安倍元首相「国葬」反対集会 ~ 沖縄のこの憤り受け止めよ!

 市民グループが主催する「国葬」抗議集会が、今日(27日)県庁前の県民広場で、午前11時から午後2時まで、3時間にわたって開催され、350人が怒りの声をあげた。

 「私はワジワジーして、昨夜は眠れなかった。沖縄戦で県民の4人に一人が犠牲になった。誰に殺されたのか!国にです。死んだ人たち・ウヤファーフジ(先祖)は見ています。安倍元総理は辺野古の海に戦没者の遺骨を投げ込もうとした。そんな人をなぜ国葬にする。いのちは平等です」

「沖縄にとって安倍政権はなんであったかと考えると、県民にとって国葬は1ミリも賛成できない」

「安倍さんと言いたくない。呼び捨てにさせてくれ。沖縄に寄り添うと言いながら、沖縄を踏みつけてきたのが安倍ではないか!そんな人を国葬にするこの国は狂っている!

「安倍は犯罪者でしかない。多くの犠牲者を出してきた。沖縄にどれだけの災いをもたらしてきたか!」

「奇しくも9月27日は、74年前天皇メッセージによって、日本が沖縄をアメリカに売り渡した日である」

「8年もの長期政権はいかに悪党であったかの証明でもある」

「総理就任と同時に教育基本法を改悪、子どもたちに愛国心を押し付けた。教科書を改ざんして”集団自決””従軍慰安婦”をなかったことに。日の丸・君が代の教育現場への押し付け、これほどの悪政が他にあるだろうか!」

 「国葬は、統一教会の信徒に、自分たちの主張は間違っていなかったというお墨付きを与えることになる」

 次々とマイクを握る人々の声は、怒りに震えた。 

 

 

 

 

 「国葬反対集会」が行われた県民広場には、平和の使徒・ハトたちも群れを成して参加した。

 

 

2022年9月27日リンクURL

明日(27日)安倍元首相の国葬反対集会 ~ 参加 呼びかけ  

 全国各地で「国葬」反対の声が広がっている。

 法的根拠がないなど、いくつもの理由が挙げられるが、そもそも「安倍元首相」が、国葬に値する政治家だろうか? 国民の半数以上が反対しているというだけでも、そうではないと答えが出ている

 岸田総理は「弔問外交」というが、現職の国家元首はたった二人だけという。エリザベス女王の国葬の直後だけに、そのみすぼらしさが際立つ。そんななかで強行しても、本人だって浮かばれないであろう。

 「国葬」には莫大な税金が使われる。総理在職中は、国民の税金を私物化し、自分に都合のいいようにさんざんばら撒いてきた。「死んでまで税金の無駄遣いをするな!」と言いたい。

 

 故人への一方的な評価、価値観を国民に押しつけないで!

安倍元首相の国葬に反対する集会

 

  9月27日(火)  県庁前広場

   午後0時15分~2時15分      

 

<呼びかけ団体>島ぐるみ宗教者会議・沖縄平和市民連絡会

協賛:沖縄県退職教職員会(沖退教)                                                             沖縄県高等学校 障がい児学校退職教職員会(高退教)

 

「沖縄」を踏みつけ続けて顧みず、ひたすら戦争への道をこじ開け、ひた走ってきた「安倍政治」を、私たちは絶対に許さない。

 

2022年9月26日リンクURL

沖縄を再び戦場にはさせない! ~ 戦争準備のシェルターではなく、戦争回避の外交を!

 昨日(21日)は辺野古の帰途、その足で「ノーモア沖縄戦!命どぅ宝の会」が呼びかける「避難シェルター整備に抗議する緊急集会」に参加した。 

  集会はこの日の午前11:30分と、午後6時の2回行われ、それぞれ100人近くが集まり、「国は、シェルターより戦争回避の外交を!」と道行く市民に訴えた。

 6時から行われた集会では、参加者がそれぞれマイクを握り訴えた。「シェルターというが,先島の住民全員を安全に避難させるシェルターがつくれるのか?沖縄戦では日本軍がガマから住民を追い出して自分たちが隠れた。住民避難を名目にシェルターを整備し、いざ戦争となると日本軍と米軍が避難するためのシェルターではないのか!」「いま声をあげないと、沖縄はまた戦場にされてしまう。戦争は絶対にイヤだと声を上げよう」「日米安保が日本を守っているのではない。憲法9条があるからこれまで日本の平和は守られてきた。武器で平和は創れない」切実な声が夕映えの街に響いた。

 

 

2022年9月22日リンクURL