街は早くもクリスマス気分

昨日は昼中は30度近くまで気温が上がり、今日も最高気温が28度の予報。秋の風情も、ちょっぴりおセンチな気分もどこかへ吹き飛んでしまった感じでしたが、さすがに陽が落ちると、涼しい風がほほを撫でてくれるので、ほっとします。

先週末から、パレット久茂地前の交差点は、一気にクリスマスへと衣替えです。本来なら、これからの季節、クリスマス、お正月と続くワクワク待ち遠しい季節なのですが…。

p1040296

p1040297

p1040308

p1040298

p1040299

2016年11月15日リンクURL

11月1日は 泡盛の日~マイ古酒を初公開

%e6%b3%a1%e7%9b%9b%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%80%80%e5%ba%83%e5%91%8a%e2%91%a0 <沖縄県酒造組合の新聞広告より 11月1日 琉球新報>

 「君知るや名酒あわもり」と 琉球泡盛を讃えたのは、発酵学の権威として知られる東京大学名誉教授坂口謹一郎博士。酒造業界からは「酒の神様」と敬われている方です。(雑誌「世界」の昭和四十五(一九七〇)年三月号に同名の論文を発表した)

沖縄の地酒・泡盛は、近年 健康に良いとして注目を浴びる黒麹菌を使用して造られる日本最古の蒸留酒です。およそ600年の歴史がある言われています。

泡盛と健康の美味しい関係、それは、低カロリー、糖質ゼロ、プリン体ゼロ、ポリフェノールはワインの3倍と、まさに百薬の長です。

泡盛の最大の特徴は「古酒」になること。
つまり、寝かせれば寝かせるほどうまくなるお酒なのです。
我が家も、19年古酒を育てています。

8年前、定年を祈念してマイ甕を焼いてもらい、10年古酒を仕込みました。2~3年に一度仕次をしつつ、今年1月に18年古酒に成長したマイクース(古酒)を初公開します。

DVC00006.JPG

2016年11月3日リンクURL

沖縄の産業まつり  覘いてきました

今年、第40回の歴史を持つ「沖縄の産業まつり」。毎年楽しみにしていたイベントでしたが、思えばここ3年ほど行っていませんでした。

時間的にだけでなく、そういうことを楽しむ気持ちの余裕を失っていたかもしれないと気がつき、ちょっと胸ドキッ。

用事で会場の近くまで行ったので、雰囲気だけでもと、最終日の昨日(23日)、30分程度駆け足で覘いてきました。

DVC00019.JPG

期間中三日間に数十万人が訪れる県内屈指のイベントである産業まつりは、第一回の1977年にはわずか75社だった出店が昨年は522社と大きく成長。国内外からバイヤーが集まる産業見本市の役割も果たしています。

DVC00008.JPG

DVC00018.JPG

沖縄の産業といえば、「泡盛」は筆頭格。47酒造所ほぼ全メーカーが店舗を出します。

DVC00015.JPGDVC00016.JPG

また、沖縄は薬草やハーブの宝庫でもあり、県外では珍しい貴重な薬草でも、沖縄では普通に道端に生えていたりする環境に恵まれた地です。

DVC00012.JPG

観光おみやげの定番「琉球ガラス」も人々の暮らしの中から生まれた県産品。

DVC00013.JPG

沖縄が誇る工業品の展示もいろいろ。

DVC00006.JPG

子どもたちも楽しめるようイベントステージもありました。

DVC00017.JPG

私のお目当ては、毎年園芸コーナー。熱帯花木がいっぱい。見るとあれもこれもほしくなるけど…。

DVC00005.JPG

DVC00003.JPGDVC00004.JPG DVC00002.JPG

ぐっとこらえて、一鉢だけ購入したのは、これで~す。

DVC00001.JPG                  <斑入り ミリオンハート💛>

時間がなくて、肝心の、今年の新製品や知事賞など優良県産品を紹介する会場には行けなかったのが残念。後ろ髪惹かれる思いで帰ってきました。

600店舗近くの出店がある中で、私がのぞいたのはわずか10店舗余り。それでも、十分気持ちが潤いました。

今週、来週と沖縄はビッグイベントが目白押し。心が擦り切れるような出来事ばかりが起こる沖縄ですが、本来は文化的にとても豊かな社会だと思います。

米軍基地の存在がいかに沖縄県民の人生の豊かさを奪っていることか、改めて思わざるを得ません。一日も早く、平和と心豊かな日常の暮らしを取り戻したいものです。

DVC00020.JPG

2016年10月24日リンクURL