56年間の仕事人生を卒業しました!

 思えば長い仕事人生だったなあ!と思う。

 19歳で入社した小さなラジオ局。60歳で定年後もフリーとしていくつかの番組をつくってきた。ここ10年は一つの番組に絞り、5分間月~金放送のミニ番組ながら、40年近く続く、この局でも2番目の長寿番組である。(この10年はちょうど辺野古のゲート前行動が始まったころと符合する)

 最後の収録が行われた今月初め、番組のしゃべり手であり、スポンサーでもある方からいただいた卒業祝いの花は、保存のきくブリザードフラワー(生花の一番美しい時期に色素を抜き取り、特殊な加工を施した花)。すぐに枯れてなくならないようにとの心遣いが嬉しく、胸に沁みた。

 親子2代にわたってお付き合いして来ただけに、お互いに愛着も並ではない。番組は局のベテランデイレクターに引き継がれ、これからも放送は続く。

 放送局の社長からは、「長い間お疲れ様」と、休日にも拘わらず、わざわざ出社して花束を手渡された。30代からお互いに切磋琢磨して、共に仕事をこなしてきた同僚でもある。局内ではいつも異端児的な存在だったので、フリーの仕事を終了するに当たって、まさか会社から花を送られるとは思いもよらず、驚き、感謝とお礼の声が詰まった。

 男社会のマスコミ業界で、報道、制作、営業(コピーライター)と渡り歩いたが、どの職種に行っても一匹狼か、女性はいつも私一人という状況の中、上司や仲間に恵まれ、かなりわがままな仕事をさせて貰ったと思う。

 沖縄の祖国復帰を挟んでの56年間、嘉手納B52墜落事故も、燃える井戸も、コザ騒動も、毒ガス移送も、復帰の朝も、交通方法変更も、通貨切り替えも、日中国交回復も、若夏国体も、国際女性北京会議も、少女強姦事件も、現場に立ち激動の沖縄を見つめ続けてきた。この仕事だったから、今の私がある、と言っても過言ではない。

 定年後は、自分がつくりたい番組を、自らスポンサーを見つけてきて番組をつくり放送するという手法で、自前の機材で自由に取材、週末のスタジオの空いた時間を使わせてもらうというわがままを受け入れてくれた会社には、感謝あるのみである。

 

2024年3月26日リンクURL

次世代に繋ぐ「うない(女性)ネットワーク」

 今年の3・8世界女性デーに、期せずして40年前、沖縄の女性たちが立ち上げた女性運動「うないフェスティバル」に焦点が当たった。

 

 きっかけは、昨年8月県外の友人たちと勝連半島の米軍・自衛隊基地の学習ツアーに参加したおり、ガイドをしてくれた若い女性に、ツアーが終了して別れ際「うないフェスティバルの〇〇さんですよね?」と、声をかけられた。どう見ても30代、40代の彼女に「どうしてうないフェスティバルを知っているの」とたずねると、県史で沖縄の女性史を調べていて、「40年も前に女性たちの素晴らしいネットワークがあった」と知り、興味を持ったとのこと。私が事務局として直接かかわった10年間についての報告書を送ると約束してその日は別れた。

 送った報告書はフェミブリッジという彼女の活動仲間の間で回し読みし、「是非直接当時の話が聞きたい」と声がかかった。彼女は、南城市長の性暴力問題にスタンディングで抗議したり、基地問題で抵抗の意志を示す黄色いリボン運動など、少数で活動している30代、40代の女性たちのグループだった。

 いくつもの女性グループが、同じ悩みを持ち、試行錯誤の行動をしながらも女性同士なかなかつながり合えない状況に、40年前県内の女性たちがこぞって参加した「うない」というネットワークがあったと知って、そこから何か学べるのではないかと思ったようだ。

 若いだけに、そこからの行動力が素早かった。

 まず、うないフェスの仕掛け人である私と、実行委員会座長を務めた高里鈴代さんに、数人で話を聞きに来た。話を聞いただけでなく、そのインタビュー動画にしてYouTubeにアップした。

 続けて第二弾を発信。

 粗削りながらネットラジオで発信を始めた。まだまだ反響は小さいようだが、続いて第三弾の行動を仕掛けた。 

 私は県外に出かけていてこの企画には参加できなかったが、当時うないフェスティバルに参加したという人たちも駆け付けて満席の盛況だったとのこと。

 第一回のうないフェスティバルが行われた1985年の女性たちの状況は、例えば私が働いていた放送メディアでいえば、女性のアナウンサーがニュースを読むなんてことは有り得なかった時代。私のいたラジオ局はうないフェスではじめて女性がメインの定時ニュースを読んだ。

