劇場閉鎖は『演劇の死』 ~ 野田秀樹さん(京芸術劇場芸術監督)が意見書

 新型コロナウイルスの感染防止対策としてスポーツや文化イベントの自粛が相次ぐ中、東京芸術劇場の芸術監督で演出家の野田秀樹さんが昨日(1日)、「公演中止で本当に良いのか」と題し、「演劇人として劇場公演の継続を望む」との意見書を発表、演劇ファンの間で共感が広がっています。

 意見書の中で野田さんは、「感染症の専門家と協議して考えられる対策を十全に施し、観客の理解を得ることを前提に公演は実施されるべき」と前置きしたうえで、「演劇は観客がいてはじめて成り立つ芸術、スポーツイベントのように観客なしで成り立つわけではない。ひとたび劇場を閉鎖した場合、再開が困難になる恐れがあり、それは『演劇の死』を意味しかねない。もちろん感染症が撲滅されるべきであることには何の意義もありません。けれども、劇場閉鎖の悪しき例をつくってはなりません。劇場公演の中止は考えうる限りのあらゆる手を尽くしたうえでの、最後の最後の手段であるべきです」と。

 そして、「この困難な状況の中でも上演を目指している演劇人に対して『身勝手な芸術家たち』という風評が出回ることを危惧します。公演収入で生計を立てている多くの舞台関係者にも思いをいたしてください」と訴えています。

 まるで3月4日に行われる劇団青い鳥沖縄公演「普通の人々」へのエールかと思える野田さんの意見書です。劇団青い鳥も、観客席はじめドア、トイレなど劇場内の全般の消毒、観客の手洗浄など万全を尽くして上演を実現させたいと考えています。チケットを求められた皆さんに感謝を込めて、予定通りの上演をご案内をいたします。

「青い鳥公演決行!」と聞いて、前にチケットを買った友人が、改めて家族5人分のチケットを買い「コロナなんかに負けないで!」と励ましてくれました。持つべきは友ですね。ありがたいことです。

2020年3月2日リンクURL

劇団 青い鳥20年ぶりの沖縄公演「普通の人々」3月4日決行!

 少なからぬご縁があり、20年前とおなじく公演の応援をしています。コロナウィルスの流行に関連して、様々なイベント、行事、集会等が中止になる中、「初志貫徹!」決行することになりました。

 会場内の客席をはじめ、トイレを含む周辺の消毒、観客にい対する手指消毒用スプレーの用意(必要な方にはマスクも)など、感染対策を徹底して行います。ぜひいらしてください。

 

 平和や人権、基地問題など「沖縄」と直接関係のないテーマのため、様々な問題を抱え、受難続きの沖縄で「こんなときに!」と、チケットを広めるのにいささか苦戦していますが、純粋に演劇として楽しんでいただければ、そこに自ずと湧き出てくる人として生きていることへの共感と「ウチアタイ」に、心を潤すことができる舞台になっているはずです。

 いろんな意味で「こんなときだからこそ」沖縄の人に観てもらいたい作品です。テンブスホールでお待ちしています。

<2月29日 琉球新報 ↑>

 

2020年2月29日リンクURL

新型コロナにも負けず! ~ 今日(2月26日)の辺野古

 今朝も平和市民連絡会の早朝バスで7:00那覇を出発。昨日から、安和桟橋と本部塩川港で「5日間集中行動」が始まっいているため、今日の辺野古ゲート前は、人数が少ないだろうと予想された。降水確率50%の天気予報も気になる。

 雨対策も万全にして、まずは座り込んだ。

 一回目搬入後の休憩時間に名護市議の大城敬人さんが、新基地問題を考える辺野古有志の会とティダの会が、安和港の旧桟橋の使用禁止、撤去を求めて、県や名護市の労働基準監督署に申し入れをした報告を行った。 

「琉球セメントは、桟橋の老朽化を理由に新しい桟橋をつくり、そこから連日辺野古埋め立てのための土砂を搬出している。本来の仕事であるセメント製品の積出は、老朽化して使えないはずの旧桟橋を使い続けており、目的外使用もさることながら、激しく腐食し崩壊寸前の旧桟橋で作業を行っているのは、そこで働いている労働者を危険にさらしている」というもの。

<沖縄タイムス2月14日  ↑>

 辺野古の座り込みに参加している人たちの中には、いろいろな分野の専門家も多い。今日は生物学の専門家(元大学教師)が、いま世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルスについて、「ウィルスの特性をしり、正しく対処すれば感染を防げる」と、対処方法を解説した。

 それにしても、インフルエンザは毎年流行し、2016年は1463人、17年は2569人、18年は3325人が新型インフルエンザで死亡したと言われている。特に去年は(日本で)1月だけでも1685人と1日平均で54人の方が亡くなっている(ちなみに去年の9月時点で3000人の死者)が、これほど大騒ぎにはなっていない。

 今回の新型コロナウィルスでは、あらゆるイベントや行事が、自粛の名のもとに中止、延期と騒がれるのはなぜなのか?何かしら違和感を覚えるのは私だけなのだろうか?

どんなに新型コロナ肺炎が怖くても、沖縄の私たちは辺野古で工事が進むかぎり、座り込み・抗議行動を休むわけにはいかないのだ。

 

 今日(26日)も、辺野古ゲート前では、延べ140人ほどが座り込んだが、3回にわたる搬入で合計158台(内、生コン・ミキサー車73台)の工事車両が入った。

 また、5日間集中行動が取り組まれている安和桟橋では、海上にカヌーが12艇出て運搬船の離岸を1時間ほど遅らせ、本部港塩川埠頭では13:30までダンプの搬入を止め、土砂の積み込みをいつもの半分に抑えたということである。

2020年2月27日リンクURL