ね、お参りしてきました。四十九日で昇天される日ですが、投票日まであと数日だけ待ってください。県民が翁長さんの遺志をしっかりと受け継いだことを見届けてからいかれてくださいと、霊前にお願いしました。”うん、いいよ!僕しっかりとみているからね”と翁長さんはおっしゃってくれました。翁長知事が私たちを見守っています!」と、明るく第一声、笑顔と大拍手が会場いっぱいに広がった。

「県民を豊かにする様々な施策は、基地とバーターしなくても実現できる。アジアの国々を結ぶ懸け橋として、いま全国で一番沖縄が可能性を秘めた地域である」と、自然体で、明るく、そしてわかりやすい言葉で沖縄の未来を語るデニーさんの話は、聞くほどに魅力を増し、人々を引き付ける。

<集会後、与那原修道院のシスターたちに囲まれて>

「翁長知事をしのぶ会」が開かれたカトリック安里屋教会↓

2018年9月26日リンクURL