立ち木無残! ~ 今日(4月14日)の辺野古

 沖縄が「まん延防止等重点措置」の対象となったことを受けて、昨日から、辺野古関連の抗議も、組織的な行動は中止となった。各曜日担当団体が責任をもって、工事車両のチェックや監視等を行うことに。水曜日担当団体の一員として、仲間の車で辺野古へ 

      9:00の一回目の搬入には、密を避けながら21名が抗議。

  いつものようにゲートに座り込むと、道路向かい側正面の緑が、なんだか寒々としている。

 よく見ると、立ち木の先端が一定の高さのところで一律に刈り取られている。どう見ても樹木の養生のための剪定の仕方ではない。

 どうやら、「監視カメラの撮影に邪魔にならないよう刈り取ったようだ」という。監視カメラの左右2~30㍍に渡って緑が乱暴に刈り取られ、無残な姿になっていた。防衛局のやりそうなことだ。(電柱の横にある電球のようなものが監視カメラ。360度対応)

 12時の2回目、15時の3回目も20人前後が 座り込みに参加。今日は搬入の工事車両がいつもの三分の一程度で少なく、各回とも20分程度の抗議行動で終わった。

 金網の中では、今日もカービン銃を脇に抱えた米兵が車両チェックを行っている。

 

 今日の沖縄地方は曇り。最高気温23度。辺野古は風が少し冷たかった。

 自動車道の沿道にはイジュの花が咲き始め、崑崙花、クチナシ、辺野古の集落の中では、デイゴの花が満開になった樹も見られた。初夏を彩る花たちだ。

 ゆうなの花の澄み切った黄色が、目に沁みる。

2021年4月14日リンクURL

県議会全会一致で意見書可決へ ~ 遺骨混入土砂問題

<琉球新報 13日>

 紆余曲折を経ての全会一致だったようだ。それぞれの会派の主張が入り乱れ、「人道上、許されない」「辺野古」「南部」などの文言を削るなど一般民には理解しがたいが、それでも「全会一致」を最優先させての可決という。

  県議会が全会一致でまとまったことで、熊野鉱山の開発届に対し、玉城知事も迷うことなく、開発中止命令を出せるのではないかと期待される。

2021年4月13日リンクURL

「あなたを忘れない!」 ~ 北谷女性殺害事件追悼のつどい

 2019年4月、北谷町で米海軍兵士に性暴力を受けたうえ、女性が殺害される事件が起こった。あれから2年 、今日(11日)午前9時から北谷町アラハビーチで「追悼の集い」が行われた。

 

 集った一人ひとりがメッセージボードに想いを書いて祈りを捧げ、「彼女」の無念と悲しみ、痛みに寄り添った。

 事件を知ったとき、私たちは思った。「彼女」は「私」だったかもしれない。「私の母、娘」だったかもしれない、と。基地の島沖縄に住む私たちは、誰もが「彼女」が出会ったような「危険」といつも隣合わせだからである。

 集いがもたれたアラハビーチは海浜公園になっていて、穏やかな晩春の陽の光と潮風を浴びながら日曜日のひとときを楽しむ家族連れでにぎわっていた。「彼女」には小さな子どもが二人いて、いつもこの公園で家族仲良く散歩を楽しんでいたという。

 このささやかな幸せを、「彼女」と「彼女の子どもたち」から奪った軍事主義の暴力と性差別の理不尽を、私たちは許さない!

 

 

 

2021年4月11日リンクURL