頭は冷静に、心は炎のごとく燃えて ~ 今日(7月29日)の辺野古

 

米軍基地内のクラスター発生と、県内のコロナ感染がダブルで急速に拡大する中での辺野古ゲート前は、感染の危険と隣り合わせの座り込み抗議行動である。

 ゲート前でもし一人でも感染者をせば、命の問題もさることながら、抗議行動そのものが、完全につぶされることになるため、リーダーたちは神経をピリピリさせている。

 

 今日は、最近には珍しく、4人の県議会議員が座り込みに顔を見せた。先月の県議選で当選した新人議員3人(玉城健一郎、喜友名智子、山里将雄)と、ベテランの山内末子県議。

 

 最近の県議会活動を報告、辺野古へももっと足を運びたいと。

山城博治さんの「県議が先頭に立って戦うべきだ!」という叱咤激励に応えた。

 

 

 

県警関係者にも一人ひとり感染者が出たため、辺野古での座り込み排除に及び腰の県警。極力言葉での説得に徹し、いつもより時間がかかっていた。

 いま、県外からの参加はご遠慮いただいているが、今日は県外から団体で来た方々あり、オール沖縄の呼びかけが届いていなかったようだ。

 名古屋から9人で参加したのは、非正規で働く教師の方々。6年前にはじめて辺野古に来て、沖縄の状況を知らな過ぎたと驚き、以後、これからでもできることは?と取り組み、毎年夏休みに参加を募って辺野古に来ているとのこと。

 沖縄で知ったことを、子どもたちに伝えると、素直にわかってくれる。しかし、正規で働く同僚の教師たちからは「教室でそんなことを話していいのか?」と、止められるという。

 沖縄と本土との温度差はあまりに大きすぎる。しかし、「今自分がいる所で、いま出来ることを頑張ることで、将来の日本を変える力になると信じて、沖縄に来ている。沖縄が頑張っている姿に励まされ、私たちも頑張る元気をもらっている」と語った。

 今日は、山城博治さんがいつもにまして熱くヒロジ節を炸裂させた。迎撃ミサイル・イージスアショアの計画停止に伴って、その先を行く、敵地攻撃ミサイル設置の話が持ち上がり、それはまさに、いま宮古や石垣の自衛隊基地で着々と進められているミサイル基地のことであり、いずれは沖縄本島の自衛隊基地にも設置したいとしている。そしていまこのタイミングで、トランプ大統領が、沖縄の米軍基地に攻撃用ミサイルを配備すると発言している。

 「沖縄に攻撃用ミサイルを設置するということは、その報復を沖縄が受けるということだ。中国には日本の米軍基地に向けたミサイルが2000発もあると言われている。もし沖縄からミサイルを一発でも発射すれば、反撃を受けて沖縄はハチの巣状態になる!75年前の過ちを、反省も謝りもしないで、またもや沖縄を、中国の米国攻撃の盾にして、捨て石にするのか!

 これはもう差別を越えて、政権のいやらしい沖縄いじめだ!県民のことは歯牙にもかけない。地方自治を認めない安倍政権に怒りがふつふつとわいてくる!」と、怒りを爆発させた。が、熱くなりすぎると、暑さも加わって身体に悪いので、「頭は冷静に、でも心は炎のごとく燃えて、頑張ろう!」とも。

 今日もうだるような暑さ。子ヤギちやんたちもぐったりと、木陰で身体を休めていた。

2020年7月29日リンクURL

辺野古ゲート前抗議行動 ~ コロナ 感染拡大防止のためのガイドラインを改定

 米軍基地内でのクラスター発生で、辺野古ゲート前での抗議行動も、さらに緊張と厳しさを増している。オール沖縄会議では感染拡大防止のためのガイドラインを一部改訂して、抗議行動参加者へ注意を喚起した。

新型コロナウイルス感染症に関する

辺野古新基地建設阻止!ゲート前座り込み行動等における

感染拡大防止のためのガイドライン(第2版・7月14日改訂) 

 沖縄県新型コロナウイルス感染症対策本部の指針に基づき、座り込み行動の実施ガイドラインを以下のとおりといたします。各団体責任者および参加者各位におかれましては、遵守していただきますようご協力をお願いいたします。今後の県新型コロナウイルス感染症対策本部等の指針改定等踏まえ本ガイドラインも改定していきます。

 

