「ヘイセイ」の次は「ハイサイ!」がいいんじゃない? ~ 今日(4月3日)の安和行動

水曜日は安和集中行動日。朝8時、安和に着くと、すでに赤土を満載したダンプが列をなして、港に入っていた

すぐに抗議の列に加わる。

 

ごめんね!守ってあげられなくて。人間たちは、あなたの信頼を裏切ってしまった。

見たくもない顔だけど、この怒り忘れないために。

リーダーたちが集まって作戦会議。何やら新戦術を編み出したようだ。

 

巷は、1日に発表された新元号で大騒ぎ。新しい時代というが、何が変わるというのだ。日本の沖縄に対する侮辱的な圧政はちっとも変わらない。せめて「辺野古はや~めた!」と言ってもらいたい。

「ヘイセイの次は,ハイサイがいいんじゃない?」と、誰かが言ったという。「ウン!いいんじゃない!」

※「ハイサイ」とは、沖縄の言葉で、おはよう、こんにちは、こんばんわ、ハ~イ!など、あらゆる挨拶言葉を含む万能語。ただし、女性が使う場合は「ハイタイ」と変化する。

高江のヘリパッド阻止のたたかいで不当逮捕され、長い勾留の後に病に倒れた添田充啓さんの、今日は一周忌にあたるため、昼休みに入る前にみんなで黙とうをささげた。

 

 

 

 

 

街路樹のシャリンバイが、黙とうに合わせるかのように優雅に香っていた。

 

 

今日は風が強く、波が荒いため、辺野古ブルーの海上での阻止行動はなかった。なのに海保と民間警備の警戒船が14隻もたむろしていた。これが一日2000万円と言われる辺野古関連費の実態である。

まだトラックの行列は続いていたが、那覇からのバスは18時までには戻らないといけないため、15時30分に安和を引き上げてきた。

 

2019年4月3日リンクURL

岩手県議会が辺野古反対決議 ~ 地方議会に広がる抗議議決議

先月行われた辺野古新基地建設の賛否を問う沖縄県民投票の結果を受けて、全国の地方議会で「県民投票の結果を尊重すべき」との決議が広がっている。<琉球新報 3月27日>

 決議は住民からの請願を採択する形で行われているもので、長野県では今月20日、埴科郡坂城町と下伊那郡大鹿村での請願採択したニュースを、信濃毎日新聞が伝えている。

<信濃毎日新聞 3月20日↑>

一方で、琉球新報が全国の知事を対象に緊急アンケートを行ったところ、「日米両政府は県民投票の結果を尊重すべきか」という問いに「すべきだと思う」と答えたのは、静岡県の川勝平太知事と、岩手県の達増卓也知事の二人だけだったという。

<追記>

地元名護市議会も26日、県民投票の結果を尊重し、新基地建設を断念を求める意見書を賛成多数で可決、「県民の民意を無視して辺野古新基地建設を強行することは民主国家そして恥ずべきことであり、断じて許せない」と糾弾した。

 さらに、沖縄県議会でも27日「県民投票の結果を尊重し、工事の中止と新基地建設の断念を求める意見書と決議」を採択した。(自民は反対、公明、維新は退席)

 決議は、日本本政府に対し、投票者の7割超が反対に投じた結果を踏まえ「民意を否定することはもはや許されない」と民意の尊重と、工事の即刻中止を求めた。

また、米国宛ての決議では、米国も当事者だとして「日本国内の問題だと拒み続けることは許されない。沖縄は米国の植民地でははない」と糾弾、「県民は米国民との友好は望むが服従は望んでいない」と訴えた。

 

2019年3月27日リンクURL

民意無視の土砂投入は 民主主義の破壊!~今日(3月25日)の辺野古

 国は、通告通り昨日(25日)第二工区への土砂投入を開始した。

県民投票で示した圧倒的民意を無視し強引に埋め立てを進める安倍政権に対して抗議するため、辺野古ゲート前と浜、そして海上で1000名近くの県民が怒りの声を上げた。

この日は、風が強く波も高い状況の中、海上からの搬入を阻止するため、早朝から抗議船8隻とカヌー47艇が海上大行動を展開。ゲート前行動も海が見える第三ゲートから海上の辺野古ブルーに応援の声を送ったあと、10時過ぎから座り込みテントで集会を開いた。

 今日は、夏休みということもあってか若者の姿が目立った。心強くうれしい。

 米国オレゴン州から来た県系二世の高校生。基地に向かって米兵へ英語で呼びかけた。「両親の故郷沖縄・辺野古のことを知って、驚き、悲しかった。ここに抗議のため集まっている人たちは、反アメリカではなく、ただ平和に安心して暮らしたいだけだ。基地の中の人たちにも知ってほしい。

ここはアメリカの基地なのに、アメリカの国民はこの現実をもっとちゃんと知るべき。ドキュメンタリーをつくって、米国へ沖縄のことを伝えたい」と熱心にカメラを回していた。

 全国から、学生たちもやってきた。遠くは北海道から、九州鹿児島まで14大学の学生自治会のネットワークだそうだ。

 県民投票のアピールのため、南部戦跡の摩文仁から、ここ辺野古まで、二日間かけて歩き通した若者たちもかけつけた。二人は17歳、投票権はなかったが「私たちの未来に基地はいらないと意思表示したい」と。

午後からは、埋め立ての現場が見える浜に移動して集会が行われた。

 金網の向こうでは大型クレーンや重機類が動いているのが確認され、土砂投入の瞬間が迫っていることを感じ、不安がよぎる。

 浜での集会終了後、辺野古ブルーのカヌーは、集会参加者に見送られて、再び波の高い海上へ漕ぎ出て行った。

 浜での集会が終わった後ゲート前のテントに戻ると同時に「14時28分、土砂投入が始まった」と情報が伝えられた。無念!

 昨年12から月土砂を投入している第一工区の埋め立てもまだ終わっていない(まだ四分の一も土砂は入っていない)のに、第二工区にに手をつけるのは、国民に対して「工事が進んでいる」と見せかける印象操作に過ぎない。

 県民投票で示した圧倒的な新基地NOの民意を無視するアベ政権。玉城デニー知事は民主主義の破壊と抗議のコメントを発表した。

 

2019年3月26日リンクURL