やんばるに遊ぶ ~ やんばる・伊江島の旅②

 東京から友人たちを迎えての二日目(4日)。この日は本来なら月一度の辺野古県民大行動が行われる予定で、友人たちはこの集会に参加、午後は抗議船に乗ることになっていた。しかし、コロナ禍で中止になったため、一日まるまるスケジュールが空いてしまった。

 さぁ、何しよう!どこに行こうか!明日の伊江島行きに備えて、今夜は名護に宿泊するので、とにかく北へ向かわなければならない。

「せっかくの沖縄、のんびり遊ぶのもいいじゃない!」と言うので、路線バスで東海岸沿いに景色を楽しみながら名護を目指すことに。

 いずれも人生経験豊富な3人の友人たち、臨機応変にツボどころをおさえて行き先が決まった。

 まず最初の目的地は、リゾート地沖縄の中でも最高クラスのリゾートホテル・ブセナテラス。2000年の沖縄サミットの会場にもなり、世界の首脳たちが泊った高級ホテル。

 でも誤解無きよう!目指すはホテルではなく、ここにある海中展望台で美しいサンゴや熱帯魚たちに会うこと。

 

 沖縄はこのところの雨続きで海水が濁り本来の美しさを満喫できなかったが、それでもたくさんの魚たちが群れて泳ぎ、亜熱帯の海の豊かさを想像させるに十分だった。「天気のよいときにまた来よう!」と思わせてくれた。

  * * *

 ブセナからまた路線バスに乗り向かったのは、沖縄最古の泡盛工場として、国指定の文化財に指定された「津嘉山酒造所」

 国指定の文化財とあって、工場の職員が1時間にわたって酒造所の歴史から、泡盛のできるまでを、丁寧に説明・解説してくださった。

 

 戦時中は米軍に接収され、司令部のオフィスが設置された痕跡が遺されていた。

 工場と一体になった住宅や庭も文化財に指定されている。

 津嘉山酒造のつくる泡盛の銘柄は「国華」。ンンッ!「国の華」とは!と、私は内心色めき立ったが、「国」は日本国の国ではなく、沖縄本島北部地域を指す、国頭(くにがみ)の「*国」。沖縄北部地域の「華」となりたいとの思いが込められた銘だという。

 泡盛好きの私は、ほっと胸をなでおろし、工場見学の記念に3合瓶の「国華」を一本買って帰った。

 明日は、今回の大きな目的の一つである「伊江島」の旅を紹介する。

 

※ ちなみに沖縄本島は、北部地域を「国頭」、中部地域を「中頭(なかがみ」、南部地域を島尻(しまじり)と呼ぶ。沖縄自体が一つの国だったころの名残。

 

 

2020年12月10日リンクURL

オールド映画ファンにはたまらないファンタスティックなレストラン

 昨日(15日)は、仕事がらみではありますが、恩納村まで出かけました。取材会場となったレストランがとてもユニークなんです。まずは外観がこれです。

 特に映画好きではなくても、よく知っている国内外の映画のポスターがズラリ。私たち世代(あえて何時とは言いません)の青春時代の思い出を彩った映画の名場面が、頭の中のスクリーンによみがえってきます。

 店内ももぎっしりポスターやチラシが貼り巡らされています。

 窓の外にはステキな白い砂浜が広がっており、遠望も素晴らしい。この日は、あいにくの曇り空で空の色、海の色はちょっと冴えなかったですが、天気の良い日は一日中眺めていても飽きないくらいです。

 窓の下は砂浜で、すぐに降りることができます。10分ほどの散策で、きれいな貝殻をいっぱい拾ってきました。ほとんどがタカラガイで他の貝殻はあまり見つかりませんでしたが…。

 

 砂浜から遠く名護湾に目を向けると、沿岸にズラリと高級リゾートホテルが建ち並んでいます。

 オーナー肝入りの庭も素敵です。(写真をクリックすると拡大します)

 

 

 

 

 

 このレストランのメニューがこれまたユニークなのです。

 レストランの名前は「マリブハウス」。かつては沖縄の人なら知らない人はいないというほど、超有名なステーキハウスでした。

 ところが、今から10年ちょっと前、オーナーシェフが、体中の軟骨がすべて硬い骨になってしまうという不治の病に侵され、厨房に立つこともできなくなりました。医者から不治宣告を受けて車に戻って泣き崩れていたときに、たまたまカーラジオから流れてきたラジオ番組の「病は食の過ちから」というパーソナリティのことばが心に響いたそうです。

 それがきっかけでラジオ番組が勧める食事療法と、自ら編み出した手技による施術で、不治を宣告された病を克服します。

 しかし、「食の過ちを正し、自分が元気になったのにお客さんにステーキを提供するのは不誠実だ」と考え、大繁盛していたステーキのメニューをきっぱいとやめました。すごい決断です。

 現在の看板メニューはこれです。

 基本は玄米食。カレー、シチューの他に玄米を使った和洋中華の麺料理、ケーキ、味噌・醤油などの調味料類もあります。

 オーナーは、病に苦しむ人に食事法を指導し、希望する人には病気が治るまで毎週一回無料で、彼が開発した「手技(マッサージ)」を施術しています。

 この10年間で500人以上の人たちを健康に導いてきたそうです。その中にはいま Jリーグで活躍する沖縄出身のプロサッカー選手もいます。ただし、彼が指導する食事療法はグルメ志向の方には、かなり厳しい療法です。

 きのうマリブハウスを訪れたのは、毎年行われている、オーナーの指導で健康を回復した人たちの「体験発表会」を取材するためでした。

 体験談の中で、あの喜納昌吉さんが、最近久々に店を訪れ、メニューにびっくりして「ステーキ食べに来たのに…」と怒っていた、というエピソードが話されていました。でもカレーを「美味しい!」と食べて帰ったそうです。

 

 

2020年11月16日リンクURL

スーパーブルームーンとハロウィン

 31日は、10月2度目の満月・ブルームーンでしたが、 ご覧になれましたか?

 沖縄は、日中お天気が良かったので「今日は、素晴らしい満月日和になるぞ!!」と思っていたら、夕方から雲が出始めて、満月タイム絶頂の23時以降はかなり雲が広がり、風があって流れが速かったので、シャッターを押すタイミングが難しかった。

 でも、薄雲がかかった朧月のブルームーンも、なかなか風情があってよかったですよ。

 ブルームーンとは、同じ月に満月が2回あり、その2度目の満月をブルームーンというそうです。しかもこの日はハロウィンでもありました。満月とハロウィンが重なるのは、実に46年ぶりなのだそうです。(お天気おじさんの森田正光さんが、テレビ番組で話していました)

 ハロウィンは、1000年の歴史があるケルトのサフィン祭が元になっており、古代ケルト民族の一年の終わりである10月31日に秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うために行う祭だそうです。その日は、日本のお盆のように、死者の霊が家族に会いに来ると信じられていたと言います。

 モノレールに乗ったら、車内はハロウィンの飾りつけでオレンジ色に染まっていました。

 

 

2020年11月2日リンクURL