辺野古埋め立て土砂 本土がさらに沖縄を蹂躙する ~ 今日(2月6日)の安和水曜大行動

毎週水曜日は、埋め立て土砂を搬出している安和の琉球セメントの桟橋で重点的に抗議行動を行っている。今日も早朝6時半出発のバスで安和に向かった。

やんばるのサンゴ礁の海は、今日も悲しくなるほど青く澄んで美しい。人間の愚かさを吸い込んで清めてほしいと祈りたくなる。

 

 

抗議行動が激しくなると、県警の警備も執拗になってくる。抗議参加者の車を検問、免許証の提示を求める。嫌がらせ?脅し?

安和では、辺野古ゲート前のように座り込むのではなく、桟橋のゲート前を、信号に従って歩行者としてひたすら歩くだけの順法闘争。それによって桟橋に向けて右折して入ってくるダンプの数を三分の一程度に減らせる。それでも土砂を積んだトラックが信号を無視して突っ込んでくる。

よく観察していると、信号を無視して乱暴な運転をする車の会社はだいたい決まっているようだ。会社名もいかにもそれらしい。

 こんなボロっちいダンプまで総動員している。これで車検が通るのか?整備不良車ではないのか!

のろのろ歩きとはいえ、歩き通しは結構体力を消耗する。一時間か一時間半に一回、給水休憩を兼て5分から10分のミニ集会が行われた。今日は県外から参加の人たちも多かった。

県名は聞き逃したが、数名の女性グループで参加したこの女性が住む県では、来る16日に辺野古派遣支援基金を立ち上げ、「辺野古へ座り込みに行きたい」いう人を経済的に支援、継続的に人を送り出すという。素晴らしい!

神奈川県からは16名で参加。昨日は辺野古で座り込んだという。

全国辺野古土砂搬出反対協の共同代表・阿部悦子さん。沖縄県の土砂条例を改正して厳しくするよう県議会や知事に要請するのため来県。「辺野古の埋め立てに使う土砂の75%が県外から運ばれる。本土から土砂が運ばれるということは、さらに本土が沖縄を蹂躙することになる。絶対に搬出させないと、私たちも頑張っているが、有害な特定有害生物を規制する土砂条例に罰則を加えるなど厳しくすれば、さらに大きな力になる」と。

 

工夫を凝らした抗議のゼッケンは、怒りで荒みがちな目と心を楽しませてくれる。

海洋博記念公園が近いこの国道は、ひっきりなしに観光バスが行き来する。修学旅行の高校生たちがバスのガラス越しに手を振ってくれた。

海では、土砂を積んだ運搬船を離岸させないよう16艇のカヌーチーム・辺野古ブルーが頑張っていた。2:30、トラックの搬入が終わったので、今度は海岸からカヌーチームに声援を届けた。「カヌーチームがんばれ!辺野古ブルーがんばれ!」

2019年2月6日リンクURL

安倍総理は普天間基地5年以内運用停止の約束を守れ ~ 約束実行を求める総決起集会

 安倍内閣による沖縄いじめの目論見は、次々と破綻している。知事選挙までと隠し通してきた辺野古・大浦湾の軟弱地盤の問題は、玉城デニー知事の圧勝で、ついに認めざる得なくなったし、裏から手をまわして県民投票つぶしを画策したが、これも最終的に県議会の自民党が仲間割れ(県民投票条例の改定審議で)、県連会長が責任をとって辞任を表明する事態となった。

そして、安倍総理が仲井間元沖縄県知事を懐柔するために餌として使った「普天間基地を5年以内に運用停止する」という約束の期日が、来る2月18日に迫っている。この約束は、何が何でも守ってもらわなくてはならない。

 

2019年2月3日リンクURL

県民投票 全県実施確定 ~ 今日(2月2日)集中行動日の辺野古

 県民投票に不参加を表明していた5つの市すべてが、紆余曲折を経て、昨日までに2月24日実施で参加することが確定したことを受けて、大いに盛り上がった今日の辺野古ゲート前。

今日は、毎月第一土曜日に開催する「土曜大行動」の日。11時からの集会に合わせて準備中。全県実施が確定し、「反対に〇を」のぼりを立てる作業にも力がこもる。

まずはいつもの通りゲート前に座り込む。

10時過ぎ、今日は全島駅伝大会があり、辺野古ゲート前の県道もコースに入っていることから、土砂の搬入はないことが判明。集会に向けて、テントに移動した。

テントでは、温かい味噌おでんの差し入れが待っていた。アツアツの大根とこんにゃくをいただいた。

 集会の開会を前に、ついに国が認めざるを得なくなった「軟弱地盤」について、平和市民連絡会の北上田毅さん(土木専門家)が解説した。

「国は、70㍍✖6万本の砂杭を打って、マヨーネーズ地盤の改良を行うといっているが、先に沖縄県が試算した工事費2兆5千500億円、工期13年は、砂杭2万本であった。これが6万本ということは3倍ということになる。これにより工事費や工期がいくらに膨れ上がるのか、国は試算さえできないでいる。

 しかも、6万本の砂杭には240万立法㍍の海砂が必要となる。それだけ採取する場所は沖縄のどこにもないし、これを大浦湾に打ち込めば環境に与える影響は計り知れない。その前に設計概要の変更には沖縄県の承認が必要だが、これは例え玉城デニー知事が埋め立て反対の立場でなくても、承認しようがないほどの大問題だ。

 以前から言っているように辺野古埋め立ては必ずとん挫する。私たちは決して負けることはない」。北上田さんの発言に大拍手が起こった。

11:00、沖縄平和運動センター議長・山城博治さんの開会宣言で「土曜大行動」スタート。県民投票不参加を表明していた5市を参加の方向でとりまとめた自民党沖縄県連の照屋会長に「感謝!」と皮肉とも本気ともとれる山城節。

そして、5市の市民代表が全県実施に至るまでのこの間の闘いを報告した。

5市の市長は、安部官邸への忖度や永田町自民党からの「県民投票つぶし」の圧力により、投票事務の予算案否決した「議会の意志を尊重する」を理由に不参加を表明したが、裁判も辞さないとする市民の突き上げや断食による抵抗、連日の要請行動など、予想以上に厳しい世論に恐れをなして、県連会長に泣きついたとのこと。

公明党のとりなし、「賛成」「反対」の2択から、「やむをえない」を加えての3択への妥協案を受けて新里県議会議長、特に全県実施に向けて玉城デニー知事が強力なリーダーシップを発揮したと、今日の辺野古の集会では、5市の市民代表から、さまざま裏話が披露された。

沖縄市では、市内、県内だけでなく県外からも投書や電話など1000件以上が寄せられたという。「市民が勝ち取った投票権」と誇らしげに報告。

ただ、3択にした「妥協」には、少なからず批判もある。それが投票結果や投票率にどう影響するのかは、ふたを開けてみなければわからないというのが正直なところではある。

若者代表の大学生からは「初めて辺野古へ来た。県民投票をめぐる騒動の中で関心が高まった。200年も続く新基地がつくられると、自分の子や孫の時代まで続くことに気が付いた」と。私のところへも県外の知人から「自民党は(県民投票をつぶそうとして)、むしろ墓穴を掘った」とメールが届いた。ホントにそのようだ。

今日の「土曜大行動集会」、1200人の熱い思いが滾った。

2019年2月2日リンクURL