軍隊による性暴力事件に怒り! ①~ 4月20日の辺野古

 連日報道されるウクライナ戦争のニュースに、心の中がぐちゃぐちゃにちぎられるような思いがする。沖縄戦体験者にとっては、なおさらのことだろう。今日(20日)も、きな臭さが漂う辺野古へ。

 この日の辺野古では、先日明らかになった米兵による女性に対する性暴力事件に、みんなの怒りが向けられた。

 ここは戦争のための最新鋭基地の建設現場。基地・軍隊は暴力の極み、諸悪の根源とは、沖縄戦を知る県民の共通認識である。

 戦場だけにとどまらず、戦後の沖縄では米兵によるおびただしい性暴力の発生で、どれだけ大多くの女性の命と人権が踏みにじられてきたことか!あまり報道されないが、戦場となったウクライナでも、まさにいま同じことが起こっていると容易に想像がつく。だから私たちは、新たな基地建設に反対してここに座り込んでいる。この件については項を改めてて書くこととする。

 

 

 一回目の9:00前は、30余名が座り込んだ。今日(20日)も最前列で頑張る文子さん。今週に入ってダンプやミキサー車など工事車両の数が急激に増えているという。 

 過積載の違法ダンプも、相変わらず野放し状態だ。

 工事用ゲートでの一回目の座り込みの後、トイレ休憩もあわただしく11:00に間に合わせて今度は第4ゲートに駆け付け座り込み。↓

 

 第4ゲート周辺の森林乱伐は先週の状況からさらに進んでいた。切り捨てられた木々の姿が痛々しい。

 山が丸裸になり、海の土砂搬入の様子が丸見えだ。ここでも機動隊に排除されて2台の工事車両を入れられた。 

 またあわただしく工事用ゲートに戻り、正午前2度目の座り込み。

 12:30、やっとお昼にあり着いた。今日の差し入れは「ピタンガ」という木の実。甘酸っぱい味が、暑さと疲れをいやしてくれる。 

 2時の搬入に備えて、今日二度目の代ゲートの座り込み。しかし、2時を20分過ぎても、工事車両も県警も来なかった。どうやらすっぽかされたようだ(苦笑) 

 3時の三回目に間に合わせるため、急いで工事用ゲートに戻って座り込む。

 工事用ゲートと第4ゲートを行ったり来たり計5回の座り込み、さすがに疲れる。急激に暑さを増す梅雨入り前の沖縄。これからやっってくる猛暑の夏が思いやられる今日の辺野古だった。

 

 

 

 やんばる路の沿道は自生のグラジオラスが、いま花の盛りを迎えている。

 

2022年4月21日リンクURL

今日は文子さん(93歳)の誕生日 ~ 今日(4月13日)の辺野古

 やんばるの山々は梅雨の花・いじゅがちらほら咲き始めた。再来週頃には満開になりそうだ。今日中の最高気温は27,5度との予報。

 早くも台風1号が発生、沖合の珊瑚の環礁に白波が立っているのを見ながら、今日も辺野古へ。

 9:00一回目の搬入に備えて30名余が座り込んだ。

 

 今日のゲート前は車いすが二つ並んだ。杖はついても、例え車いすでも、新基地をつくらせない思いは表すことが出来る。「自分のような足元不確かな年寄りが行くと、足手まといになるから…」と、辺野古へ一度も来たことのない私の友人は言ったが、車いす大歓迎、みんながサポートする。 

 車いすの人がいると、県警も扱いが丁重になるから、排除に時間がかかる。足手まといどころか10人力を発揮する。

 車いすの常連は島袋文子さん。なんと今日は文子さん93歳の誕生日。今日の座り込みは「♪  ハッピーバースデー文子さん  ♪♪」の歌で始まった。 

 いつもこの笑顔でみんなを勇気づける文子さん。

 理由はわからないが、今日の搬入は9時の一回だけで、正午と午後3時はないという。それでも第4ゲートは11時と午後2時に工事車両の出入りがあるので昼食を挟んで座り込むことになった。

 

 一回目の座り込みの後の休憩時間に、カヌーチームのメンバーから海上の取り組みの報告がなされた。今日は波が高く、カヌーによる海上行動は中止になったとのこと。延長工事が始まったK9護岸の様子が伝えられた。 

 11時前、第4ゲートに移動。

  沖に白波がたっているのがわかる。

 基地(弾薬庫エリア)と国道との間に、また新たに丈夫なフェンスが建てられていた。 

 工事車両を誘導してきた防衛局の車とにらみ合い。

 

 座り込む市民と機動隊との攻防を、道路向かいで満開のクチナシの花が、静かに見ていた。できることなら私はクチナシの花になりたい。

 

