「種」を無料貸し出し ~沖縄の伝統野菜を守る

 昨年4月、政府は種子法を廃止した。種子法とは、国民の食の源である米、麦、大豆の種子を日本の固有種として守るために、その種子の開発、育成に国が都道府県に予算をつけてきた根拠となる法律。それを活用して国と地方自治体が実務にあたり、各地域の地理や気候条件に適した品種改良を継続的に担ってきた。こうした種子法にもとづく事業から、新潟県の「コシヒカリ」や北海道の「ユメピリカ」などの優良銘柄が誕生している。今後は民間企業に任せるという。つまり種子を開発した企業が占有することが可能になった。

 種子法の廃止に加えて今年は、種苗法を改定して自家採取を原則禁止にするという。農家は作っている作物の種子を、自分で採取できない、種苗は企業から買うしかない。たとえ長年自家採取してきた作物であっても、特許登録されていなかったら、栽培すると特許権侵害で訴えられ、多額の賠償を支払うことになるという。(モンサントなどグローバル種子企業が世界各地で裁判を起こしている)

 国内唯一の亜熱帯地域である沖縄は、他の都道府県にはない特有の野菜、果物などが豊富である。これらの伝統作物を守るために、県独自の条例制定などの対策が求められている。個々の農家も伝統作物を守るためにいろいろ模索している。

 <10月4日、沖縄タイムス記事>

 種子に特許があること事態が、そもそもおかしい。どんな科学をもってしても命を一から創り出すことはできない。植物や微生物の命に多少手を加えて、農作物を作っているに過ぎない。私たち人間は植物がなくては生きていけないのだ。命の根源である植物の種子は共有こそすれ、金儲けのために企業が占有するなんていうことがあってはならないと思う。

以前にこのブログで紹介した友人が経営するブックカフェ「ゆかるひ」では、本だけでなく、種子の貸し出しも始めた。私も早速活用したいと思う。

2019年10月11日リンクURL

アートな島サバ(ぞうり)

 沖縄では「ぞうり」のことを「サバ」といいます。
島サバはとても質素なゴムぞうり。いま70代の私が子どものころは、靴が履けるのは正月か運動会くらいで、日常はいつもこの島サバことゴムぞうりをはいて、学校から畑からどこへでもでかけていました。

 タイトルの「アートな島サバ」に出会ったのは、今から数年前、友人がオーナーシェフをしているイタリア料理の店の壁に飾られていました。聞けば店の常連客に器用な人がいて、何の変哲もない島サバに、わが友人にそっくりな似顔絵とお店の名前が彫られていて、すてきなアート作品になっていたのです。

 その店に飾られていた「島サバ」に一目ぼれした私、このアートなぞうりを履いてもらいたい、と思う人がありました。それはもう10年以上お世話になっている氣功の恩師ご夫妻が、サーフィンをしていらっしゃるので、ぴったりだと思ったのです。この島サバを履き、サーフボードを小わきに抱え砂浜に立っているお二人の姿が目に見えるようでした。

 しかし、残念ながらその人は仕事としてやっているのでなく、趣味で島サバアート(私の勝手な命名)をしているだけ、ということで思いはかないませんでした。

 あれから数年、先日やっと同じような「アートな島サバ」を手掛けている人を見つけたのです。その人は、市場道りのお土産品店の店先に机一つを据えて島サバを彫っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがその「アートな島サバ」です。いいでしょう!!

 そして、念願の師匠ご夫妻への贈り物の「島サバ」を彫ってもらいました。完成品はこちらで~す。

 作者はこの方です。(”たまぞうり”さん)

 文字やイラストを彫る人は他にもいるようですが、 写真から似顔絵を起こし、ここまでうまく彫ってくれる人はそうはいません。

 1時間半くらいで1足できるそうですが、外国からの観光客にかなり人気があって予約が殺到しており、注文から完成まで2週間ほどかかりました。

 いつか自分用も欲しいなぁと、思っています。

 

2019年9月6日リンクURL

ピンクドット沖縄2019開催 ~ 誰もが自分らしく生きやすい社会をめざして」

 性の多様性を認め、誰もが生きやすい社会を目指すイベント「ピンクドット沖縄」が、今日(9月1日)琉球新報社一階の広場で開催された。 

 <シンボルカラーのピンク色に染まった会場>

 会場では、全国で初めてパートナーシップを取り入れた東京・渋谷区の行政としての取り組みの紹介をはじめ、コンサートや

 同性婚を認めない人権侵害の違憲訴訟の当事者と、支援する弁護士グループによるトークライブ、

 アジアで初めて、同性婚を実現させた台湾から、この運動の活動家ジェニファー・ルーさんを招いてのトークセッションなどが行われた。

 会場では、協賛企業の出店もあり大勢の人でにぎわっていた。

 

2019年9月1日リンクURL