 あれから40年経って女性たちの状況はどう変わっただろうか?大きく変わった面もあれば、全く進歩の見えない分野もある。とくに日本は、2023年の最新のジェンダーギャップ指数が、世界146か国中125位という恥ずかしい状況である。とても先進国と言えない。

 フェミブリッジの彼女たちはいま30代、40代。ちょうど私たちが「うないフェス」をはじめた頃の年齢に当たる。繰り返しになるかもしれないが、新たな女性運動の波を起こしてくれることを期待する。「うない」をまねるだけでなく、今の時代にあった新たな波を起こしてほしい。

 

 

 

 

2024年3月25日リンクURL

うるま 陸自訓練場NO!~ 市民集会に1200人結集                          ・・・・・・・・・・・・

 石川市民会館を埋め尽くした1200人余の「がんばろう!」の声が、会場に響き渡った「住宅地への自衛隊訓練場設置計画を断念を求める市民集会」

 昨年末、住宅地のすぐそばに、戦闘訓練をする自衛隊施設ができることを、新聞報道で知った住民は、住民には全く知らせることなく進めてきた国に不信感を持った。地域住民が思想信条を越え一体となって声をあげ、自治会を動かし、市議会を動かし、ついに保守市長を動かし、自民党県連をも動かして、県議会が全会一致で「訓練場計画撤退」の決議、そしてこの日の市民集会へと結集した。

子どもたちのブレイクダンスで始まった市民集会   

 開会のあいさつは、自民党として市議4期、県議2期を務めてきた伊波常洋・断念を求める市民の会共同代表

「翁長雄志元知事は、保革を越えて(国)と闘った。私たちも保革を越えて立っている。訓練場計画は新聞報道で知った。住民にとっては音耳に水。翁長知事が言ったように『うちなあー、うしぇらってぇ ならんどー』。完全断念まで、油断せず、力を結集して頑張ろう!」

 真っ先に声をあげたのは地元旭区の住民だった。区民代表・冨着志穂さん。

「自然豊か、住民が協力しあって地域文化が生き生きと息づく素晴らしい地域。なぜ閑静な住宅街に戦争の訓練場をつくるのか。私たちは宮森小学校の米軍ジェット機墜落の悲劇を忘れてはいけない。地域を守るために、未来の子どもたちの安全を守るために、子育て世代の私たちが声を大にして訴えていく。

 若者代表・新垣宜道さん。

「この地域が大好き。この地で生まれ育ち、結婚してこの地で子育てをしている。うるま市にはすでホワイトビーチやキャンプ・コートニー、マクトリアス、ハンセンの米軍基地に自衛隊駐屯地もある。その上新たに訓練場ができると、もうこの街には住めなくなるかもしれないと不安になる。完全に断念させるまで、みんなと力を合わせて頑張りたい」

うるま市老連石川支部代表・河野修さん。

「訓練場計画は、辛く苦しかった戦中、戦後の記憶に、土足で踏み込まれるような苦痛を覚えた。年をとって衰えていく体に、ストレスが悪化を招く。

 老人クラブは政治的なことには関わらないというの原則であるが、今回は政治的な立場はおいて、みんなで一致して反対していく。

 高校生代表・小橋川二仁菜乃さん。

 社会科で学んだであろう憲法を引き合いに「地方自治は住民の権利、国のあり方を決めるのは国民が決める。権力の暴走によって国民の自由と権利が侵されている。今回の計画が断念されても、また新たな候補地を生むのであれば、問題の本質は何も解決されない」と厳しく批判。会場から大きな拍手が湧いた。締めくくりは「この発言の原稿を書きながら、正直に言うと、休日だから遊びに行きたかった。会場の皆さんもそうではないですか?」と茶目っ気たっぷりに会場の笑いと大喝采を呼んだ。

 集会の冒頭で中村正人・うるま市長も登壇「住民の合意形成や理解を得ることは大変厳しい状況で、市長として政治判断し、沖縄防衛局長に計画の白紙撤回を申し入れた」と述べた。

 玉城デニー知事も「国に計画断念・撤回を強く求めていく」とメッセージを寄せた。

 

 

同じうるま市の一方では、今日(21日)、勝連分屯地でミサイル部隊が発足、南西諸島のミサイル部隊の「連帯本部」が置かれた。

 今朝9時から勝連分屯地前で抗議集会が行われた。また発足セレモニーが行われる3月30日にも、同じく勝連分屯地前で、午前9時から抗議集会が行われる。

 

2024年3月21日リンクURL