ぬちぐすい(命薬) ~ 「ひとあしお咲きに」 八重岳のさくら満開

 昨日(16日)は、選挙事務所を経て、八重岳に桜を見に足を延ばした。先月、自衛隊の演習を中止させた八重岳のさくらを、ぜひ見たかったからである。選挙事務所のある名護市街からは、車で30分もあれば行けるし、自衛隊の演習を止めてくれた桜の快挙に、ぜひお礼も言いたかった。

 標高453.4メートルの八重岳は沖縄本島で2番目の標高がある。頂上近くまでおよそ2キロほどの沿道に約7,000本の琉球寒緋桜(カンヒザクラ)があるという。毎年1月の中旬頃から桜祭りが行われている。
 昨日は、前日までの寒さとは打って変わって、青い空が広がり穏やかな陽が差す絶好の花見日和だった。

 入り口付近はまだ3分咲きの感じで、「ちょっと来るのが早かったかな?」と思ったけれど、車が頂上に向かって進むに擦れて、どんどんピンク色が濃くなってきた。

 道路脇からせり出し、アーチ状にしなった枝がまるで桜のトンネルのようになり、訪れる人を魅了する。裾野から山頂近くまで車で行くことができるので、ドライブスポットとしても大人気だ。この日は日曜日で、しかもポカポカと暖かい日差しに誘われたのだろう、かなりの人出だった。

 つづら折りになったいくつものカーブを曲がって山頂まで続く山道沿いの両脇に桜が植えられている。まるで絵を見ているようだ。

 トンネル状になった桜並木、これらの枝が自衛隊の演習を止めたのだ。「アッパレ!桜さん!よく頑張ったね。ありがとう!」と、思わず声をかけた。

 後は、どうぞ写真をお楽しみください!

 

 八重岳さくら祭りの合言葉は「一足お咲きに!」だそうです。

 

 

2022年1月17日リンクURL

南城市長選挙 告示 ~  名護市長選と共に勝ち抜こう!

 南城市長選挙も、名護市長選と同期日で投開票が行われる。こちらは辺野古に反対する現職の瑞慶覧チョービン氏がオール沖縄の候補である。平和な沖縄を目指し、住民の暮らしに根差した政治家を一人でも増やしていかなければならない。

 直接応援に行けないのがもどかしいが、南城市に住む友人知人に電話をかけまくっている。特に沖縄戦で被害の大きかった南部地域なので、「沖縄の平和がないと、日本の平和はない。戦争をしたがっている国政に加担する市長では、沖縄はまた戦場にされる」と。

 

 

 

2022年1月17日リンクURL

名護市長選挙告示 ∼ 必勝!「岸本ようへい」さん

 任期満了に伴う名護市長選挙が今日告示された。予想通り、辺野古新基地に反対する岸本ようへい氏(オール沖縄)と、自公が押す辺野古基地容認派の現職との一騎打ちとなった。

 法定ビラの配布に人手が必要との呼びかけがあったので、今日名護まで応援に出かけた。

 選挙事務所は、大勢のボランティアがビラ配布の準備、街宣カー要員などが入れ替わり立ち代わり出入りして、にぎやかなで活気にあふれていた。

 ビラ配りは市街地の一区画200軒ほどを担当。一時間ほどで配り終えた。人と出会えれば、ビラを配りながら話をして、選挙戦の感触も得たいと思ったが、商店街は日曜日の朝とあって、まだほとんどシャッターが閉まったままで、人通りもほとんどなかった。

 一人だけビラを手渡すことが出来た。年配の女性だったが、こちらから言い出すまでもなく「岸本さんは若いから、新しいことをいろいろやってくれると思う。期待しています。頑張ってください」と声をかけてもらって嬉しかった。

 

 コロナ禍で、これまでのような選挙活動が出来ず、厳しい選挙戦が続いている。秋に行われる知事選挙の前哨戦ともいわれる名護市長選挙、必ず勝利しなければならない。

 23日は、笑顔でVサイン”祝杯”をあげるぞ!

 

2022年1月16日リンクURL