総重量40t 世界一の「那覇大綱挽き」 ~ 今年は引き分け

 全長186m、総重量40トン220kg、綱直径1m58cm、手綱数236本、挽き手1万5000人、参加人員27万5000人、ギネスも認めた世界一の綱引き「那覇大綱挽」が、今日(13日)那覇市の久茂地交差点中心に国道58号線を全面交通止めにして行われました。

 午後4時から綱を引くと聞いていたので、3時半ごろに会場へ向かいましたが、あまりの人の多さに、綱に近づくこともできません。林立する旗頭だけは見え、大綱引きの雰囲気を伝えてくれます。

 40tもの大綱なんて想像もつかないでしょうから、「那覇大綱挽」のホームページから写真を拝借しました。

 那覇大綱挽の歴史は、琉球王朝時代にさかのぼり、「琉球」が国際交流都市として繁栄するに伴い、国王襲位の慶弔祝賀行事としてひかれるなど、琉球王国独特の大綱挽に成長しました。1935年(昭和10年)まで毎年挽かれてきましたが、沖縄戦で中断され、現在の「那覇大綱挽」は、1971年(昭和46年)那覇市制施行50周年を記念して復活したものです。

 1m58cmもの大綱は直接抱きかかえて引くことはできないので、大綱のわき腹から、ムカデの足のように突き出した枝綱を引きます。

 1995年(平成7年)ギネス認定、さらに97年その記録を更新したのが冒頭に紹介した数字です。誰でも参加することができ、国籍や性別年齢を超えた一大イベントでテレビ中継されるほどの大行事に発展しています。


 黒装束のむむぬちはんたー(股引半套)を身にまとった各地区の青年たちが舞う旗頭(はたがしら)が、この綱挽を応援する村の旗印です。

昔は、この旗頭振りのリーダーになることが青年たちのあこがれの的だったそうです。

 綱引きが始まる前に行われるセレモニーの一つ「シタク」。王朝時代の武将に扮したシタクが東西それぞれから登場(写真は東の武将・鬼大城、ちなみに西は安麻和利)、”我陣営に勝利あり”と、張り合い引手を鼓舞します。

 4時40分ごろ始まった綱引きは、5分足らずで決着、私は東側にいて勝どきが上がったので、東が勝ったと思ったのですが(周辺の人たちはみんなそう思った)、後でわかったことは、綱引き中に綱が切れ、裁定の結果引き分けということになったということです。途中で綱が切れるというのはこれまでになく、初めての出来事だそうです。

 戦前の話ですが夕方に始まった綱引きは、勝負が決まらず、明け方まで引き合ったということも度々あったそうです。

 <勝どきを上げる東側の人たち>

2019年10月13日リンクURL

「種」を無料貸し出し ~沖縄の伝統野菜を守る

 昨年4月、政府は種子法を廃止した。種子法とは、国民の食の源である米、麦、大豆の種子を日本の固有種として守るために、その種子の開発、育成に国が都道府県に予算をつけてきた根拠となる法律。それを活用して国と地方自治体が実務にあたり、各地域の地理や気候条件に適した品種改良を継続的に担ってきた。こうした種子法にもとづく事業から、新潟県の「コシヒカリ」や北海道の「ユメピリカ」などの優良銘柄が誕生している。今後は民間企業に任せるという。つまり種子を開発した企業が占有することが可能になった。

 種子法の廃止に加えて今年は、種苗法を改定して自家採取を原則禁止にするという。農家は作っている作物の種子を、自分で採取できない、種苗は企業から買うしかない。たとえ長年自家採取してきた作物であっても、特許登録されていなかったら、栽培すると特許権侵害で訴えられ、多額の賠償を支払うことになるという。(モンサントなどグローバル種子企業が世界各地で裁判を起こしている)

 国内唯一の亜熱帯地域である沖縄は、他の都道府県にはない特有の野菜、果物などが豊富である。これらの伝統作物を守るために、県独自の条例制定などの対策が求められている。個々の農家も伝統作物を守るためにいろいろ模索している。

 <10月4日、沖縄タイムス記事>

 種子に特許があること事態が、そもそもおかしい。どんな科学をもってしても命を一から創り出すことはできない。植物や微生物の命に多少手を加えて、農作物を作っているに過ぎない。私たち人間は植物がなくては生きていけないのだ。命の根源である植物の種子は共有こそすれ、金儲けのために企業が占有するなんていうことがあってはならないと思う。

以前にこのブログで紹介した友人が経営するブックカフェ「ゆかるひ」では、本だけでなく、種子の貸し出しも始めた。私も早速活用したいと思う。

2019年10月11日リンクURL

皆さん(沖縄・辺野古)の闘いにいつも励まされている ~ 今日(10月9日)の辺野古

 台風19号の影響が少し感じられる朝、いつものように7:00、バスで那覇を出発。時折り小雨がぱらつき、休憩で入った伊芸サービスエリアは、道路より山寄りの少し高い位置にあるので、木々がかなり揺れていた。

 8:20、辺野古に着くと九州平和フォーラムのメンバー20数名と、大阪からの女性グループ6人がすでに到着、今日もにぎやかになりそうな気配。

 

大阪からの女性たちは、かなり元気で陽気なおばちゃんたち。「沖縄では”おばぁ”というけど、大阪では”オバン”というのよ!と教えてくれた。

 いつもより人数が多かったため、バリロードの内側だけでは足りず、外側にも椅子を並べて坐りこんだ。

 逆に機動隊の方はいつもより人数が少なく、排除に時間がかかっていた。

 排除されても、元気にアピール行動で声を上げる続けるオバンたち。

今日もミキサー車が多い。

 一回目の搬入が終わり、テント下で休息をとりながら集会。千葉から来た三人組は、木更津の自衛隊基地に来年3月オスプレイが配備されることに反対の活動をしているメンバー。千葉では今月12日に”戦争する国造りNO。オスプレイいらない”県民集会を開くという。「いつも皆さんの闘いに励まされている」と。

 私は、午後から別の日程が入っていたため、2回目の搬入が始まる正午前に、友人の車で辺野古を後にした。

2019年10月10日リンクURL