ニンニクカズラの花と小父さん

 外出する際いつも利用しているバス停の向かいに、店先の路肩に季節の花を絶やさない自動車修理工場があります。オーナーが花が好きで大切に育てているようで、花たちを見ていると、いかにも幸せそうで優しい波動が伝わってきます。

 ちょうど季節の花・ニンニクカズラがきれいな花をつけています。私がカメラを向けていると「花と一諸に写してあげようか?」と、声をかけてきた年配の男性がオーナーでした。「いつも楽しませてもらっています」と礼をいうと、嬉しそうに花自慢がいつまでも尽きません。まさに「花とおじさん」という感じの方でした。

 葉や茎をつぶすととニンニクのような匂いがするので、英名(ガーリックバイン)から「ニンニクカズラ(大蒜葛)」と和名がつけられたそうです。ニンニクの匂いがすると言っても、傷つけなければ匂うこともありませんので、栽培するうえでは何の支障もありません。

 花は4~5㎝くらいで、紫赤色で内部が白く漏斗状の花をびっしりと付け、美しい花を咲かせます。咲き始めは濃い色ですが、だんだん爽やかな明るい紫色に変わり、やがて白色に変わるので、鉢植えにすると一株で移り変わるさまざまな花色が楽しめます。

原産地は熱帯アメリカ。寒さに弱いので、日本では沖縄、奄美大島くらいまでが、北限のようです。主な開花期は10~12月ですが、沖縄では5月~7月、11月~12月と年に2回開花します。
つる性で、
壁面緑化、パーゴラ、アーチ仕立てに向いています。

ずいぶん調べましたが、花言葉は見つかりませんでした。

 ちなみに現地の熱帯アメリカの先住民たちは、この葉やつるが発熱や呼吸不全、皮膚病などの症状をおさえる目的で利用しているそうです。

2017年12月1日リンクURL

秋の終わりにトックリキワタ

 花が咲かなければ、そこにそんな木があることも気づかないこともよくあります。

よく買い物をする栄町リウボウの駐車場の片隅に、大きなトックリキワタの木があって、いま満開です。かなり大きい木ですから、もう何年もこのように花をつけていたの思うのですが、今年初めて気がつきました。

遠目には桜にも見えるトックリキワタ。カポック、トロボチ、沖縄では「南洋ざくら」と言われ親しまれています。

近づくと、やっぱり桜とは全く違いますね。

トックリキワタを日本で最初に導入したのは、当時まだアメリカ軍の軍政下にあった沖縄です。琉球政府の農業技術者であった天野鉄夫さんという人が、1964年、沖縄県民が多数移住したボリビアの移住10周年記念式典に参加した際に、ボリビアから種子を持ち帰ったて栽培に成功し、県内各地に植えられるようになったそうです。

沖縄では10月下旬〜12月上旬に花が咲きます。

辺野古へ向かう高速道路の沿道にも十数本のトックリキワタが花をつけていて、車窓から眺めると桜並木のようでもあります。

2017年11月25日リンクURL

台風一過の酔芙蓉

我が家の庭の「酔芙蓉(すいふよう)」が満開です。

ちょうど枝いっぱいにつぼみをつけていたときに、台風が接近したのでつぼみがやられてしまうのではないかと心配しましたが、嵐にも負けず花開いてくれました。葉っぱは少々傷んでいますが…。

「酔芙蓉」、なまめかしい名前ですね。花が開き始める朝方は、淡いピンク色ですが、陽が当たるにつれてだんだんと赤みが増し、夕方には濃い紅色なって、しぼみます。

だんだんに紅色が濃くなる様子が、お酒を飲んで頬を赤らめていく女性の様子に似ていることから「酔芙蓉」と名付けられたそうです。

 

2017年11月11日リンクURL