陸上部の建物着々完成 ~ 今日(8月25日)の辺野古

 昨夜は訳あって帰宅が午前様になりそうな時刻だった。今日辺野古へ行くための弁当づくりの準備などして床に就いたのが1時半過ぎ、今朝は5時の目覚ましにも気づかず、はっとして飛び起きたら時計は午前6時を過ぎていた。

 30分で何とか身支度を整え弁当をを仕上げて自宅を飛び出し滑り込みセーフ!危く迎えの車に置いて行かれるところだった。

  8:20分、辺野古へ着くと、早速こんな風景を見せつけられる。

 気を取り直して一回目の座り込み抗議行動。今日も暑さとの戦いになりそうだ。

 

  気になる黒いフレコンバックを積み込んだダンプが目立つ。

 こちらは県警公認の「過積載ダンプ」

  12:00前、 二回目の座り込み。じりじり照り付ける太陽にめまいがしぞうだ。

 「二回目」とは言っているものの入ってくるダンプの群れは一団にまと待っているわけではなく、だらだらと五月雨式にやってくるので、ひとグループが入り終わり、次のグループがくるまで、みんなでゲート前をミニデモ行進、何度かその繰り返しで、全部が入り終わるまで1時間ほどかかる。 

 お昼は午後1時近くになっていた。水曜日名物の豪華ランチバイキングが待っていた。

 7年前、辺野古ゲート前での抗議行動が始まったころ、基地内に国道から見える建物はほとんどなかった。いまは隙間がないほど建物が建ち並ぶ。

 メインゲートのすぐ横にできたこの大きな建物は、兵士らの娯楽センター。ビリヤードや卓球、ボーリング場は言うに及ばず、プール、将校クラブなどありとあらゆる娯楽施設が揃っているという。

工事用ゲートの真上にある旧来の建物も改装が始まった。移設に伴う建設ラッシュに乗っかって「新しくするチャンス!」ということでは?もちろん日本国民の税金で。

 

 

2021年8月25日リンクURL

違法な工事強行 2600日 ~ 今日(8月18日)の辺野古

 今日は、辺野古へたどり着くまでが大変だった。

 朝7時前に那覇を出発して間もなくポツリポツリと降り出した雨が、高速(沖縄自動車道)の沖縄市付近を通過したあたりから土砂降りの大雨に。ワイパーをフル稼働させても間に合わず、前を走る車がかすんで見えないほどの激しい雨になった。

 おまけに頭の上に爆弾でも落ちたかと思うようなものすごい音と光で稲妻が走る。やっとの思いで辺野古に着いた。

 それでも、抗議行動が始まる9時前には小降りになってきて、ずぶぬれになるのは避けることができた。

 いざ出かけようとする時間帯に大雨になり、出鼻をくじかれた人も多かったことだろう。何時もより少し少な目の人数で一回目の抗議行動。

 今日は大きなグリ石を積んだダンプとミキサー車が多かった。新たな護岸工事が始まったのではないかという。

 

 みんなが丁度お昼を済ませた頃、久しぶりに島袋文子さんが激励に車で立ち寄ってくださった。基礎疾患を持つ文子さんは、コロナを警戒して緊急事態宣言中は座り込み抗議行動は自粛。一時期体調を崩したそうだが回復し、お元気そうだった。

 2回目、3回目は雨もほぼ止んだので、抗議の人数も少し増えた。悪天候の中、工事車両も多かった。3回で250台近くにのぼった。

 今日は辺野古ゲート前で抗議行動をはじめてから2600日目。実に7年以上だ。抗議行動に奪われた県民の膨大な日々と、暮らしと、エネルギー、経済、そして引き裂かれた心。この怒りをいったい誰にぶっつければいいというのだ!

 

 

2021年8月18日リンクURL