ベトナムの旅 ⑤~奨学金支給式に立ち会う ㊦

昨日はベトナムの側から見た支給式の様子を紹介しました。                                                                      今日は、いくつかのエピソードを交え、私の個人的な視点で支給式の様子をお伝えします。

11月22日の午前中に那覇を出発、成田、ハノイを経由してダナン空港に着いたのは、日付が変わって翌23日の午前9時すぎ。

DVC00038.JPGダナンはかつてアレンさんが、海兵隊員としてベトナムに上陸した、まさにその地です。                                                  アレンさんのベトナム戦争がここから始まったのだと思うと、一瞬緊張しないではいられませんでした。

ベトナム中部の最大都市・ダナンの空港は最近新設されたばかりということで、大きくて近代的な建物。枯葉剤で焼け野が原と化した戦争の爪痕などは、もちろん残されていません。

DVC00083.JPG
支給式は、クアンナム省のタムキー市とクエソン郡の2ヵ所で行われました。
クアンナム省はベトナムの中部に位置し、ベトナム戦争中にアレンさんが駐留した地域。枯葉剤の被害が最もひどかったところだとも聞きました。

タムキー市の支給式は、11月24日(日)朝8:30から約1時間、小学生62人と保護者、タムキー市の関係者と私たちが出席して開かれました。地元テレビ局のカメラも来ていました。
開会前に、ベトナム語に訳したアレンさんのことを書いた冊子と、沖縄のお菓子(ちんすこう)を子どもたち一人ひとりにプレゼントしました。

支給式~1
タムキー市奨学会が主催し、まず、私たちがアレンさんが経験したベトナム戦争の記憶と、平和の願いを沖縄の私たちがしっかり受け継いでいるという思いを込め、沖縄の歌・「継いでゆくもの」を歌い、支給式は始まりました。

rsms_1
関係者のあいさつなどのセレモニーに続いて、奨学金を受ける子どもたちの名前が呼ばれ、20人ずつが舞台に並んで、一人ひとりに沖縄のメンバーが奨学金を手渡すという形で進められました。

支給式5
奨学生代表の女の子(小4)は「お金の面だけではなく、私たちががんばっていることを認めてくれるのがうれしい。これからまたがんばりたい。」とあいさつし、「その気持ちでお礼の歌を歌いたい」と、透きとおった歌声を響かせてくれました。

支給式が終わった後、タムキー市奨学会のスアン会長トゥン副会長と意見交換の場をもちました。その席で、沖縄側から率直な質問が出されました。「かつての敵である米兵の名のついた奨学金が、ベトナムの皆さんにどう受け止められているのか、迷惑ではないのかとても気になっていたので、ぜひ直接お話をする機会を持ちたかった」と。

トゥン副会長は、「ベトナム戦争のとき、私はまだ子どもだったが、当時は敵だったアレン・ネルソンさんの奨学金に関わるようになり、少し複雑な気持ちだが、恨みや憎しみはない。あのときはそういう時代だった。今は時代が変わったと思う」と話してくれました。

複雑な思いはあっても、アレンさんの深い謝罪の気持ちを受け取ったうえで、アレン・ネルソン奨学金にかかわってくださっているとわかり、私たちも安堵した瞬間でした。

そしてさらに感動したのは、アレンさんがピースボートでダナンを訪れ、大勢のベトナムの人たちに向って謝罪をしたとき、スアン会長はその場に居合わせ、直接話を聞いて、とても感動したというのです。 余りの偶然(必然?)に胸が震えました。

午後には、山間部のクエソン郡の支給式に参加しました。14時前から約1時間、小学生50人と保護者、クエソン郡の関係者、私たちが出席しました。午前中と同じ流れで支給式が行われ、 私たちが歌ったときに、手をたたいたり、手ぶり(手話)をまねしてくれたりと、こちらも温かい雰囲気で式が進行しました。

DVC00097.JPG

始球式が終わって会場の外へ出たとき、一組の親子が私たちへ向かって手を合わせ、深々と何度も何度もお辞儀をしているのに気が付き、私は思わず駆け寄りました。

言葉は通じませんが「ありがとう」と言っていることはわかりました。お互いに手を取り合い、「いっぱいお勉強して、いっぱい遊んで、親孝行もしてね」と私は声を掛けました。

zf8g_1

 

支給式が終わった後、急きょ奨学生の一人の自宅を訪問することになりました。夫を亡くし、4人の子どもを育てているお母さんとその子供たちの話を身近に聞くことができました。つつましいながら家の中はとても清潔に整い、仲の良い家族関係がしのばれました。

奨学金は日本円にすると決して大きな金額ではありません。しかし、ベトナムの平均収入のおよそ一か月分に相当するのだそうです。

貧しい家庭にあっては、旧正月前に支給される(今回は特別に私たちの日程に合わせて、11月に支給された)この奨学金が子供たちのお正月の晴れ着や、新学期の学用品の購入に役立っているということでした。

ベトナムの子供たちと直接ふれあったことで、アレンさんが戦場で出産に立ち会ったあの母子はその後どうなったのだろう、もしかして母子家庭になったのではないか…と想像したメンバーや、アレンさんも貧しい母子家庭で育ち、お腹いっぱい食べられる軍隊に入隊したと話していた…などメンバーもそれぞれに改めてアレンさんとの接点を思い起こしたようです。

この日は、ドンズー日本語学校ダナン校の先生、職員のみなさまに、送迎から通訳、各奨学会との連絡まで、大変お世話になりました。皆さん!本当にありがとうございました!

