平和の͡古武術・空手で元気づけ! ~ 今日(11月25日)の辺野古

 

 中城湾に昇る朝日を拝みながら辺野古へ。今朝の最低気温は22度、肌寒さを感じる。
 辺野古に着くとテント横のハイビスカスが出迎えてくれた。南国育ちの花たちも沖縄の夏は暑すぎて育ちにくいのだろうか。涼しくなって、花が一斉に咲きそろった。

 



 

 

 

 

 

 

 今日も元気に座り込もう!

 

 いつもながら、カーブのさらに向こうまで続く生コンミキサー車の列に、ため息が出るばかり。

 

 一回目の搬入が終わってテントに戻ると、いつもの差し入れが待つている。疲れた心を少し癒してくれる。

 沖縄と米国にルーツを持つカナダ在住の若者が、力強い空手演舞を披露してくれた。大学が休みの期間、祖父母の国・沖縄で過ごすあいだ頻繁に辺野古へ通う。

 休息時間に浜のテントを訪れた。

 気が遠くなるような長い年月を、闘い続けることの大変さを想像していただきたい。

 浜のテントからは、埋め立てが進む辺野古側の工事現場を遠く望むことができる。重機類がうごめく様子が見えた。

 今日も(25日)は最大45人が座り込んだが、9時、12時、15時の3回にわたって232台の工事車両が基地の中に入った。

2020年11月26日リンクURL

クラリンドウの花

 クラリンドウの花を直に見るのは初めてです。友人宅の庭で出会いました。

 垂れさがった花茎に、藤のように集まって花を咲かせる姿が、白い蝶が舞い踊っているようで、とても優美です。バニラのような甘い香りがします。

 花言葉は、「大きな希望」。嫌なことばかりが続くこの頃ですが、胸に抱いている「大きな希望」を捨てず、あきらめず、たおやかに前に進んでいきたいと思います。

  挿し木でも増やせるというので、花が終わったら、一枝分けていただくことになっています。2~3年後にはわが庭でバニラの香りを漂わせているクラリンドウの花を想像して楽しんでいます。

2020年11月21日リンクURL

サンゴ訴訟即日結審 ~ デニー知事 地方自治の破壊と訴える

 辺野古新基地建設のためのサンゴ移植をめぐって沖縄県が国を訴えた「サンゴ訴訟」の初公判(口頭弁論)が、昨日(20日)福岡高裁那覇支部で行われ、県民およそ100人が結集して、知事支援する集会を開いた。

 主催者あいさつに立ったオール沖縄会議・高里鈴代共同代表は「サンゴの移植はどの専門家に言わせても、移植は成功しない、無理と言われる。負けるはずのない裁判、勝利に向けて闘う」と強調した。

 弁護団の加藤弁護士は「サンゴ移植は(軟弱地盤、県の埋立て不許可などで)できない工事を前提にしており、許可できるはずがない。速やかに許可しろという農水大臣の関与は、地方自治を破壊するものだ」と強調した。

 予定時間より少し遅れて姿を見せた玉城デニー知事。「農水大臣が県の決定の前に早く許可しろ!と命令するのは、地方自治の破壊。辺野古の海は、県民の命と暮らしを守る大事な宝、県民にとっていかに大切なものであるかを、しっかり訴えたい」とあいさつした。いつもの笑顔は、マスクに隠れてみることはできなかった。

 集会の会場となった裁判所前の城岳公園には、市民100人余が結集し、知事にエールを送った。

 裁判は午後2時から開始され、知事、国それぞれの口頭弁論が行われ、即日結審となった。

 判決は来年2月に出る予定で、どちらが勝っても上告し、裁判はさらに続くとみられる。

 

 

 

2020年11月21日リンクURL