皆既月食とスーパームーン

 この日(26日)は多くの人たちが夜空を見上げていましたね。


 ビルの谷間から、やっと顔を出した赤い月。コンクリートジャングルの那覇の市街地で、赤い月の天体ショーを見ることができたのは、皆既月食から少しずつ月の光が回復し始めた20時過ぎでした。

 その後も梅雨空の雨雲に阻まれて、なかなかいい絵が撮れません。(22:26)スーパームーン見たさに、雲の切れ間を狙ってカメラのシャッターを切り続けました。

 薄雲に覆われた満月も、御簾の向こうのような風情があります。

 月の光以外にほのかに映っているあやしい光は何でしょうかね?周囲のビルの明かりの反映でしょうか?(23:01)

  やっと満月らしい姿をとらえることができました。(23:04)

 スーパームーンに願い事をすると、叶えられる確率が高いそうです。皆さんも何か願掛けをしましたか?   えっ!私ですか?もちろんしましたよ。何を?ですって! それは、な・い・しょ!

 わがふるさと渡嘉敷島の海では、この日サンゴの産卵が確認されたそうです。

<5月28日 琉球新報>

 

2021年5月29日リンクURL

梅雨の花・いじゅ

 沖縄のことばで梅雨を「スーマンボースー」といいます。それは沖縄の梅雨の時期が、日本の季節の移ろいをあらわす二四節気の「小満・芒種」の頃と重なるところから来ています。

 新暦では、小満が若草萌える5月の中旬から6月のはじめ、芒種は6月初旬から中旬の終わりころにあたり、麦や稲など穂が出る作物の種を植える時期とされています。

 いままさに小満の真っ只中、梅雨の似合う花「いじゅ」がやんばるの野山を彩っています。しかし、今年も5月10日に梅雨入り宣言したものの、その後ほとんど雨らしい雨が降らず、いじゅの花も心なしか寂しげです。

 スーチーさんの髪飾りに差し上げたいような美しい花ですよね。沖縄のいにしえの人々もいじゅの美しさに魅せられたようで、琉歌にもたくさん詠みこまれています。

「伊集ぬ樹ぬ花や  あん清らさ咲ちゅい わぬん伊集やとて  真白咲かな」

「いじゅの木の花は、あんなにも清らかに美しく咲いている。私も あのいじゅの花のように美しく清らか(真白)に咲きたいものだ」

 

 ところで沖縄の梅雨ですが、前半の小満の頃は少雨気味で、芒種に入った後半に大雨になる傾向にあります。そして梅雨明けはハリー鐘がなる6月20日から23日になります。

 何か今年も例年通りになりそうな気配です。

 

2021年5月27日リンクURL

真和志中のオオゴマダラ

 事務所の近くに真和志中学校があります。
さらに、道路を挟んで校門を向かい合わせるようにして小学校(大道)もあり、校庭のスピーカーから流れる始業・終業を知らせるチャイムの音が郷愁を誘って、あまりの心地良さにしばし身をゆだねることも…。

 付近は古くからの住宅街で、近くに学校が二つもあるとは思えないほどとても静かな環境です。

 その真和志中学校の教室の壁沿いに見事な緑のカーテンが張られているのですが、ゴーヤーではないし、ツルムラサキでもない、遠目ではそれが何の植物なのかわからず、以前から気になっていました。

 最近それが何か判明、胸のつかえがとれたような気分です。ご覧の通りオオゴマダラが群れるように舞っています。オオゴマダラの食草ホウライカガミだったのです。

 我が家にもホウライカガミはありますが、まだ小さい鉢植えのため、同じものとは気が付きませんでした。

 沖縄地方は、昨日(5日)、平年より5日、昨年より11日も早く梅雨入りしましたが、梅雨が明けるころには、緑のカーテンを飾る宝石のように、黄金色のさなぎが風に揺れて”鈴なり”、だといいなぁ。楽しみです。

 

 

 

 

2021年5月6日リンクURL