「私たちは 違法工事を見届け証言者となるために ここに座り込んでいる 」 ~ 9月7日の辺野古

 昨日(9月7日・水)は、県庁前から、朝7:00発の辺野古行き貸し切りバスに乗った。

 県民広場の植栽は、先週襲来した台風11号対策で風よけの網をかぶせられたままだった。沖縄本島ではスーパーの棚が空っぽになるほど騒がれた割には大した被害は出なかったのでホッとしたが、台風が近くを通過した先島では海上交通の混乱、農作物への被害も出ていると思われる。

 8時過ぎ辺野古へ到着。台風後のテントの張り直しや清掃など前日から進められていたようで、テントの周りは清々しく整えられていた。

 今年7月1日で満8年が過ぎ9年目に突入した辺野古ゲート前の座っり込み。8年がたってもいまだ埋め立ては10%にも満たない。完成の目途のつかない工事を、いったいこの後何年続けるというのか?

 

7時前、工事用ゲートに一回目の座り込み。30名余が座り込んだ。水曜日担当リーダーの高里鈴代さんが、私たちを排除しようと目の前に整列した県警機動隊員に言った。「私たちは、ここで行われている違法工事を見届け、証言者となるため連日ここに座り込んでいる。道交法違反ではない。違法なのは防衛局のほうだ!」と。

 

 今日は重機類などを積載したダンプが目立った。

 テントに戻ると、県外大学のゼミの学生20数名がレクチャーを受けていた。

 

 学生たちの目の前を、今日も完全武装の米兵を満載した軍車両がひっきりなしにメインゲートを出入りしている。学生たちの目にはどう映っただろうか?

 11時、第4ゲートでの一回目の座り込み。

 ゲートの右横の山が削られ、新たな道路がつくられていた。

 

 第四ゲートから見える大浦湾側の海。台風のおかげで海を分断するフロートや汚濁防止膜が片付けられ、運搬船や台船が一隻もなく、本来の青く澄んでキラキラと輝く大海原が広がっていた。ひとときの安らぎを、台風さんありがとう!

 正午前、工事用ゲートで2回目の座り込み。知事選の応援で県外からの人たちが3人、座り込みに加わって、人数がさらに増えていた。

 昼食を挟んで、第四ゲートで2回目の座り込みの後、工事用ゲート3回目の座り込み。

 ミキサー車が列をなして入って行くゲートの向こうに、秋の気配を漂わせるふわふわの白い雲と青い空が目に沁みる。

 今日のゲート前は、入れ替わりはあっても最後まで座り込みの人数が減ることはなかった。

 この後午後6時から那覇で行われる知事選の決起集会に参加するため、帰途を急いだ。

 

 

2022年9月8日リンクURL

外国メディアも注目 ~ 8月24日の辺野古

 昨日(8月24日)は7:00、県庁前からバスで辺野古へ向かった。朝の空はすっかり秋模様のうろこ雲。8時過ぎに辺野古へ到着した。実におよそ2か月ぶりの辺野古である。

 

 

 

 

 

 2か月前と少しも変らぬ風景があった。闘争の場であるのに、何故かほっとする空間。やっといるべき場所にこれたという安堵感だろうか?

 9:00一回目の搬入に備えて、水曜日いつものメンバーおよそ20名とともに座り込んだ。

 一回目の座り込みが終わり、テントに戻ってくると、冷たくて甘酸っぱい夏みかんのフルーツポンチが待っていた。 

 

 11時は第四ゲートに移動して座り込み。工事業者の車両を先導してきた沖縄防衛局の車と対峙した。 

 工事車両を入れるために開いた第四ゲートから大浦湾側の工事現場が見える。土砂運搬船やガット台船が活発に動いていて、今日も工事が強行されていることがわかる。

 12:00前の搬入に備え工事用ゲートで2回目の座り込み。

 この日は県外から二組の取材があった。一組はフランスのテレビ局。高里鈴代さんから1時間以上も話を聞き、座り込み、機動隊の排除もしっかりカメラに収めていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう一組は、ヒルカラナンデスという時事漫才コンビのお二人。やはり30分ほど高里さんをインタビューしたあと、三度目の座り込みの人たちを前にラップでコメント。「機動隊や防衛局の職員が、ここで自分たちがやっていることが何なのか、本当の意味で理解するならば、世の中は変わるのではないか」と。

 そして、「今日ここでの皆さんの様子は、東京、大阪のテレビでしっかり伝えます」と約束して帰った。どこのテレビ局で放送予定なのかは聞かなかったが、願わくば、企画がボツにならないことを祈るばかりである。 

 昨年も紹介したが、辺野古集落の民家に咲く崑崙花。すでに見ごろを過ぎ、花びらが重そうにしおれかかってうなだれていたが、それでも美しいい。

 コンロンカ花言葉は「南の風景」「神話」。

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年8月25日リンクURL

米空軍 オスプレイ飛行停止

 空軍のCVは危険だから停止!、でも海兵隊のMVは大丈夫って、本当? 使い物にならなくなったオスプレイ。でも日本の自衛隊には、今後買ってもらう計画だから、停めるわけにはいかないよね。在庫処分だ!それに辺野古新基地はオスプレイ用のヘリ基地だから、飛行停止したら新基地建設の理由が成り立たなくなるしね。日本政府が困っちゃうから、まずいよ。

 でも、辺野古の新基地って、軟弱地盤が見つかって、完成までには早くてもあと13年でしょ?それまでにオスプレイ何機墜落するかな?何しろこの6週間以内に2件も事故起こしているからね。オ~怖っ!!

 

 

 

 

2022年8月20日リンクURL