2022年4月14日リンクURL

清ら水を取り戻そう! ~ 「PFASから命を守る県民集会」

 10日(日)は、宜野湾市民会館で行われた「PFASから命を守る県民集会」に参加した。

 集会は、古謝美佐子さんの歌とトークで幕を開けた。「公演旅行で県外に出かけ、そこで川底まで見える清流が流れているのを見て驚いた 私が生まれ育った嘉手納の比謝川は、子どものころからの記憶をたどっても、いつも濁っていた。澄み切った水の流れる比謝川を一度も見たことがなかったからだ。豊かに流れる清流に”これが本当の川なのだ!”と感嘆した。水は命の源。沖縄の川に清流を取り戻そう!そのための活動に、これからもお手伝いしていく」と語り、心に沁みる歌声を響かせた。

 今集会のメインは、米軍による環境汚染の問題を追及し続けている環境ジャーナリストのジョン・ミッチェルさんの講演。

 ミッチェルさんは、「12年間沖縄におけるPFAS汚染を調査してきた。軍事基地のあるところどこでもこの問題は起こっているが、沖縄は最も問題が深刻で広範囲にわたっている(6市町村45万人がPFASに汚染された水道水を飲み続けている)と切り出し、①米国での汚染状況 ➁日本の汚染状況 ③どう解決するかの三つの柱で話を進めた。

 「米国では、PFASの環境汚染問題は、緊急かつ重要な問題として位置づけられ、バイデン政権によってPFASは重大物質に指定、その危険性に多くの機関が関わって解決に動いている。

 米国防総省は米軍基地からの被害を受けた国内700の自治体で調査を行い、危険性の警告と安全な水の提供、補償について住民との話し合いを行っている。

 海外の米軍基地のある国々では、ベルギー、ホンデュラス、ドイツ、韓国では、米軍自身が透明性を持って調査を行い、データを公表している。

 しかし、日本では調査を行い汚染が明らかになってもデータを公表しないばかりか、日本政府や被害自治体の基地への立ち入り調査を一切認めていない。この問題の根源は日米地位協定ある。地位協定は、在日米軍の環境汚染に対するすべての責任を免じているからだ。

 しかし、解決方法はある。米国の情報公開法を使って実態を明らかにし、汚染者責任を追及していくこと。沖縄におけるすさまじいほどのPFAS汚染の状況が、もし米国内だったら、激しい抗議に見舞われただろう。しかし、日本政府は沖縄の状況を知りながら、抗議すらしていない」ミッチェルさんの講演は、背筋が寒くなるような内容だった。それに対して私たちは、なんとのんびり暮らしていることか!

 有機フッ素化合物・PFASは、いったん人間の体内に入る消化も排泄もされず、しかもどんどん蓄積され濃度を増していく。自然環境の中でも分解されることがない。ゆえに永遠の化学物質と言われる。

 集会はさらに、PFASに汚染された北谷浄水から水道水の供給を受けている6市町村の住民代表が、それぞれの地域での取り組みを報告、これからも様々な側面からのアプローチで、命の水を取り戻す活動が示された。

 その中で共通した訴えは、国や県、市町村自治体は、一日もはやく全住民の血液検査を実施し、健康被害を明らかにするとともに、データを元に汚染を止め、米軍に汚染者責任をとらせること、だった。

 しかし、血液検査に関しては、市町村レベルでは荷が重すぎ、国や県は腰が重い中、PFASは時間とともに体内蓄積されていくため待ったなしの状況であることから、市民自らが立ち上がって血液検査をと募金活動が提起された。

 集会には、映画「ダークウォーターズ」の主人公(モデル)となったロブ・ビロット弁護士もビデオメッセージを寄せ、次のように訴えた。

「この映画は、PFASがどのように製造され、拡散していったか、そして、 PFAS が発癌性の猛毒であること、世界に拡散し、永遠に環境に存在し、それが私達の身体に入り込み、健康被害を起こすこ と、その情報が、秘匿されてきたことが分ります 。 この情報は、 70 年以上に亘り PFAS製造会社は知っていました。何十年も、 PFAS に関する情報は隠されてきたのです。

 PFASが非常に危険な物質であり、多くの重大な健康 被害を引き起こすことが分りました。特に、テフロンに使われる PFOA は、撥水加工を通じて、非常に多くの商品に使われています。カーペット、食品包装、消 火 剤、化粧品など、数えきれません。(これが) 2 種類の癌を含む 6 つの深刻な病気の原因になります。

 PFAS が、私達の環境で、水の中、土の中、日用品の中、あらゆるところに存在し、私達の血液の中にも入り込み、それが胎児をも汚染する、ということが分っています。研究から、人類全体の 90 ~99 %の血液に PFAS が含まれると推察されます。 こうしたデータは、私達が、どれほど PFAS 汚染に晒されてきたかを示します」

 ビデオメッセージは、このほかハワイや韓国からも寄せられた。

 集会は400余人が参加し、二つの決議文が採択された。

 

 

2022年4月12日リンクURL