オランダ軍が北部訓練場に! ~ 米軍とジャングル戦の 共同訓練

 

 昨日(1日)辺野古の座り込みでも取り上げられ、「沖縄が米同盟国軍隊の戦争準備に使われている!」と大きな怒りを呼んだ。過去にはイギリス軍との共同訓練もあったという。

 

 軍事専門家は、日米安保条約上も認められないとしており、ましてや日本側には何の連絡もなしに行われた(ホントかな?)ことで、沖縄においては、米軍のやりたい放題がまかり通っていることが、改めて浮き彫りになった。

 米軍の過重負担に加え、自衛隊の増強、第三国軍隊の訓練まで押し付けられて、やり場のない怒りに身体が震える。さらに米軍は昨日(1日)、石垣、与那国の両空港の米軍使用を申請してきたという。まさに無法地帯だ。明日は憲法記念日だというのに!

 

 

2024年5月2日リンクURL

雨にも負けず! ~ メーデーの日(5月1日)の辺野古

 雨を覚悟しての出発ではあったが、辺野古が近づくにつれて激しくなる雨に、少々ビビッた今日のゲート前。

 

 

 

 

 

 

 

 8:00過ぎ、辺野古に到着。雨に煙るゲート前のテント。あまりにも激しい雨に、朝9時の搬入ギリギリまで、「座り込み決行か!中止か!」かと、水曜日担当の現場リーダーたちは迷っていた。

 9時20分前、少し小降りになってきたので、待たせてあったバスに乗り込んで、第4ゲートへ向かった。

 今日は座り込めず、立っての抗議行動となった。

 

 

 

 

 

 

 テント横の花壇では、月桃の花が雨を受けて生き生きと咲き誇っている。

 正午前、今日2回目の搬入に抗議。大雨にも拘わらず参加者は50人近くに増えていた。

 

 

 

 

 

 

  いつの間にか晴れて、青い空がまぶしいほどに光っていた。

 お馴染み、水曜日の豪華ランチバイキング。ケーキ2種(もちろん手作り)、コーヒー付きのフルコースである。美味しい料理で元気をつけて、3回目の搬入に備える。

 韓国からの若者の指導で、にわかダンスチームが誕生。沖縄メンバーもなかなか筋がよさそうだ!民主化運動の中でつくられた曲で、韓国では子どもからおばあちゃん・おじいちゃんまでが歌い・踊れるという。

 

 やんばる路は梅雨の花・いじゅの花が咲き始めている。これからが見ごろとなる。(高速のバスからの映像で映りが悪いのはご勘弁を…)

 他にリュウキュウキョウチクトウやテッポウユリなど、何故か梅雨の季節は白い花が多い。(梅雨入り宣言はまだだが…)暗い空に白が鮮やかに映えるからだろうか?

 

2024年5月1日リンクURL