復帰50年!新たな基地負担を許さない県民大会アピール(声明)

7/30(土)のブルーアクション、と8/6(土)のブルーアクションの取り組みについ

 「オール沖縄会議」では、コロナの感染拡大によって、7/30の「県民大会」と8/6(土)第一土曜日の辺野古ゲート前での「県民大行動」の中止を決定していますが、代りに両日とも、各地域で地域の実情に即して「ブルーアクション」の行動を行います。

 沖縄平和市民連絡会では、両日とも県庁前の県民広場で11:00~12:00、那覇地域の他の団体と協同して「ブルーアクション」の行動を行うことにしています。土曜日の2週連続行動となりますが、多くの県民が結集して声を上げるよう、広く参加を呼び掛けてます。思い思いにプラカードなどを持参して掲げてください。

2022年7月29日リンクURL

金城重明さん死去 ~ 渡嘉敷島の「集団自決(強制集団死)」を証言

 金城重明(きんじょうしげあき)さんが亡くなられた。渡嘉敷島阿波連区の出身。私たち島人には「じゅうめいさん」のほうがなじみがある。

 <7月24日 琉球新報  ↑>

 日本軍から共生共死を強いられた沖縄戦。逃げ場のない小さな島で、海を埋め尽くすほどの米軍艦に取り囲まれ、上陸してくる米兵を目の当たりにして、人々は自ら死ぬしか道はなかった。(日本軍監視の下捕虜になることも許されなかった)

 16歳だった金城さんは、兄と二人、号泣しながら母親と妹、弟を手にかけた。それが「愛情」だと信じていた。自らは、「どうせ死ぬなら、にっくき米兵を一人くらい殺してから死のう」と、同級生と二人、山中を彷徨っているうちに米軍の捕虜となって生き延びることになった。

 「集団自決」の実相を明らかにするため、身を切るような過酷な体験を語り継いできた。私自身もこれまでに3度、その貴重なお話を直接伺う機会を頂いた。しかし、淡々と話されているように見えて、それがいかに痛み・苦しみを伴うことだったかを、改めて思い知らされる出来事があった。

 孤児になった金城さんは、戦後キリスト教の牧師さんと出会って、沖縄本島で学校に通わせてもらい、成長した。例え「白玉の塔」の慰霊祭などで渡嘉敷に渡ることはあっても、島の実家に残ったお兄さんに会いに行くことはなかった。

 二人が再会したのは、あれから70数年がたったほんの2~3年前、余命が告げられたお兄さんの病床を見舞った。家族を全員失い、たった二人だけ残された肉親。会いたくなかったはずはない。その胸中を思うと、いまも胸が締めつけられる。

 心からご冥福をお祈りいたします。神のみむねに抱かれ、心安らかな日々が訪れますように…。

 

 <7月24日 琉球新報 ↑↓>

 

 

2022年7月24日リンクURL