劇場閉鎖は『演劇の死』 ~ 野田秀樹さん(京芸術劇場芸術監督)が意見書

 新型コロナウイルスの感染防止対策としてスポーツや文化イベントの自粛が相次ぐ中、東京芸術劇場の芸術監督で演出家の野田秀樹さんが昨日(1日)、「公演中止で本当に良いのか」と題し、「演劇人として劇場公演の継続を望む」との意見書を発表、演劇ファンの間で共感が広がっています。

 意見書の中で野田さんは、「感染症の専門家と協議して考えられる対策を十全に施し、観客の理解を得ることを前提に公演は実施されるべき」と前置きしたうえで、「演劇は観客がいてはじめて成り立つ芸術、スポーツイベントのように観客なしで成り立つわけではない。ひとたび劇場を閉鎖した場合、再会が困難になる恐れがあり、それは『演劇の死』を意味しかねない。もちろん感染症が撲滅されるべきであることには何の意義もありません。けれども、劇場閉鎖の悪しき例をつくってはなりません。劇場公演の中止は考えうる限りのあらゆる手を尽くしたうえでの、最後の最後の手段であるべきです」と。

 そして、「この困難な状況の中でも上演を目指している演劇人に対して『身勝手な芸術家たち』という風評が出回ることを危惧します。公演収入で生計を立てている多くの舞台関係者にも思いをいたしてください」と訴えています。

 まるで3月4日に行われる劇団青い鳥沖縄公演「普通の人々」へのエールかと思える野田さんの意見書です。劇団青い鳥も、観客席はじめドア、トイレなど劇場内の全般の消毒、観客の手洗浄など万全を尽くして上演を実現させたいと考えています。チケットを求められた皆さんに感謝を込めて、予定通りの上演をご案内をいたします。

「青い鳥公演決行!」と聞いて、前にチケットを買った友人が、改めて家族5人分のチケットを買い「コロナなんかに負けないで!」と励ましてくれました。持つべきは友ですね。ありがたいことです。

2020年3月2日リンクURL