 

2014年1月22日リンクURL

ベトナムの旅 ④~奨学金支給式に立ち会う ㊤

前置きが長くなってしまいましたが
ここからが、今回の「ベトナムの旅」の本題です。

「アレンネ・ルソン基金」と「沖縄青葉奨学会」の一行8人がベトナムを訪れたのは、アレンさんが残した奨学金をベトナムの子供たちに手渡す支給式に参加するためでした。

ベトナム現地で奨学金の事務局を担っているのは、19年前からベトナム青葉奨学会の事務局も運営している「ドンズー日本語学校」です。

そのドンズー日本語学校のホームページに、今回の支給式の様子が掲載されていますので、翻訳を加え(翻訳:村田光司氏)転載で紹介します。

y377_1

アレン・ネルソン奨学金は、かつてベトナム戦争に従軍したことのある元米兵、アレン・ネルソンの名前を冠して、日本で発足したプログラムである。

この基金は、貧困な境遇の中でも、向学心を持って頑張っているクアンナム省の生徒たちを、いくらかでも支援することを目的としている。

2013年11月24日、高里鈴代代表をはじめ、日本から来た8名のメンバーやドンズー日本語学校ダナン校の職員を含む15名の一行は、クアンナムを訪ねた。

一行は、クアンナム省奨学会を通して、クエソン郡やタムキー市の困難な境遇にある小学生112名と交流し、奨学金を手渡した。

朝6時ちょうどにダナンを出発した。最初の目的地はタムキー市である。

ここで一行は、現在タムキー市内の小学校に通っている、貧困な境遇の中で頑張っている子どもたち62名に、それぞれ50万ドンの奨学金を手渡した。

アレン・ネルソン基金の代表は、文化交流プログラムを行い、贈り物をプレゼントした。その中で、「子どもたちの将来のために、平和を大切にしましょう」と呼びかけた。

beow_1rsms_1

タムキー市を離れ、一行は午後1時にクエソン郡の教育訓練局を訪ねた。この地域の14の小学校に通っている、困難な境遇の中で頑張っている50人の生徒たちと交流し、奨学金を手渡した。

これは、子どもたちが困難を乗り越えて勉強に励むように激励する、深い人道的な贈り物である。

この場で、クエソン郡奨学会会長であるチャン・ゴック・ズー氏は、アレン・ネルソン基金とドンズー日本語学校が、クエソン郡の貧困な生徒たちがよく勉強できるようにこれまで支援を続けてきたことに対して、深い感謝の意を表明した。

同時に、子どもたちが両親や学校の先生、支援してくれる人たちの期待を裏切らないように、これからも困難にめげずに頑張って勉強することを望んでいると話した。

ベトナム 2uk41_1

最後に、一行は、クエソン郡の地域で特に困難な境遇にある、先ほど奨学金を受け取ったばかりの一人の生徒の家を訪ねた。

母子5人の家族が、支援で建てられた家で暮らしている。父親は亡くなっている。

一行は家族と話をし、困難を乗り越えられるように励ました。同時に、これからも支援を続けられるように希望した。

2014年1月21日リンクURL

辺野古NO~四度民意は示される~名護市長選

注目の名護市町選挙は
一貫して「陸にも海にも新しい基地は作らせない」と主張してきた
現職の稲嶺すすむ氏が大差で勝利した。

DVC00257.JPG

これで「昨年暮れ辺野古埋め立てを承認した仲井間沖縄県知事の
「140万県民を代表して…」のセリフがいかに独善的で政治的な発言だったかが証明された。

圧倒的多数の県民が「辺野古移設に反対」を表明しているなか、政府・自民党と結託して県民を裏切る行為を犯した仲井間知事は
改めて県民に謝罪するとともに、埋立て承認を即刻撤回するべきである。

DVC00258.JPG

国は、稲嶺市長の一期目当選(四年前)のあと、名護市に対する交付金を差し止めているが、選挙戦のさなか、石破自民党幹事長は辺野古埋立てを推進する自民党候補の応援演説の中で
「名護市に500億円の基金を創設する」とぶち上げ、名護市民をアメで釣り上げようとしたが「どこまで沖縄県民を愚弄するのか!」と逆に大きな反発をかった。

交付金も500億円も、石破幹事長の懐から出るわけではない。国民の税金からまかなわれるのだ。それを「政府にたてつく市長には出さないが、言うとおりにしてくれる市長には、さらに500億円あげるよ」などと非民主的なことを、国のお偉いさんが堂々と発言して恥じない、それが悲しいかないまの我が国・日本である。

 

記者会見より稲嶺市長

記者会見より稲嶺市長

稲嶺市長は基地問題だけでなく、一期4年間の行政運営で優れた行政手腕が、市民に評価された。

国から基地関連の交付金を凍結されたにも関わらず、市の税収を25%もアップさせ、一方、保育所の就園児数を560名増やし、待機児童をゼロに、保育料も二人目半額、三人目からは無料を実現。学校給食では児童三人目から無料、児童の医療費を中学卒業まで無料など、教育・福祉行政を充実させ、基地に頼らなくても財政運営が立派にやっていけることを証明したことも大きい。

 

2014年1月20日リンクURL