中村哲さんを偲ぶ会 ~ 具体的に自ら実践する人だった!

 活動中のアフガンで襲撃を受けて亡くなったペシャワール会の中村哲医師を偲ぶ会が、今日(4月10日)那覇市内の琉球新報ホールで行われた。
コロナ対策で蜜を避けるため、事前の呼びかけは控えめに行われたが、定員が半分になった会場は、ほぼ満席になった。

 

 県主催する「沖縄平和賞」の第一回目の受賞者であることから、玉城デニー知事も挨拶を述べた後も、最後まで「偲ぶ会」に参加されていた。

 

 

 

 

 

 

 メインスピーカーのお一人、ペシャワール会会長の村上優氏が、中村哲さんの足跡を紹介、ペシャワール会の今後の活動について語った。

<現地の人々に親しまれ、愛された中村哲さん>

 医師である中村哲さんは、医療援助で派遣されたが、医療以前に人が生きる子ために必要な「水」がないことから難民となり、命を落としていく人々を見て、「すべての問題解決の基本は水である」と気づき、井戸掘りや水路づくりを、自ら重機を操って行ったという。30年にわたる哲さんの活動で砂漠に緑がよみがえり、林ができ、森となって大地を潤し、いま人々が農業で暮らしが立てられるようになっている。

 

 もう一人のメインスピーカー、作家の澤地久枝さんは、忙しい中村哲さんに何年もかけてやっと3回会うことができ、インタビューした本を書いてる。「中村医師の人柄の深さ・魅力を伝えられるような本にしなければ」と、時間をかけて書いたことを話された。

 澤地さんは、数々のエピソード紹介された中で、国会に招致された中村医師が「自衛隊の海外派遣は有害無益」と断言、さる筋から発言を取り消すよう迫られたが、取り消さなかったこと。物事に当たるとき「何をするかではなく、何をなしてはいけないか」と考える人だった、など熱く語られた。

 「中村哲さん」、その人柄と実践を知れば知るほど、改めて「本当にすごい人だったんだなあ」という感慨が湧いた。

 

 

2021年4月10日リンクURL

沖縄防衛局!違法行為はそちらの方だ! ~ 今日(4月7日)の辺野古

 天気予報によると、今日の沖縄地方は最高気温26度、晴れ。辺野古の座り込みは暑くなりそうだ!

 コロナの新規感染者が急増中の沖縄。只今、感染率全国一の記録を三日連続で更新中!

 座り込みの仲間からは、「絶対に感染者を出さない!」の合言葉を確認しつつ、今日もゲート前での長くて、熱い一日が始まる。

 今日はダンプだらけだ。コンクリートミキサー車がいない。

 ゲートの中、民間警備員の背中に隠れつつ、かなり性能のいいハンドマイクで沖縄防衛局の職員が、無機質な声で警告を繰り返す。「ここは工事車両が通ります。舗道に座り込む行為は違法です。直ちに移動してください」

 すかさず座り込みのリーダーが言い返す「防衛局!違法行為を行っているのはそちらの方です。私たちは、国の違法工事を止めるためにここに座り込んでいます。私たちには抗議する権利があります」

 相変わらず過積載車両の横行。これも違法行為だ。

 基地の周辺ではドローンを飛ばして撮影してはいけないという「ドローン規制法」。その警告板がメインゲートの横に登場した。沖縄の米軍基地を守るためにできたとさえ言われている。 

 沖縄ドローンプロジェクトの奥間さんらが、粘り強く手続きをして撮影許可を得、埋め立てが進む辺野古崎の撮影に成功したという。

 真ん中あたりのグリーンに染まっている部分は、「赤土流出防止のための薬剤が使われている」と奥間さん。薬剤による海の生物への影響は計り知れない。手前の4ヵ所の煙のような模様は、止めようにも止まらない赤土の流出。二重三重の海洋汚染が起きている。

 

 一回目の座り込みの後の休憩時間には、南部土砂問題についての報告や意見表明が続いた。県内だけでなく、東京の官邸前をはじめ、県外でも座り込みや断食による抗議、署名活動が行われているという。

 

 今日も何やら基地の中が騒がしい。カービン銃を構えた米兵が4人、基地の中に入る車のトランクや運転席のドアまで開けさせて、逐一点検している。基地の中で何かあったようだ。

 

 殺伐とした絵ばかりでは終わりたくないので、与儀公園のそばにある神原中学校校門前の「カエンボク(火焔木)」の花をどうぞ。世界三大花木の1つに数えられる名花です。電線がかなり邪魔ですがご勘弁を!

 

 

2021年4月7日リンクURL

もしもし亀よ!亀さんよ! YOUは何しにわが庭へ?

 今朝、我が家へ珍客が!

 近づくと首を引っ込めますが、逃げる様子はありません。そしてすぐにゆっくりと顔を出して、にらみつけるようにこちらを見上げています。なかなか堂々とした面構え。「あんた!誰?」とでも言いたげです。

「どこから来たの?」と聞いてみましたが、もちろん返事は聞き取れません。困ったなあ!

 2年前にも、台風一過の庭に、亀さんが来て3~4日滞在したことがありました。いつの間にかいなくなったので、庭のすぐ側を流れる安里川に帰って行ったのかなと、勝手に思っているのですが、その亀さんと同一かどうかはわかりかねます。でも、似ていると言えば似てますよね。ちょっと大きくなってますけど。

 もしかしたら、床下などに隠れてずっと住み着いていたのかも!と思ったりしています。

 

 

2021年4月6日リンクURL