庭の恵み 1月~ 野イチゴの花が咲きました!!

渡嘉敷島から苗を移植した野イチゴ(リュウキュウバライチゴ)の花が、三年目にしてやっと咲きました。3月から4月ごろには実が熟するはずです。楽しみ!

これも↓渡嘉敷島から移植したニガナ。苳が立ち花をいっぱいつけています。

野菜の花は、派手ではありませんが、よく見ると綺麗で愛らしい花が多いです。あまり目立つと花のうちに摘まれてしまって種を付けられないので、これも植物の命を繋ぐ知恵なのでしょうね。なかなか賢いです。

柄にもなく(失礼!)大輪の真っ赤なバラが好きだった母が植えた一株のバラが、暮れ頃からたくさん花を付けました。

母の形見なので大切に育てています。

 

今年はあまり寒くならないからでしょうか、庭のリュウキュウコスミレが少ないように感じます。

     

紫が定番ですが、白色もあります。スミレは私が一番好きな花。誕生日月とも重なるからでしょうか。毎年スミレが咲くこの季節が待ち遠しいです。

2017年1月11日リンクURL

ブーゲンビレア2題

まだまだ日中はクーラーがほしい沖縄です。
12月とは思えない日差しの中で、色を増すブーゲンビレアが美しい。

p1040776<赤瓦とのコラボも絶妙。二種類の色のブーゲンビレアが配されている>

 街で見かけた花々にカメラを向けながら、30分ほど歩いて事務所に向かうのが私の日課。いつもの道なのに、毎日新しい発見がある楽しい道草です。

p1040781 三階建の細長い建物を縁飾りのように彩るブーゲンビレア。白い壁をカンバスにした一枚の絵のようでもある。家の主の美的センスが偲ばれる。花々の美しさに触れるたび、自然の采配のなせる業に、人間の力なんぞちっぽけなものと、感じ入るばかりです。

 

 

2016年12月12日リンクURL

庭の恵み~11月

11月、我が家(実家)の庭の様子です。

p1040168p1040169

芙蓉の花が満開です。

高江、辺野古へ通うやんばる路も、素朴な自生の芙蓉がいっぱい咲いていて、見る人を和ませてくれますが、こちらは園芸種の酔芙蓉です。

p1040171p1040174

p1040312

人気のハーブ・ローゼル。先週収穫してしまったのですが、ハーブティにしたり、ジャム、酵素づくりなど用途も広いハーブです。

収穫してしばらくは、花瓶にさして生け花として楽しみました。なかなかかっこいいです。ちょこちょこと一粒摘み取っては、生ハーブティにして贅沢気分を味わっています。

p1040180 四季柑(レモンの一種)。花がたくさん咲き、最初は小さな実がたくさんついたのですが、収穫まで成長したのは、2個だけでした。何が原因なのかなぁ?

p1040178 万能の薬草と言われる「モリンガ」。一粒の種から数年で大木になりました。

今年最後の台風で枝が一部折れてしまったので、幹を半分くらいに剪定したところ、わずかひと月あまりで、こんなに勢いよく新芽を出してくれました。

剪定した葉は、乾燥させてハーブティに。かなり大量の収穫だったので、家族だけでなく、友人知人におすそ分けしました。

DVC00025.JPGこちらの赤は、唐辛子です。左端の小ぶりなのは激辛で知られる島唐辛子。そろそろ収穫時期です。

161121_085533

p1040179

観葉植物のクロトンも、涼しくなって色が冴えてきました。

猫の額ほどの庭ですが、「土がある」というだけで、こんなにも豊かな恵みがもたらされます。大地の力、その波及効果は計り知れないものがあります。

2016年11月23日リンクURL