ピンクのコチョウラン咲く ~ あなたを愛しています

昨年友人からいただいたコチョウランが、今年も無事花をつけてくれました。

いただいてから花が終わり、あとは水を上げていただけで、肥料もやらず、手入れらしい手入れもしていなかったのですが、ひねくれることもなく、見事な花をつけてくれて、うれしい限りです。

今年は、ちゃんと植え替えをし、肥料も施し、しっかり世話をしたいと思います。

コチョウランは白い花が好まれますが、ピンクもなかなかいいですよね。場が和み、温かい気持ちになります。

白いコチョウランの花言葉が「清純」なのに対し、ピンクのコチョウランは「あなたを愛しています」、だそうです。

くださった方は、この花言葉を知っていて贈ってくれたのかな?

1月17日の誕生花です。

2019年4月2日リンクURL

目も 心も 舌も楽しませてくれる料理 ~ 「なんとぅ」

友人が営む料理工房、キッチン「なんとぅ」
自宅の応接間を解放して、沖縄創作料理とでも言ったらいいでしょうか、見て楽しく、アットホームで心和む、とにかく美味しいお料理なんです。

サラダにおソーメン?と、まずびっくりさせてくれます。サラダ菜、トマト、蒸した芋茎に、おソーメンが見事にマッチングしてました。

ここの名物お寿司です。ミニトマトを器にしたり、ヘチマがのっかっていたり、お茶碗のすし飯の上に乗っかっているのはナスのみそ炒め。何度行っても同じものは出ません。今日は何が出てくるのかと、楽しみです。

既存のお寿司のイメージからはとんでもなくかけ離れていますが、とにかく美味くて楽しいしいんです。

田芋と芋茎の味噌汁、絶品でした!

モズク入りお豆腐、さっと揚げたさやえんどうとお麩の酢の物風、そしてアーサのてんぷらを三杯酢とお塩の二つの味でいただきます。

大根と豚バラ肉の煮物。

デザートも2種、田いものもちもち揚げ、沖縄ぜんざいにコーヒーゼリーの苦みが絶妙な味わいでした。コーヒー付きです。

これだけの品数で2000円からおつりがきます。(ランチの場合)

食べ終わった後の器がまた楽しい。それも料理の美味しさの一つです。

ホントに普通の民家です。

玄関の横で、魔よけのシーサーたちが出迎えてくれます。

庭にはハイビスカスや、つつじ、メイフラワーなど季節の花がが咲き乱れています。

キッチン「なんとぅ」糸満市賀数395-1  TEL 090-3795-5287

ランチは4人以上、夜は5人以上で完全予約制です。

 

2019年3月16日リンクURL

沖縄の魔除け「サン」~ 8年目の3・11の日に

沖縄では、食べものを外に持ち出すとき、その食べ物に邪気が取りつかないよう、ススキの葉を結んでで魔よけとします。

それは「サン」と呼ばれ、遠足、運動会などのお弁当に祖母や母が、お守りとしていつも添えてくれたものです。

「邪気なんて迷信だ」と言ってしまえばそれまでですが、昔の人たちは見えないものへの畏怖と尊敬を身体で感じて、祈りで対応していたのではないでしょうか。

私もそのタイプの人間で、先月16日祭で渡嘉敷島へ里帰りした折、お墓にお供えの重箱にはしっかり「サン」を添えました。

先日、名護の道の駅・許田で「サン」をモチーフにしたストラップ ↓を見つけました。食べ物だけでなく、携帯やスマホに付ければ、お守りの役目をはたしてくれそうです。

今日は3・11。タイミングを逸して掲載していなかったこれらの写真 ↑ を、今日はなぜかアップする気持ちになりました。

 

3年前の五月、福島とと岩手県の石巻市を訪れました。

辺野古には、自らはまだ避難所暮らしをしながら、「安倍政権の新基地建設許せない」と、ゲート前の座り込みに被災地の方々が来られます。それなのに「私はまだ被災地に行っていない」という思いに駆られてのことでした。

ここ数日震災のニュースが多くなり、3年前の5月に尋ねた被災地・石巻市の大川小学校のことがしきりに思い出されて…。津波の犠牲になった児童らの魂安かれと、祈らずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16日祭のころの渡嘉敷島は、ちょうど深紅のケラマつつじが花盛りで、咲き始めたテッポウゆりの白とのコントラストが見ごろでした。

毎年、中学の卒業式、終業式に野でつんだ白いユリの花束を、島を離れる先生方に贈ったのを思い出します。今どきは、たぶん那覇の花屋さんで買った色とりどりの豪華な花束が好まれるのでしょうけど。

 

2019年3月11日リンクURL