もう黙ることはしない ~ マスコミ・セクハラ白書

「胸触ってもいい?」「抱きしめてもいい?」
財務省幹部から、テレビ朝日の
女性記者が言われたことばだ。

この記者と、自分を重ね合わせた女性たちがいた。
他人のセクハラを取材してきた
「私たち」こそが、当事者だった!
もう黙ることはしない―。

決意の白書、社会時評、
そして主要メディアのセクハラ対策調査を、
これからペンを持とうとする女性たちへ送りたい。

この本「マスコミ・セクハラ白書」:WⅰMN編著 の表紙裏に記された言葉である。

 伊藤詩織さんの例が特別なものではなく、いまだに少数派であるメディアで働く女性たちが、取材先で出会う性暴力、性差別、パワハラがいかに日常的なものかが、この本によって改めて浮き彫りになった。

 身体を触られる、セクハラ発言、差別扱い、パワハラは日常茶飯事、取材で会った政治家や、県庁幹部、警察幹部からレイプされた女性記者たちの証言。

被害を告発、抗議をすることで、取材ができなくなったり、味方であるはずの職場で担当を外されたり、二重、三重の被害を受ける。

 社会的権力を持つ側の、さらに「男」というだけで身に着けるもう一つの権力のあまりのおぞましさに吐き気を催し、胸が苦しくなったり、お腹が痛くなったりして、何度も読むのを中断しながら、やっと読み終えた。40年近く放送局で働いてきた私も、自分の身に重ね合わせた一人である。

 この本は最後にこう呼びかけている。「読者のみなさまへ。もし今、あなたが辛い立場にあるとしても、あなたは一人ではありません。それが本書に込めた私たちのメッセージです」

 女性たちの証言だけでなく、コラム(社会時評)や、アンケートによるマスコミ各社のセクハラ防止対策なども掲載されている。これからメディアで働きたいと思っている若い人たちにも、ぜひ読んでもらいたい一冊である。

 WⅰMN (うぃめん)」メディアで働く女性ネットワークは、テレビ局の女性記者に対する財務省幹部のセクシャルハラスメント事件をきっかけに、メディアで働く女性たちの職能集団として2018年春に発足。会員100人超(2019年末現在)。新聞、通信、放送、出版、ネットメディアなどで活動する(フリーランスを含む)女性たちで構成。北海道から沖縄まで、海外在住者も。

ホームページ:http://wimnjapan.net

 

2020年3月31日リンクURL

春ですねぇ! ~ カトレア咲く

 毎年あでやかな姿を見せてくれる我が家のカトレアですが、今年は特にコロナの嵐を吹き飛ばせ!とばかり、豪華絢爛に5輪の大きな花が満開です。

 放射状に花をつけたので、カメラに収まり切れず、どうしてもワンフレームに4輪しか入れられません(私の撮影技術では)。花の女王と言われるだけあって、存在感は半端なく、香りもすごいです。まるで辺りに香水でも振りまいたかと思うほど。

 奥の方にもう一本花芽をつけたバルブがあり、さらにこれからが楽しみです。

 カトレアの隣でカニラン(シャコバサボテン)も開花しました。

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月28日リンクURL

旧安和桟橋の撤去と本部塩川港のベルトコンベアー設置問題で沖縄県と交渉 ~ 平和市民連絡会

 26日(木)は、平和市民連連絡会が行った沖縄県交渉に参加した。

 今回の要請交渉の案件は二つ。旧安和桟橋の使用期限延長問題と、本部塩川港のベルトコンベアー設置問題、いずれも今後の辺野古埋め立ての進捗に大きな影響を与えるだけに県民の関心は高く、70名余の人々が集まった。

 <要請行動を前に、県庁ロビーに集合した人々>

 一つ目の辺野古の埋め立て土砂の搬出元となっている琉球セメントの安和桟橋について。
 琉球セメントは、桟橋の老朽化を理由に沖縄県の許可を得て、新しい桟橋を建設した。許可申請の書類には新桟橋の完成後、旧桟橋は使用しないとなっているが、完成後新桟橋はもっぱら辺野古への埋め立て土砂の積出に使用され、本来の建設目的であるセメント製造に関連する資材の搬入搬出に、旧桟橋が使われ続けている。

 これは、新桟橋の目的外使用であるばかりでなく、激しく老朽化して今にも崩れ落ちそうな旧桟橋で作業を余儀なくされている労働者が危険にさらされているとして、これまで平和市民連絡会をはじめ、いくつもの市民団体が指摘し、直ちに使用を止めるよう再三要請してきた。が、

<老朽化した旧安和桟橋>

沖縄県は、「現状を確認中」というばかりで、琉球セメントに対し、毅然とした態度をとるこができず、今日に至っている。

 そんな中、こともあろうに琉球セメントは、臆面もなくこの3月31日で使用許可期限が切れる旧桟橋の使用期限の延長を、沖縄県に申請してきた。そんなさらに違反行為を重ねるような申請に許可など与えてはならないと抗議した。

「あくまで解体撤去のための使用延長」とする県に対し、市民側は「本来使用期限というのは、期限が切れるまでに解体撤去を済ませるべきであり、これまでも琉球セメントは県の指示に従わなかったり、許可条件に違反する行為を重ねており信用ならない」と強く訴えた。

<県側から土建部統括監、港湾課長、海岸防災課長らが対応。交渉会場は70名を超える市民でいっぱいになった>

 二つ目は、本部塩川港のベルトコンベア設置問題。                                1月末、本部塩川港のベルトコンベア設置に関する港湾施設用地の使用許可申請が出された。

 特に大きな問題となったのは、本部塩川港にはすでにベルトコンベアが何の手続きもなしに不法に置かれている件だ。県は、「再三、撤去するように指導している」と言うが、それを無視し続ける業者に、何ら有効な手を打てずにいる。市民らは、「ベルトコンベアを不法に設置し、県の撤去の指示にも従わないような悪質業者に、新たなベルトコンベア設置の許可などあってはならない」と県の姿勢を追及した。

 また、県は「ベルトコンベアが持ち込まれたのは1ケ月ほど前」としているが、市民側は証拠の写真を示し、「港にはもう何年も前からベルトコンベアが放置されている」と指摘した。

 これらの要請に対し県は、「許可申請の書類が適切であれば、許可せざるを得ない」というばかりで「あらゆる手段で辺野古新基地を止めるという県の方針に反する!」と、市民らの怒りを買った。

 県庁前広場では先週から市民有志によるスタンディング行動が行われている。

 いま沖縄県は、辺野古をめぐって最大の正念場に立たされている。連日辺野古ゲート前をはじめ、安和、本部塩川港で必死の抵抗を続ける県民の行為を無にするようなことが、万が一にもあってはならない。

 

2020年3月27日リンクURL