北谷町議会が 「沖縄を再び”いくさ場にさせない”」意見書を採択

 沖縄平和市民連絡会は、去る2月に沖縄県議会をはじめ県内全市町村議会に「沖縄を再び ”いくさば(戦場)” にさせないための陳情」を提出していたが、このほど北谷町議会が陳情を受けて意見書を採択、議会ホームページに陳情書が公表されたので、紹介する。

   <写真は、6月4日の辺野古県民大行動より>

 

2022年8月13日リンクURL

辺野古 のサンゴ移植成功していない!! ~ 自然保護協会が調査・反論

  政府は、辺野古の新基地建設に関していくつもの嘘やごまかし、隠ぺいを重ねて埋め立て工事を強行しているが、「移植サンゴの生育良好」としている防衛省に対し、日本自然保護協会は8日、調査に基づき、「50%以上が死滅、成功しているとは言えない」と反論、移植先の元々のサンゴ類にも悪い影響を与える可能性を指摘した。

 移植するとして採取したサンゴ片(およそ100体)を、そこいらの海底に放りっぱなしにしていたことも、今年3月に見つかり、指摘されて「一時的に置いていただけ」と、子どもだましの見え透いた抗弁をした防衛省。(切り口には藻が生え、長いこと放置されていたことは明らかだった) 今度はどんな詭弁を弄するのだろうか!

 県民が命懸けで異議を唱え抗議していることに対し、珊瑚の移植問題一つとってみても、あまりにもいい加減な政府の対応に腹が立つ。ただ利権をむさぼるだけのために、国民の血税を浪費する辺野古新基地建設。もし工事が頓挫しても、為政者は誰も責任などとらないであろうことは火を見るより明らかだ。

 

<22年8月9日 琉球新報 ↑>

 

2022年8月10日リンクURL