Ⅰ.取り組み期間

座り込み再開から当面の間

Ⅱ.座り込み行動における感染予防対策について

1.各自健康に留意し参加下さい。発熱等体調のすぐれない人は参加を控えてください。

2.マスクの着用を義務とします。マスクは参加者負担とします。

3.マスク着用時の熱中症対策としてこまめの水分補給をお願いします。

4.マイボトルをご持参下さい。補給用の水・お茶等はテント村に常備しています。ただし紙コップ等の設置は当面いたしません。

5.また、熱中症対策としてテント村等では、2m以上の距離をとった上でマスクを外し、休憩をとるよう工夫して下さい。

6.設置の消毒液等での手指消毒を徹底して下さい。

7.座り込み、集会等では、参加者間の距離を最低1mとします。

8.機動隊との対応は、いわゆるごぼう抜きを避け、自主的に移動して下さい。

9.1回目(8:30)、2回目(11:30)、3回目(14:30)とも、最初の座り込みのみとし、ダンプ等搬入車両の2グループ目が到着まで行っているデモンストレーションは、コール等による飛沫防止のため、とりやめとします。※ゲート向かい側の歩道等での行動等工夫します。メッセージボードなど利用。

10.マイクは、スピーカー(話し手)が変わる都度、可能な限り、消毒用ティッシュ等で拭き取るよう心がけて下さい。

11.送迎車両については、換気のため必ず窓を開けて運行してください。また乗車人数も配慮下さい。

12.県外からの移動者とその接触者で2週間未満の人は、参加を控えてください。

  1. 個人参加者は、現地センター(辺野古テント)での名簿記入へご協力をお願いします。

Ⅲ.各団体・各島ぐるみ会議等の運行するバスについて

1.乗車の際はマスクを着用しましょう。

2.換気対策をとりましょう。

3.座席は2人掛けに1人とします。ただし同一生計者(夫婦、親子など)は同席で構いません。

4.乗車名簿の作成(検温等)及び管理へのご協力をお願いします。

 

2020年 オール沖縄会議事務局(7月14日改定)

 

「万が一の場合(座り込み参加者から感染者が出た場合)に備えて、個人参加の方は名簿の提出を!」と呼びかけるオール沖縄会議現場部会長の山城博治さん。(7月22日 辺野古ゲート前)

 今日(23日)、米軍基地内の感染者は新たに14人の感染が確認され、累計で163人となり、県民の162人を超えた。人口比(米軍人4万5千人、県人口140万人)にすると、実に31倍になる。

 

2020年7月23日リンクURL

違法監視カメラに抗議! ~ 今日(7月22日)の辺野古

  7:00那覇発の辺野古バスに乗り、8:30辺野古着。今日も暑くなりそうだ。

辺野古へ行く日は、悲しいかな!天気が良すぎるのもあまりうれしくはない。今日はそんな日だった。

 

 

 米軍基地内でコロナ感染が広がり、辺野古での抗議行動を束ねるオール沖縄会議では、ゲート前での感染予防に最大限の注意を払っている。ソーシャルディスタンスを1メートル以上取ること、マスク着用厳守、水分補給にMyボトルを持参のこと、バスの中では二人掛けシートに一人で交互になるように座る。機動隊の排除される前に自ら移動する。マイクを使用する場合は、話し手が変わるごとに消毒する。県外からの参加は当分仕替えていただく、etc…。


 そんな中で問題になったのは、民間警備会社であるテイコク警備員が数日前から胸に小型カメラを装備して、市民の抗議行動を撮影するようになったことである。「違法であり、人権侵害だ」と抗議しても無反応を貫く態度は、コロナ対策のマスクをしないことも同じ!今日も山城博治さんが、改めて抗議、「今日午後4時から、オール沖縄会議と、県出身国会議員団が防衛局にテイコクの警備員にマスクをさせることとカメラの装着をやめさせるよう抗議に行くことになった」と報告した。

 ゲート前には常に20人ほどのテイコクの警備員が居並ぶが、一人おきに胸にカメラをつけている。映像だけでなく、音声も収録可能なカメラで、抗議する人々の発言はすべて収録できる仕組みのようである。

 たとえ警察であろうとも、「勝手に一般市民を撮影することは違法」と裁判の判例もある。一民間会社にこんなことが許されるのか?もし、工事の発注者である沖縄防衛局の指示なら、さらに大きな問題である。

 1回目の搬入が終わり、メインゲート前のテントに戻って集会を続けていると、今度は向かいの金網の中から、軍警が人々の発言をカメラで撮影、発言内容をメモっている姿が見られた。(いつものことではあるが…)

この日も、1回目の9:00に100台、2回目の12:00に81台、3回目の15:00には54台と、計235台資材搬入車が入ったということです。その内90台が生コンミキサー車で、辺野古側の現在進められている埋立の護岸のかさ上げのためのコンクリート用とみられている。

 今日も子ヤギちゃんたちが慰問に来てくれた。三つ子のうち2匹が交代で、毎日ゲート前にやってくる。まだ名前はないそうだ。

2020年7月22日リンクURL